ツアー&イベント レポート


高瀬山 レボリューションズ

隊長の自由帳

高瀬山リローデッドにつづいてやって来たのは島根県雲南市三刀屋町にある高瀬山(タカセヤマ 445.9m)

我々は高瀬山レボリューションズと呼んでいる。


35.243025,132.883244


引き続き低王にも同行してもらい登山口に向かう。

地図を見ながら進んでいくと、中国横断自動車道尾道松江線の工事現場に出くわした。

これは山までたどり着けない可能性もあるぞ・・。

DSC05054

怒涛のダンプ軍団とすれ違いながら、奥へと進む。

DSC05055

やがて自動車道の上にかかる橋に到着。もちろんここは地図にはまだ記載されていない。

DSC05098

金網越しに目指す高瀬山が見えた。

だが、そこに続く道がよく分からない。

近くにいた警備のおじさんに「レボリューションズに行きたいんですけど・・」というと、

レボリューションズは分かるが道が続いているのかは分からないといわれた。

「そうですか。」

山は見えているのでとりあえずあっちの方向にいってみよう。


ちなみにこれが橋の上から見た工事現場。(この吉田掛合IC~三刀屋木次IC区間の開通は23年度中)

DSC05096

DSC05095

DSC05097

なかなか面白いが眺めてばかりもいられない。

目的は工事見学ではないのだ。

登山口を探そう。


橋を渡ってしばらく走ると手持ちの地図に載っている「林道高瀬線」に出ることが出来た。

この道が分かれば大丈夫。

道なりに行けば登山口にたどり着くはずだ。

あまりいい道ではないようだが、馬車で行けるところまで行って見よう。

DSC05057

ハイヤハイヤと馬車を走らす低王。

DSC05059

しばらく調子よく進んで来たが、ここからはかなり悪路になっている。 (この先に進むのは一般人なら躊躇するだろう)

DSC05058

しかし何のためらいもなく突っ込む低王。ヤブなど全く気にしないのだ!!

ガサガサと馬車にヒットする周囲のヤブ。ボディーのキズは闘いの証しなのだ!!

悪路のせいで激しく揺れる車内。一般人なら酔ってしまうところだが、低王が酔うのは飲酒したときだけなのだ!!

とにかく前進あるのみなのだ!!!


やがて現れたコンクリートの崖。

DSC05063

その先のコーナーには「高瀬山中継所」があった。(何の中継でしょうか?)

DSC05092

さらに奥へ進むと行止りになっていた。

ここが終点、登山口のようだ。

DSC05065

早速登山開始と思ったら、

ふらふらと馬車から下り、「おえ~」っとリバースする低王。

馬車のムチを入れすぎたようだ。・・気の毒に。  (よい子はまねしないように)


口元を整え、辺りを見回すと登山道が伸びていた。

では入山開始。

DSC05069

なにやらあちこちに印がある登山道。

何の印なんだろうか。


一度鞍部に下り、

DSC05073

登り返すと、

DSC05077

山頂に到着。

DSC05080

歩き始めてたったの10分。

あっけない登頂となってしまった。

DSC05085

山頂からの展望は無くて残念。


この場所には多くの印やテープが張ってあった。

DSC05084

DSC05087

道路?  どういう意味なんでしょうか??

おそらくこの下を通る高瀬山トンネルに関係しているのだろう。

それとも展望台でも出来るのかな??


散策してみたが特に手がかりもつかめないのでこれで終了。

謎を残したままそそくさと下山したのでした。


中国横断自動車道尾道松江線(黄色破線)はこう通るみたいっす。


 

という訳で3つの高瀬山制覇。

まだほかにも高瀬山があれば

〇〇山を制覇せよ」シリーズに昇格しようかな。

 

 

 

2011.9.29

 









« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑