ツアー&イベント レポート


高御位山

活動記録

2月10日(日)  午前9:00
岡山県より6名、広島県より1名、山陰より5名の計12名が集結したのは、兵庫県高砂市阿弥陀町にある鹿島神社です。
なんとこの神社の大鳥居はチタン製で銀色に輝いています。
なぜチタン製なんだ?
チタンさんがニヒルな笑みを浮かべるが、あっさりスルーしよう。

 




名物の柏餅のお店が立ち並ぶ参道を歩き、鹿島神社で安全登山の祈願をしてから本殿横の登山口からGo。

 




登り始めから登山道は岩岩で少し登ると展望台があり高砂の街が眺められます。

 



またチタンさんがニヒルな笑みを浮かべ柏餅を振舞ってくれました
いつの間に買ったんだ⁈
1パック6コ入りなので半分に切っていただきまーす。

私は粒あんが好みだが、こしあんだった…
せっかくなので文句は小さい声で呟き、感謝していただく。
ゴチです。

 




さぁ、ここからが本日の目玉で難所の百間岩です。
巨大な一枚岩で標高差は150m、距離にして200m。
登りの途中で振り返ると住宅の屋根がキラキラしてとてもキレイだ
高度感ありでワクワク、ヒヤヒヤ、ドキドキ。
登り切ると姫路城が見えました。

 




その先も岩の上をずーっと歩きます。
岩の上が登山道になってるというか、登山道が岩です。
どっちでもいいです。

 



鷹ノ巣山に到着です。
ここは天気がいいと北に氷ノ山、南には小豆島が見えます。
新日鉄の工場も見えます。
岩場が多く木が少ないので稜線もはっきり見えます。
なるほどこれが低山なのに本物のアルプスのようだと言われる所以なのですね。

 



アップダウンを繰り返し歩いて行くと高御位山です。
神社や巨岩があります。
ここでお昼をいただきます。

 



フツーにカセットコンロとフライパンを取り出し、ウィンナーを焼くチタンさん。
今までと違う境地に達したみたい。

 



パンを食べた後、ビーフジャーキーにかぶり付くのはモジャさん。
その食べ合わせは大丈夫なのか心配になります😅

 



デザートはチョコフォンデュ🍫
実はわたくし、1年位前から企んでいてバレンタインに合わせてやりたかったのです。

 




マシュマロを炙ると美味ですよね。
でもやり過ぎると、鳥人間のマシュマロのようにプスプスと音を立てて煙を吐き出します。

 



モジャさんはチョコレートが大好きなようで、クッカーの中のチョコをキレイに平らげてくれました。
ほんとに大丈夫なのか?
その食べ合わせ!
そして、胸元に注目!

 




食後は岩の上で遊びました。

 




さて、下山です。
最初は縦走するつもりでしたが、馬の背も歩いてみたい。
という事で、プラン変更で鷹ノ巣山のまで戻って馬の背コースを帰ることにしました。
岩場の激登りと激下りを乗り越えて馬の背に出ると今まで歩いた所が全部見えました。
素晴らしい景色!

 




チタン製の大鳥居の所まで戻ってきました。
折角なので「Wチタン」と「チタンさんがいなくても、チタン製があれば全員いるような気になるよねー」の記念写真。

 




解散した後、岡山乗合い組と山陰組は姫路城へ寄り道です。

 

 

◆参加者◆

チタン
キタロウ
なっち
なお
モジャ
どっぽ
4本
ボルト
ユーミン
鳥人間
にそ
キャサリン

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑