ツアー&イベント レポート


2014.10.26 くまもと就活登山 その1

miki_Tの全国就活行脚

盛り上がった八ヶ岳レポートの後で少々書きにくいが、

その後も地味~に山に登っていたので、ネタ切れになってきた

時期を見計らって、その一部を紹介しようと思います。

————–

 

今回もまた、仕事に関するセミナーがあり、

ここ熊本まできた。ええ仕事はないかの…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

じつはここ熊本、もう何年も前にmiki_Tが就職試験で

苦杯を舐めた、因縁の土地である!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その苦い日以来、自分にとってここ熊本は、完璧な敵地。

今回は警戒心120%で市内に入り込んでいる。

 

 

熊本駅周辺にきた。

あの頃から駅前はなにもなかったが、

今回も相変わらずなにもなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やたらとくまモンが多いのが、変わったところかの。。。

熊本も、広島と同様、路面電車がいい雰囲気。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういや、駅前も綺麗になったか。。。?

前回が悪い思い出だけに、あまり覚えていない…

しかし日曜だというのにあまり人気がない、、、。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回の就活敗因はなんといっても情報不足

敵の内情を知らぬうちに戦いを挑み、見事に

不採用の返り討ちにあったのだ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は二の轍を踏むまいと、市内を一望する

あの山に登って、敵の地勢を頭に入れるのことにした。

昨夜居酒屋で地元客から仕入れた情報を元に、登りにかかる。

 

なにやら、途中には疲れたら休めるように山小屋があり、

また熊本城を攻めるためのもあるという。

これはまさにうってつけ!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中の公園では、地元の人々が集まり、

なにかを催していた。敵に関する情報はないかと

耳を傾ける。何やら、聞きなれない言葉で話している…

 

こんな時の為に、言語学習を日々行っているが、今の手持ち

(広島弁、和歌山弁、標準語=トリリンガル!)では対応できん、

バレバレなので、控えておく。今は出雲弁+米子弁を学習中であるが、

それとも違う言語のようだ、、、。

 

敵地で目立つことは禁物!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この右側の山にのぼると、市内が一望できるという。

敵を威嚇するため、この山に城を築くのもなるほど…

たしかにいい戦術である。

 

秀吉の小田原城攻略を思い出した。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地図を確認。

この「花岡山」が本日の目的地!!

 

熊本に来て「細川」って聞くと、おお~!

と思うのは自分だけか。。。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

見上げると、頂上に、真っ白な塔のようなものが見える。

あれが城か!?

 

山にむけてどんどん細くなる路地を進む。。。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なにか秘薬がないだろうか、、、。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな道は蛇行しながら山頂へ向かうが、ここに直登できる

ショートカットコースがあった!  こちらの方が面白そうなので、

階段をのぼっていく。  尾道を思い出した。。。

 

この細長い板でチャリや原付を上げ下しするのかな!?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお! 第一の山小屋発見!

なかなか近代的な山小屋だ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熊本駅の周辺を一望できる。

なかなかの眺望だ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、まだ今日は歩き始めたばかり。

先を進む。山の中腹だが、民家もつづいている。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお、ここに発見!!

その名も「花岡城

かなり近代化された要塞のようだ。

窓は少なく、建物の中は見えない。

駐車場の入口にものれんがかかっており、

なかに配備されているであろう車輌は伺い知れない。

やはり防衛上の配慮か。

 

これは攻め落とすのも難しいだろう。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その先にも、要塞らしき建物がいくつもある。

二の丸、三の丸、といったところか。

やはり天下の名城、熊本城を攻め落とすには、このくらいは

必要なのかもしれない、、、。

 

前回丸腰で挑んだ自分がアホであったことを痛感する。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここにも要塞が。

そして各要塞には、信号「青」が灯っている。

敵の熊本城に不穏な動きがない証に違いない。

 

少人数化のため見張りの者を置かず、またのろしだと

敵にもバレるため、信号で知らせるあたり、

かなり近代化した城である。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに木々の中を山頂方面へ進む。

 

途中にあったのが「乳水」

お乳のでなかったお母さんがこの水を飲むと、出るようになったのだとか。

これを飲むと女性ホルモンが増えるのか!?

 

昔も今も、山では水場はとても貴重。

とりあえず、飲んでおく。

女性らしく・・・なるかしら~ 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに10分ほど歩くと、山頂広場に到着する。

立派なお寺があった。

仏様に守られた山だったんだな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大なストゥーパ(仏塔)があった。

 

インドやネパール、スリランカなどにこの形の仏塔がみられる。

敬虔な信者は、お経と唱えながら、このストゥーパを、時計回りに回るのである。

ここにも、ぐるぐる回っている方がいた。熱心で頭が下がる。

 

miki_T「おはようございます。朝からごくろうさまです。

   ここは何回回ると仏様のご加護が…とか、あるんですか?」

 

おばさま 「ご加護?!  ただのウォーキングよ!!」

 

m 「あ、そうでしたか。。。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

築城の名手、加藤清正に関する岩。

そういわれなければ、ただの岩だが、

そうかかれると、ありがたみがあるような、気もする。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほかにも、キリスト教関連の集会所?や、

第2次世界大戦関係(フィリピン戦線)の慰霊碑など

 

 

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろいろなものが山頂広場にはあった。

とても興味深い。

 

そして・・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この山頂からの眺め!!

これは最高である!

熊本市内を一望!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敵の本拠地、熊本城も、この通りまるみえ!

ここからなら攻略できそうな気がする!

今回の就活戦線はもらったぜ~♪

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストゥーパを3回(それだけかい、って言わないでね^^;)回り、

仏様にも必勝祈願だ!

いい天気である。

 

あとは、三角点をいただくのみ。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番高いと思われるこんもりしたところを10分くらいうろうろ

するも、見つからず、、、、もうかえろかと思ったところに

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ん?

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく見ると…  あった!!

 

ここではあまり三角点は重要視されていないと

いうことか。。。あやうく見過ごすところだった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

景色をながめながらあれこれ思索にふけって、

かわいいネコちゃんと遊んだら、下山開始である。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山途中も、新風連の乱、西南戦争の戦跡や関連墓地があり

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴史マニアにはたまらない場所である。

 

 

 

 

 

 

CM141026-075427003 CM141026-075456004 CM141026-075821012 CM141026-075752011

しかし、ほとんど訪れる人も、管理する人もいないのか、

「兵どもが夢のあと」、である。

 

 

CM141026-080132015

山だから当たり前だが、本当に坂ばっかりで面白い。

ここは、もちろん、極楽方面へ向かう!

 

 

CM141026-080159016 CM141026-080431018

 

ほそ~いまがりくねった路地が、駅へと続く。

今日は多くの人が道端にでて掃除をしている。

なにかあるのか?と尋ねると、今日は町内清掃の日だという。

 

なるほど、あの公園の集会も、それだったのか、、、。

やはり、情報は足で稼がないといけんということ。

 

今回は準備万端じゃ~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ということで、いざセミナー!!

 

 

宿舎に一旦もどり、パンフレットを見返してみる。

PB061626_2

やはり、今日はいいところに登ったわい!

つぎは、隣の万日山にでものぼるか~!

 

、、、と、、、?

PB061628_2

うーむ、、、、、、

 

 

 

 

つづく

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑