ツアー&イベント レポート


2014.6.14-15 四国祭り2014 ⑥弩阿呆 脱出の巻

活動記録

 

堂ヶ森~二ノ森~石鎚山というロングコースを歩く弩阿呆班一行。

 

 DSCN6881

 

現在地は堂ヶ森。

 

 

まずは次のピーク、鞍瀬ノ頭との鞍部に下りなければならない。

みっしゃん「ロト、エンジン全開!走って下れ! よろし?」

ロト「冗談ではない!」

隊長「バカヤロー!!」

ビンタをくらうロト。

隊長「悲しいけど、コレ縦走なのよね…」

またしてもこっぴどく怒られたロト。

今回は早々に観念したようだ。

ロト「ぼくが、一番裸足をうまく使え‥るんだ… 一番‥ 一番うまく使えるンだ!」

隊長「そうだ、気に入ったぞ小僧。」

ロト「弩阿呆班に栄光あれえェェェ!!」

凄まじい勢いで下りていくロト。

だめだスピードが出すぎている。

ロト「た、隊長!助けてください!げっ減速できませんッ隊長!助けてください!!」

隊長「ロト…裸足には鞍部を突破する性能はない、気の毒だが…. しかしロト…! 無駄死にではないぞ!」

ここで終わりを迎えると誰もが思ったそのときだった。

ロト「やられはせんぞ!やられはせんぞ鞍部如きに!やられはせん!弩阿呆の栄光!この俺のプライド!やられはせん!やられはせん!やられはせんぞォォォ!」

さらに加速し鞍部を通過。そのままトラバース道に入るロト。

みっしゃん「隊長… ロ、ロトがあんな戦い方をしている…!」

隊長「ああ、あいつのいいところだ。ふさぎこんでいても縦走のことを忘れちゃいなかった…」

 

 

振り返ると堂ヶ森は既にあんなに遠くに見えている。

 

DSCN6884

 

勢いでトラバース道に侵入したので鞍瀬ノ頭のピークは踏まなかった。

 

DSCN6890

 

登山道にはそこそこの石がある。

裸足にはつらいはずだ。

 

DSCN6891

 

現在どうなっているのか再び見せてもらおうか、足の裏の性能とやらを。

 

DSCN6886

 

「ほほう、なかなかの耐久性だな、君は…」

「ロトです」

「ロト? …不思議と知っているような名前だな」.

「すいません。あ、あの、お名前は?」.

「隊長。ご覧のとおり軍人だ」.

「君は年は幾つだ?」

「あ、さ‥37歳です」

「そうか、歳だな。.1年も裸足で山に入っておいて今さらだが、弩阿呆中の弩阿呆だな、ロト君」

「あ、い、いえ‥その、あ、ありがとうございました! じゃ、これで僕は」.

 

 

 

荒野を進んでいくと木々に覆われた二ノ森が目前に迫ってきた。

 

DSCN6893

 

道なりに登っていくと難なく山頂に到着した。

 

DSCN6894

 

10:04、二ノ森(1929m)

愛媛県2位の高峰に念願の初登頂。

 

DSCN6895

 

ここで休憩。

思ったより時間がかかっている。

ロト「出発時間が遅かったか。」

隊長「認めたくないものだな、自分自身の、寝坊故の過ちというものを」

 

 

DSCN6897

 

時間も無いので出発。

しだいに石鎚山が近づいてきた。

 

DSCN6902

 

ロト「石鎚め!間合いが遠いわ!」

 

DSCN6924

 

地図によるとと次ピークは西ノ冠山。しかにここに登山ルートは記されていない。

だがどこかに登頂ルートがあるはずだ。

注意しながら進んでいこう。

 

DSCN6899

 

縦走路上に道標があった。

だがここから山頂へ行く踏み跡は見当たらない。

廃道なのかも。

「チイイ!」

 

DSCN6904

 

上を見上げると山頂らしき岩が見える。

もう少し先に進んでみよう。

 

DSCN6906

 

 

しばらく進むとまた分岐発見。

ここから上への伸びる踏み跡もはっきり見える。

 

ロト「ここを行けばおそらく山頂にたどり着けるだろう」

隊長「せっかくだ、登ろうじゃないか」

みっしゃん「わたしは行かないわ、先に石鎚山に向ってもよろし?」

ロト「なにを言ってるんだ、一緒に来ればいいじゃないか、どうして・・」

みっしゃん「縦走と言う長丁場の中で、ただ一つ、先にお弁当広げて食べることが出来るから…かしらね。ついでに言っちゃうけど、わたし、本当の名はミチルダというのよ。」

そう言い残し立ち去るみっしゃん。

 

 

DSCN6910

 

ロト「ミチルダさん…ミチルダさん、ミチルダさん、ミチルダさん、ミチルダさん、ミチルダさぁぁぁぁぁァァァン」

振り向きもしないミチルダさん。

隊長「相当おなかが減っているんだろう。ここは我々2人で山頂に行くしかないようだ。」

 

斜面に取り付き山頂を目指す。

 

DSCN6908

 

どうやらここを行けばたどり着けそうだ。

 

DSCN6912

 

左は落ちているので気をつけなければならない。

 

DSCN6913

 

 

踏み跡は荒れている。ここを通る人は少ないのだろう。

 

DSCN6916

 

それにしてもすごい耐久性だ。

 

DSCN6922

 

11:14、西ノ冠岳(1894m)山頂

 

DSCN6918

 

満足したところで先ほどの分岐まで戻る。

 

 

分岐点に戻ってきた。あとは前方にある石鎚山に向うだけだ。

初めてみたここからの山容。こう見るとえらいところに小屋が建っているのがわかる。

 

DSCN6926

 

振り返ると西ノ冠山はこんな感じ。

 

DSCN6923

 

ひたすら前進。裸足には堪える道が続く。

 

DSCN6925

 

11:43、土小屋ルートと合流した。

あと少しで山頂だ。

 

DSCN6928

 

 

だがここに来て山頂へのルートがよく分からなくなってきた。

弩阿呆班、ここまでか・・。

 

踏破ならずと諦めかけていたその時、

ぼん「そ。ちょい右ー!」

ジャズ「そう、右ー!」

 

土小屋ルートで先に到着していたみんなの声がする。

 

かねちゃん「はい、そこでまっすぐー!」

ボルト「そう、こっちこっち!」.

あたる「大丈夫だからー」.

サンド「すぐ外なんだからー」.

 

声に導かれ歩いていく。

 

こば「いい?」.

あんこ「4、3、2、1、ゼロー! 」

ぱんだ「ゼロー! 」

 

 

とうとう石鎚山に到着だ。

ロト「…まだ僕には登れるところがあるんだ。こんな嬉しいことはない」

 

DSCN6932

 

11:50、石鎚山(弥山)登頂。

弩阿呆班の戦いはここで終了。

そして 四国祭り1014。この登頂の後、弩阿呆軍と並阿呆、序の阿呆共和国の間に終戦協定が結ばれた。

 

089

 

 

とうとう分かる人にしか分からない展開で押し切った弩阿呆レポ。

無意味なのはよーく分かっている。

なのにどうしてこうなってしまうかだって?

フフ、それはもちろん 坊やだからさ…。

 

 

 

次回は四国祭り最終回、並阿呆&序の阿呆班の模様をお伝えします

 

 

 

<参加者 >

弩阿呆班

ぼん

ロト

隊長

 

序阿呆班

あんこ

ぱんだ

サンド

こば

 

並阿呆班

ジャズ

あたる

かねちゃん

ボルト

ぼん

 

 

 

  • roto

    まめ人よ!登山靴を裸足に変えて、脱げよまめ人!

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑