ツアー&イベント レポート


高野毛無山 2019.04 その2

ツアー登山 活動記録

~前回のあらすじ~

 

なぞの男クログロ・ケアリに

「ケナシの下りは気をつけろ」

 

と夢告を聞いた一行は

クマのフンにビビりながらも

順調に毛無山へ近づいていた。

 

 

 

お土産を残したおじさん達は

毛無山へ続く尾根道を北へ北へと進む。

 

はっきりとした稜線で迷うことはない。

 

標高750Mを越えたあたりで

 

突如杉林が姿を現した!

「ウエックショーーーイ!!」

 

スギ花粉真っ盛りの林に

クシャミ鼻水目のかゆみという

花粉三大祭りを盛大に開催。

ほんと春先の登山は厄介だぜ。

 

右手に走る尾根筋も近くなり、

右手眼下に名もなき沢筋が見えると間もなく

尾根道は毛無林道に抜けた。

 

抜け目なくフキノトウを見つけ

酒のアテ分確保してから

 

毛無山へのアタックを開始する。

 

一旦に谷筋に入り

 

すぐさま尾根筋まで上がる。

 

そのまま稜線を進むと

さっきまで右手に見えていた尾根筋が合流。

 

そこから少し進むと

 

かの有名なグライダー基地がある。

なるほど見事にハゲ散らかってるわ。

 

さらに進むとお次は

 

かの有名な毛無の笹ヤーブが始まった。

藪をコギコギ進むおじさん達。

 

「道なんて見えんじゃないか!!」

と大騒ぎしながらエイコラ行くと

毛無山山頂にたどり着いた。

が、立派な道標などはなく

かろうじてヒラヒラと小さなタグが

ここが山頂ですと告げていた。

 

ひとまずたどり着いたぜ毛無山。

笹でボーボーだぜ毛無山のくせによう。

 

つづく

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑