ツアー&イベント レポート


屋久島ツアープラン

隊長の自由帳

6月から少しづづ固めていったプラン内容です

このまま消去するのももったいないので公開します

屋久島登山のプラン作りの参考にでもなれば幸いです

IMG_9388

 


10/9-11 2泊3日の屋久島ツアーの概要です。


1.費用

参加者 登山大人5人子供1人 観光1人 (観光プランは一番下)  合計7人

最初に一人10000円、子供半額5000円を会計が集金。合計65000円

共同費用(高速代、ガソリン代、駐車場代、タクシー代、事前準備食料費)はそこから支払う。最後に払い戻し。

ホテル代、食事代、バス代は各自支払う。

◎共同費用

高速、ガソリン代=往復20000円×2、南埠頭駐車場代=4000円×2、屋久島内移動タクシー代=3000円×2、事前準備食料費etc=11000円、合計65000円

◎個人費用

トッピー代=11600円、バス代=1480円、ホテル代=3800円、食費等=3000円、合計20000円(大人)、10000円(子供)

ツアー費用は大人一人約30000円です。(観光組は別)


2.移動手段

・車に決定です

10/8金曜日の20時 山陰出発。

余裕をもって早めの出発です。 高速道で鹿児島へ。

・ケンケン車(スーザン、よっしー、ぼん) 集合場所=東出雲 集合時間=19:00

・ホリえもん車(隊長、小隊長) 集合場所=斐川IC入口手前高速バス停無料駐車場 集合時間=19:20

集合場所=道の駅頓原

集合時間=20:00

移動時間=約8時間

◎鹿児島・フェリー乗り場

鹿児島7:45分発のトッピーに乗ります。

往復 大人11600円 子供5800円  予約済

近くにコンビニあり 朝、昼食買えます。

鹿児島本港南埠頭

県営駐車場に約2.5日車を駐車した場合の料金=約4000円

・鹿児島から船で屋久島へ移動 鹿児島にあるトッピーのりば、鹿児島本港南埠頭

<裏技> 当日チケットを買うときは有効

5人で いわさきICカード を50000円(57500円分になる)買う。このカードで、特別割引往復 鹿児島~屋久島 11600円を買うと、1人往復 10000円!!

10600円×5人=53000円なのでカードにはまだ4500円残る。

人数確定したら組み合わせ考えましょう

◆ 鹿児島 7:45  発  →  屋久島 宮之浦港 9:45 着

◎屋久島

屋久島観光センター 手荷物の島内配達サービスがある お荷物ひとつ ¥300。午前中にお預かりしましたお荷物は島内の宿泊施設などへ、当日配送(夕方着)も出来ます。(今回は使いません)

到着後、徒歩で移動 宮之浦ポートサイドユースホステル に宿泊荷物を預ける

◆タクシーで白谷雲水峡へ移動。 約3000円

◆バスで移動。 宮之浦港10:00 → 白谷雲水峡10:35   530円 (フェリー到着後 バス出発まで15分 ホテルに行ってちゃ間に合わない)

白谷雲水峡線 : 定期バス時刻表

11:00 白谷雲水峡から登山開始。


3.登山ルート

<C案>に決定!!

屋久島登山情報は・・  屋久島観光協会 屋久島世界遺産センター 屋久島観光センター屋久島ポータルサイト など


〇島の西側からは登山ルート中に名所が無いため今回は ×

◎淀川登山口ルート、10/10-11は通行可

屋久島宮之浦岳登山道における淀川歩道橋の通行止め一時解除の延長(10月17日(日)まで)に変更

復旧工事は環境省が実施し,9月末に着工します。工事の1工程として,橋台基礎の置換えがあり,この作業期間中は橋の安定性が損なわれることから,橋の通行ができなくなります。現在のところ,工事に伴う通行止めの期間は10月18日(月)以降を予定しております。このため,通行止めの一時解除を10月17日(日)まで延長します。 ただし,作業は天候等によって大きく左右され(悪天候のため,ヘリの運行が遅れるなど),後ろにずれ込むことも考えられます。また,登山者の安全確保のために,やむなく通行止めとする場合も想定されますので,今後の登山情報にご留意頂くとともに,予めご了承願います。

淀川歩道橋について

〇安房登山道(ヤクスギランド~花之江河)はかなり荒れている様子 ×

〇荒川登山口ルート、登山口までの移動に時間がかかる  △

◎白谷登山口(白谷雲水峡)からスタートし、楠川歩道を通り、荒川登山口ルートと合流。そこから宮之浦岳を往復。

荒川登山口からの登山道案内

縄文杉・宮之浦岳マップ1

 

<A案>

★一日目(10/9土曜日)

◆宮之浦から、タクシーで白谷雲水峡へ移動。

◆バスで移動。 宮之浦港10:00 → 白谷雲水峡10:35

白谷雲水峡11:00登山開始。山中の山小屋高塚小屋泊 ここまでのんびり歩いて6~7時間(白谷雲水峡~楠川の分れ3.5km+楠川の分れ~高塚小屋6.3km)。目標17:00着。

夕食。寝袋必要。小屋は先着順なので中で寝るのはおそらく無理。テントは準備しておいたほうがよい。

★二日目(10/10日曜日)

小屋4:00出発

宮之浦岳登頂 (新高塚小屋~山頂3.5km  2時間30分)天候、時間、体力次第で周囲のピークに行ってみましょう。

同じルートで11:00下山開始 (下山6~7時間) 白谷雲水峡18:00着。

下山後、宮之浦の宿で入浴&宿泊

屋久島観光協会 お泊りマップ

★三日目(10/11月曜日)

◆フェリー 宮之浦10:45 → 鹿児島12:30

22時には山陰に着くように鹿児島を出発します。

<B案>

★一日目(10/9土曜日)

◆宮之浦から、タクシーで白谷雲水峡へ移動。

◆バスで移動。 宮之浦港10:00 → 白谷雲水峡10:35

白谷雲水峡11:00登山開始。山中の山小屋高塚小屋泊 ここまでのんびり歩いて6~7時間(白谷雲水峡~楠川の分れ3.5km+楠川の分れ~高塚小屋6.3km)。目標17:00着。

夕食。寝袋必要。小屋は先着順なので中で寝るのはおそらく無理。テントは準備しておいたほうがよい。

★二日目(10/10日曜日)

宮之浦岳~黒見岳、永田岳、周囲のピークに行き、新高塚小屋or高塚小屋でさらに一泊。

★三日目(10/11月曜日)

白谷雲水峡に下山。

◆バスで移動 白谷雲水峡9:00 → 宮之浦9:35

◆フェリー 宮之浦10:45 → 鹿児島12:30。

鹿児島で温泉入浴。これだと入浴セットは最初から車に置いとけばいい。24時には山陰に着くように鹿児島を出発します。

<C案>

★一日目(10/9土曜日)

◆宮之浦から、タクシーで白谷雲水峡へ移動。

白谷雲水峡11:00登山開始。山中の山小屋高塚小屋泊 ここまでのんびり歩いて6~7時間(白谷雲水峡~楠川の分れ3.5km+楠川の分れ~高塚小屋6.3km)。目標17:00着。

夕食。就寝。

★二日目(10/10日曜日)  下山は淀川ルート  紀元杉発のバス時刻に間に合うように行動

5:00  小屋出発

7:00  焼野三叉路 ここからカラ身で永田岳までピストン (往復3km  2時間)

9:30  宮之浦岳登頂

ここから淀川登山口に下る。

宮之浦岳山頂から淀川登山口まで 約8km  真直ぐ下山して4時間(時間を見ながら 翁岳、黒味岳にも行ってみよう。)

15:30  淀川登山口 登山口から紀元杉まで 舗装道路を30分。

16:00  紀元杉到着。

ここからバスで宮之浦港に移動 まつばんだ交通 路線バス 料金表

紀元杉 16:21 発 → 宮之浦港入口 18:18 着 1,480円

※バスについて まつばんだ交通に問い合わせたところ以下の回答がありました

「お客様よりお問い合わせにお答えする前にお詫びが御座います。弊社ホームページの時刻表では紀元杉発15:53となっておりますが、情報が誤っております。正確には「紀元杉発」は『16:21』です。大変申し訳ございません。

尚、路線バスは通常座席数が29席となっております。
混雑時には稀ですが一部のお客様にお立ち頂きながらの運行をしております。
但し、原則的には山間部を走行する路線バスの為、お客様全員座って頂いての運行をしております。
混雑時の弊社の対応ですが、現在のところ、屋久島へのご来島者数並びに、各方面からの入山者数からご利用のお客様が多いと判断できる際には臨時便を運行し、御不便の無い様に努めております。
その為、現在のところ満員で御乗車をお断りする事は御座いません。」


宮之浦の宿で夕食&入浴&宿泊。

「ライブカメラからこんにちは」夜の部 屋久島ライブカメラ ~24時間配信中~

★三日目(10/11月曜日)

トッピー出航まで自由時間

「ライブカメラからこんにちは」朝の部 屋久島ライブカメラ ~24時間配信中~

◆宮之浦10:45 → 鹿児島12:30

22時には山陰に着くように鹿児島を出発します。

このプランだと初日に宿に宿泊荷物を預けておけるので楽。登山工程も一番楽で、ほとんどの見所ポイントを回れる。

楠川歩道マップ楠川歩道グラフ

縄文杉・宮之浦岳マップ1

 


4.宿泊

宮之浦での宿泊先です

宮之浦ポートサイドユースホステル 予約済 3800円(子供3300円) キャンセル料は2週間前までなら発生しない

(1日目に宿泊荷物を預かってもらう事が出来る。)


5.装備

<全般>

★運転免許証、保険証、宿泊セット (宿泊施設に初日に預ける)。乗船チケット

<登山>

一人づつテント装備だとペースが落ちる。せっかくのパーティーなのでここは全員の荷物を合理化し、全体的に軽量化を図るべき。でないと時間内に走破できない!!

★シェラフ、ライト、予備電池(自分用)、コップ、タオル、携帯トイレ(下記携帯トイレについてを参考に各自で判断)

★山小屋は人が多そうだが寝れる可能性もある。テントは2人用を2人1組でもって行く。

・テント 2人用×3張 に決定

山泊のパターンとしては
テント優先の場合
テント=女、男男、男男の子、小屋=男
テント=男男、男男、男男の子、小屋=女
テント=女、男男、男男男の子、小屋=×

・食料 食料係が全員の1日目の夕食、2日目朝、昼食用意。

・水は山に沢山あるので持参しなくてよい。 コーヒー、スープ、水割りなどカフェバー係りがふるまってくれるでしょう。

◎食事

一日目

【昼】弁当(各自で準備装備)

【夜】レトルトカレー(アルファー米を使い、容器は使い捨てを使用)、ワカメスープ(各自のコップ使用)、福神漬け

二日目

【朝】カップパスタ、SOYJOY

【昼】カップヌードル

『酒』 梅酒900㍉パック焼酎900㍉パック

『その他共用食料』 補給用お茶、スポーツ飲料(粉末)、コーヒー&ココア(人数分)お菓子(クッキー、チョコなど適量)おつまみ(適当)

※スポーツ飲料は各自500mlペットを用意、2L(たためる容器)で作ったスポーツ飲料(粉末)を分配

【購入運搬の分担表】

ぼん レトルトカレー×6 、カップパスタ×6 、お茶2㍑ボトル×1、お茶(粉末)、 ワカメスープ×6、SOYJOY×6

アルファー米×6、カップヌードル×6、スポーツ飲料2㍑ボトル×1

ホリえもん(テント) お菓子(クッキー、チョコ)×適量、カップコーヒー×6、カップココア×2、カレー用使い捨て食器

ケンケン(テント&ガス) 梅酒×1、焼酎×1、おつまみ×適当、箸スプーン

スーザン(テント) 飴玉×適量

隊長(テント&ガス&撮影器材) 小隊長×1、スポーツ飲料(粉末)5L分、2L(たためる容器)×2、トイレットペーパー×1、福神漬け×1

一日目の弁当(鹿児島のコンビニで購入)は各自で持ち、水分も500㍉ペット1本は最低個々に装備。

<携帯トイレについて>

・山中のトイレの場所は限られています。是非携帯トイレ持参が望ましい。

・携帯トイレの販売=島内の登山用品店、土産物屋、ホテル、レンタカー店、観光案内所等で販売しています。
(1パック入:400円  2パック入:500円)

・下の図によると、使用ポイントは実質2日目の爺岳花之江河だけ(1日目は必要ないでしょう)。我慢できる範囲かも。

携帯トイレブースと回収箱の設置箇所

今回の屋久島のルート(白谷雲水峡~宮之浦岳)と同じ縮尺で比べてみると・・

大山では、船上山から縦走路を通りユートピア小屋から大山寺まで、

三瓶山では縦走路3周分に匹敵する距離です。

◎観光プラン (よっしーは屋久島到着後別行動です)

★一日目(10/9土曜日)

◆宮之浦から、タクシーで白谷雲水峡へ移動。 約3000円

◆バスで移動。 宮之浦港10:00 → 白谷雲水峡10:35   530円

白谷雲水峡11:00 ここで自由散策

宮之浦 宮之浦ポートサイドユースホステルで宿泊

★二日目(10/10日曜日)

終日スキューバダイビング

宮之浦 宮之浦ポートサイドユースホステルで宿泊 ここで我々と合流 以降行動は同じ

ではがんばりましょう

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑