ツアー&イベント レポート


玉造要害山 2010.11.12

ロトの冒険

隊長からのミッションをこなしていこう!

今回は玉湯要害山だ!

[googlemap lat=”35.41281086940361″ lng=”133.01299810409546″ width=”300px” height=”150px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]35.412811,133.012998[/googlemap]

八雲要害山でほとほと疲れてしまった根性無しのロト。

当初予定していた安来方面には向かわず

帰り道にあってしかも簡単にたどりつけそうなやつを探した結果、

湯の町玉造へといざなわれるようにやってきたのです。

しっかあし!ダンダン(机をたたく音)!!

それは偶然ではなく必然でした!

そう、この要害山こそわれわれまめ登山部がもとめていた・・・

gold

ワンピースだったのだあッ!!

ウィーアー!!!

さてやってきました玉湯町。

「玉作湯神社」の裏山が本日2発目となる玉湯要害山。

この形態を要害山業界では『要害山神社セット』と呼びます。

もちろんたったいま勝手に命名したもので何の裏付けも確証も根拠も自信もありませんが、

割とよくあるパターン!(ということにしておいてください)

 

玉造温泉街をスルーし、ちょっと色っぽいホテル街を横目に進むと目指す神社が見えてきます。

P1010529

すかさず神社前の駐車場に滑り込み、さっそく出発進行です。

どうやら神社脇の道から行けるようなので

どりどりと鳥居をくぐってみると、

P1010523

なんと親切!!

さっきの八雲要害山とは大違いだ!!!

これは大当たりだぞう!と鼻息も荒く看板に従い歩いていきます。

そしてまたしても

P1010511

ジャジャーーーン!!!看板発見!!!

んもうサービス過剰でリンダはこまってヒデキはカンゲキしてしまうぞお!!!!

ハッッ!

あまりにも興奮しすぎて変なことを口走ってしまった。

よっぽどさっきの要害山が堪えたのでしょう。

ちょっとナチュラルハイです。

 今回はさくっといくぞさくっと。

 

若干荒れてはいるものの、

P1010519

さっきの熊野城にくらべれば赤子の手をひねるも同然じゃ!(この慣用句、大人としてどうかと思いません?)

さくっといくったらさくっと行くのだ!

P1010512三ノ平を越え、

 

P1010518二ノ平を越えたら、次は当然・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブン平

スティーブン平だーーー!! 

・・・ ではなく、

 

 

 

そうです、もうおわかりですね。

 

 

 

 

 

 

はら平

はらたいらーーーーー!!!全部~~~!!! 

 

ハウッッ!!

またもおかしなことを口走ってしまった!!

イカンイカン、さくっと行かねばさくっと。

 

三ノ平、二ノ平を経てたどり着いたのは、

P1010516そう、当然山頂『玉造要害山城跡』 です。

なかなか広々とした山頂で、かつては眺めも良かったはず。

しかし今は成長した木々に遮られ、あまり遠くを見通すことはかないません。

 

しばし山頂で戦国浪漫を堪能し、要害山を後にしたのでした。

 

・・・ 後にしたはずでしたが、冒頭の写真を良く観ると

P1010523

んん!?なにか気になる。

 

もっと良く観てみると・・・

P1010523 - コピー『縁結びスポット』ですとッ!!

 

そしてなんと他にも

濃いかなう

なんてあったりして、

まさに『宝』!まさに『ワンピース』!!

ウィーアーーー!!!

 

ここがこういうところだって知ってたら、

こんな独り要害山巡りなんて企画でなく、

メインで組んでみんなでくれば良かったなあと思いながら、

帰りましたとさ。

 

☆参加者☆

ロト(いろいろベタだな~)

 

 

 

 

 

“玉造要害山 2010.11.12” への2件のフィードバック

  1. しょくにん より:

    ロトさ~ん、大事な「宝」をお忘れですよ!
    「珍○さん」こそが玉造の本当の宝なんですから!!

    ごめんなさい。

  2. ぼん より:

    ラストの写真… 『恋叶橋』

    わたしは見逃さなかった…
    それこそが「ワンピース」たる所以。

    写真にマウスポインタを乗せてみな。

    ウィーアーーー!!!

コメントを残す

« »

Copyright © 2022 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑