ツアー&イベント レポート


比婆山連峰フルコース! 2012.7.8

ぼんのカレーは別腹です

連勤明けの日曜日。 本日もおひとりさまですが…

前々からやってみたかった、比婆山連峰縦走に挑戦だ!

総距離にして約17km。 ほほー、血湧き肉踊るだぜぃ!

 

 

 

 

7:58 スタートは広島県民の森公園センターの横手から。

夏の遠征に向けて、がっつりトレーニング始動なのだ!

 

 

まずは笹尾根コースから、立烏帽子方面を目指します。

広くて歩きやすい道をいくと、やがて展望園地に到着です。

小雨もパラつく微妙な天気です。

 

 

でも、ブナの多い比婆山系大万木山なら、

雨降り登山になっても満足できるんですよね… なんだか森が幻想的で。

 

 

木の根っこが地球を編んでますね~

などと写真を撮りながら、序盤戦はまだまだ余裕あります。

 

 

9:13 立烏帽子駐車場到着。 体力に自信がなければ、ここから登るといいでしょう。

 

 

南へほぼ平行移動で、最初のピークである竜王山(りゅうおうざん・1255.6m)を往復。

ここででっかいザックを背負った3人組と談笑します。

島根県から来られたということで、まめ登山部のこともよく知っておられました。 

我々も有名になったもんだね~ 。

 

 

立烏帽子Pへ戻り、下山する皆さんとはここでお別れ。

この時点では全山縦走するつもりはなかったけど、しばし考え、挑戦することにしました。(吾妻山は除外ね)

まずはかけ足で、比婆山連峰最高峰の立烏帽子山(たてえぼしやま・1299m)へ。

 

 

広々とした鞍部へと下り、登り返せば池ノ段(いけのだん・1279.5m)

好展望のはずの山頂には、ガスが立ち込め何も見えない…

 

 

 

ここから先は、私ぼんにとっても未知の領域。

霧の立ちこめる中を進んでいきます。

 

 

11:30 比婆山(御陵)到着。 「ゴリョー君」はどこに…?

 

 

 

ここではファミリーさんが休憩中だったので、早々に出発します。

お! なんだか晴れてきた感じ…?

 

 

11:52 烏帽子山(えぼしやま・1225m)

 

 

ベンチのある広い山頂で昼食タイム。

通ってきたこんもりフォルム御陵が見えます。

 

 

 

お腹を満たしたら、いよいよ後半戦とつにゅー!

それにしてもカッコイイ木が多い道だ。

 

 

 樹林帯をずんずん下り、前方が開けた場所が出雲峠でした。

 

後方に見えてるのがこれから向かう、こんもりフォルム毛無山

このあと、寄り道したききょうが丘付近にはたくさんのササユリが咲いていました。

 

 

こっからの登りはけっこう急だ! (実際はそうでもないけど、これまでのギャップからそう感じるんですわな) 

 

 

 

 

 13:14 毛無山(けなしやま・1148m)山頂ゲット!

 

 

 だいぶガスも切れて、風景もよく見えるようになってきた!

 

 

あれが次なる目的地、こんもりフォルム伊良谷山と、こんもりフォルミン牛曳山だな。

 

 

13:58 ちょっと頑張って伊良谷山(いらだにやま・1149m)登頂。

なんだかんだで、まめ登山部的にも初めてのピークだぜ!(厳密には違うけど)

 

 

14:14 牛曳山(うしびきやま・1143m)

…らしきピークに到着したけど、山頂表示はいずこ?

 

 

標識を探して10分以上ウロウロして…

マジックでうっすらと、かろうじて読める山名発見(笑)

ここも登山部的には、初登頂のはず。(厳密には違うけど) 

 

 

はへぇ、無駄に体力使ったわ…

最後に山頂西側に広がる展望を楽しんだら、あとは下山するのみ!

 

 

牛曳滝を経由して沢筋をひたすら下り…

 

 

 

15:33 無事下山。

結局、最後のアスファルト歩きが一番ツラいというお約束パターンでした(苦笑)

休憩含め、ゆっくり7時間半の比婆山連峰フルコース!

 

 

 

 

 

 

堪能いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※※※参加者※※※

 

 

 

 

ぼん

 

 

 

 

 

 

スペシャルサンクス

 

 

 

 

どっかで見たことある? 島根の人たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっつり歩いた17km。

もっとトレーニングしますので、待っててくださいアルプス先輩!

 

 

 

 

 

 

  • roto

    ゴリョー君、ああ見えて実は神様(いやいやホントだってば‼)なんです。

« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑