ツアー&イベント レポート


真・旅伏山でベアフットに挑戦してみた。

ロトの冒険

ベアフットが流行っているらしい。

Snap1

流行りものにはとりあえず乗っかってみようじゃない。

旅伏山に向かい、裸足を満喫していたロトだったが、

彼はまだ知らなかった。

これからが、真のベアフットのスタートである、

ということを・・・。

山頂でしばらくぼけっとタイムをすごし、

上機嫌のまま下山することにする。

しかしいつもと違って足が軽いし、

これは普段よりも軽やかカロヤンに行けるんじゃね?

と何の気なしに、いつものように勢いよく下りはじめた。

と、とんでもない痛みに襲われたのである。

普段は何のこともない道である。

これまで何度も往復した勝手知ったる道である。

小さな石ころが転がっているのも知っていたが、

気にも留めたことはなかった。

IMG_2408

そんな小石を、思いっきり踏んずけたのだ。

痛ッッ!!!!!

声が出た。

刺さるとかそういうことはなかったけれど

とにかく痛い!!

きっと痛いんだろうなあと試しに受けにいってみた

足裏マッサージが意外にも気持ちよくて

なんだ全く痛くないじゃんびびって損したぜ

と思っていたらマッサージ師のお姉さんがにっこり笑って

じゃあここはどうですかあ?と親の敵でもとるみたいに

グリングリンされた時のような痛みなのだ!!

!(◎_◎;)

そこで全て理解したのである。

登りははだしでも余裕なのだ。

しかし、下りではそうはいかない。

しっかりと見極めて足を運ばないと、下りの勢い+重力で

とんでもないことになるということを。

というわけで、それ以降は慎重に下りることにした。

けれども、やはり痛いもんは痛い。

なので、やっぱり慎重に駆け下りることにした。

そして、鹿ゲートに付いてゲート操作をしようとしたら

ひざがゲラゲラと笑い出した!!

(*^^*)

こんな短時間でひざが笑うなんて今までないぞ、

おそるべしベアフット・・・。

下り終えて恐る恐る足裏を確認してみた。

IMG_2409

汚れてはいるが、ケガはない。

案外丈夫だな俺の足裏などと思いながら

足をざぶざぶ洗って帰ったのだけれど

まだまだベアフットの試練は終わらないのだった。

コメントを残す

« »

Copyright © 2022 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑