ツアー&イベント レポート


しろいぞうさん

ぼんのカレーは別腹です

とっても てんきがいい おおみそか。

おおきな しろい ぞうさんの せなかに のってきたよ。

DSC05581

すたーとは かがみがなる るーるるるる

35.351209,133.593734


じんせい はつの すのーしゅー なのである るーるるるる

DSC05550



2011年大晦日、冬山大山登山には参加できず。 

でもせっかくの好天気、どこかでスノーシューの練習がしたいなー。


三平山も考えたけど、あそこには雪崩の巣があるらしい… (実際近くを通ったときクラックが見えてたし)

そうだ、秋に登った擬宝珠山象山に行ってみよう。




というわけで、やんさん達が登っている大山を眺めつつ、鏡ヶ成へ。

DSC05548



駐車場から見上げる烏ヶ山の勇壮な姿。 まさにマッターホルンですな!

DSC05549

積雪は1m超、周囲はスキー客で大賑わいです。 わたくしは黙々と準備…




ここで作戦タイム、地形をしっかり頭に入れて… ターゲットは傾斜がなだらかな象山に決定。 

いったん車道に出て、新小屋峠から山頂を目指すルートでアタック開始!

DSC05551

やわらかい雪を踏みしめながらの行軍はなかなか楽しい!




先行者のトレースに感謝しながら冬季閉鎖の車道を歩き、20分ほどかけて新小屋峠に到達。

DSC05554



ここから右に折れ、樹林帯に入っていきます。

DSC05555



やがて鏡ヶ成の芝広場へ続く夏道との分岐点へ。 

DSC05556



ここから尾根に取り付くとやや急な登り。 踏み抜かないように注意しながら…

やがて視界が開けますが、まだ後ろは振り向かない。

DSC05557



無心でぼふぼふぼふ。 象山展望広場に着いたぜ。

そして満を持して… まわれ右

DSC05559

うっひゃああああああああーーーーーーーー



すっげ。。。

眼下には鏡ヶ成スキー場。 対岸には擬宝珠山

DSC05561



山頂を示す標識もすっかり埋もれています。 秋とはまるで世界が違う!

DSC05560 2011.10.23-Zoyama-Giboshiyama



象の背中をたどり、最高点のあるピークへ。

DSC05563



登山開始から45分、象山(1,085m)山頂到着!

丁度いい感じのベンチが掘ってありました。

DSC05569



振り向くと、の背後から大山がこんにちは。

やんさーーーん、ケンケンーーーーー、コーチーーーーーーーヽ(´ー`)ノ

DSC05564



ここの雪質はさらさらすぎて、大山同様になかなかダルマができません。

それでも根性でかき集め… 象子ちゃん完成!

DSC05576



帰りは無難に同じコースで。 アニマルトラッキングを楽しみながら下山したのでした。

DSC05578



スノーシュー履いてても思ったより沈むなぁ。

DSC05580

 

 

 

 

 

 

 

 

◆参加者◆

 

 

 

 

ぼん

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、楽しいです。スノーシュー。 

日頃のぼん悩なんて、スカーッと晴れちゃいますた。

 

 

あ、、、 かちょうの せったい わすれてた…  (ノ∀`*)えへへ

 

 

 

 



  • SS課長

    最後に思い出してくれて
    ありがとう…(_△_;

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑