ツアー&イベント レポート


テケテケ登山 十膳山編

隊長の自由帳

未踏の山をテケテケーっと攻略してみよう。

ターゲットは島根連、宍道湖北にある十膳山(ジュウゼンヤマ  193.5m)

35.48793,132.905903

いつものごとく事前情報はゼロ。

道があるのかもよく分からないが行ってみよう。

地図を見ながら登山口を探す。

一番山頂に近いであろう山の北側に回りこんでみた。

駐車スペース発見。

ここから歩いてみよう。

GPSオーン。

では出発。

民家の横には道が伸びている。

お! これは楽勝パターンだな。

わーいわーいと手すりのついた道を登っていくと、

山名版があった。

ここからまっすぐ進めばゴールのようだ。

わーいわーいと進んでいくと山頂到着。

登山口からわずか5分でGPSオーフ。

 

 

はて?  あれは何だろう??

近づいてみると、

 

「ハウス」。何てストレートなネーミングなんだ。

これが自由に使えるのか。

わくわくしてきたぜ。

早速室内に入ってみよう。

 

金属製のポップなノブを回して入ってみると、

山頂とは思えない世界が広がっていた。

 

広々とした室内には、鮮やかな青絨毯が敷かれ、その上にさらにゴージャスなペルシャ絨毯が。

そして一目で高級と分かる椅子とテーブルが備え付けられており、食事が出来るようになっていた。

そこにはティシュペーパーまであり、食事時の気配りが感じられる。

感動だ。

インテリアもすばらしい。

テーブルを取り囲みつつもナチュラルに並べられている観葉植物。

天井には心弾ます賑やかな装飾。

 センスのよい一級品ばかりである。

 

隅にあるデスクにはノートがあり、

十膳山について書かれていた。

歴史的には古く、出雲国風土記には都勢野と記され、戦国時代には宮倉氏の居城があったのだそうだ。

 

これは素晴らしすぎる!!!

山頂にこんなに素敵なハウスがあるとは!!

 

しばらくここに留まりたいところだか、徐々に体が蒸されてきた。

これ以上の長居は命にかかわるだろう。

残念だが外の空気を吸いに行こう。

 

ハウスの南口を出るとすぐに三角点があった。

そしてここから宍道湖が望めるナイスな展望台が続いていた。

サルビア越の宍道湖。

滅多にお目にかかれないアングルだ。

 

そして清水。

・・・謎だ。

残念ながら小心者の私には口にすることが出来なかった。あの調査ガールに任せよう。

 

数々のアイテムにもう満腹だ。そろそろ下山しよう。

これほどまでに山頂でウキウキした低山は初めてだ。

これだから低山は面白いのだ。

これでトイレがあればな・・と思いつつ来た道を引き返し始めると、

トイレ発見。

おーっ!!

ここまでそろうとは!!

こりゃ山頂に誰か住んでるな・・・(たぶん清水さん)

 

 

2012.6.2

 

  • 調査ガール

    (´-ω-`) ・・・・

    猫缶< パキュッ (`ФωФ’) カッ.

    【缶詰の内容】
    素敵なパーティールーム、静水。未知なるトイレ。

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑