ツアー&イベント レポート


【千里もないけど大江高山】 2010.06.03

ロトの冒険

島根県大田市

なかなか足が向かない県西部の山ですので(三瓶はよく行くけど)

ツーリングがてら登ってきました、大江高山。P1000098

目指すは右側のピークだー!

大江高山には三つ登山口がありまして、今回はそのうち二つをつなぎます。

山田登山口から入り、飯谷登山口に降りてくるというぐるっと一周コースです(ロードあり)。

まずはスタート地点の山田公民館~♪

P1000059

バス停と自販機があります。

バイクを止めて、さささっとジャージに着替えて準備完了です。

山田公民館向かいの舗装路を10分ほど歩くと

P1000061

②登山口入口の看板があります。

一見、入山届入れに見える白いポストは「SHINBUN」受けでした。

しばらくは舗装路が続き、気になる看板が・・・

P1000063

く・・・熊・・・ですとッ!!

・・・・・・・落ち着け。まず出会わないから。むしろ出会ったほうがまめ登山部的には面白いから、

気にせずゴーーーー!!!

 

まずは竹林を進みます。竹林を抜けると今度は杉林です。

P1000065

のんびりと歩きます。

こんな感じで頂上までいけるかなあ、というあわ~い期待がありましたが、

そうは問屋が卸さないようです。

すぐにえらい登りが始まりました。まずは尾根を直登。

5分もあるくと今度はつづら折れの道になりました。

P1000066

行って戻って行って戻ってを繰り返し、少しずつ高度を上げていきますが、

なにしろ展望がなくってだんだんと気がめいってきます。

 

と、そんな私のココロを見透かしたかのように突然展望が開けます!

どうやら6合目に到着したよう!P1000067

いやあ、いい眺めだなあ♪ どこ見てるかよくわかんないけど・・・。

よっしゃあ、もうじき頂上だ!いくぜー!!と気合を入れて

再びつづら折れの道を行く。

 

5分もするとつづら折れはおわり、ゆるい斜度の登りになった。

となるとそれはきっと・・・・

P1000071

ジャンジャカジャーン!779のピークに到着~!!

しばらく日本海の眺めを堪能して出発。

 

ここから先はしばらく尾根歩き~。

カエデやカシワの緑がまぶしい尾根歩き~。

道もふかふかとしていて歩いていてとても気持ちがいい。

ああ、こうでなくっちゃねえ、といい気分になっていると、

 

「バキッ!パキパキッ!」

!?

 

ま、まさかの面白展開なのかッ!?

 

・・・・

 

・・・・

 

な、なーんだ。登山してるひとじゃんか~。

「コンニチワ~」

と熊と勘違いしたことなどみじんこほども感じさせず、

にこやかーーーに挨拶をしてすれ違う。

ふう、ヨカッタワ~。

しばらく歩くと、

P1000074

おお、もうすぐ頂上だ!

 

そしてほんとすぐに頂上に着きました。

P1000076

おお、三瓶山がよく見える!!日本海も、おや、出雲ドームも見えるぞ~!!

決して写真には映ってないですが本当によい眺めです!

そしてなにより大江高山山頂にはポストがあってですね、

P1000078

ポストの中に頂上ノートがあるんですよう♪

なんだか嬉しくなりました。

ノートを観ながらおにぎりをほおばり、つらつらと書き込みをします。

さあ、あとは降りるだけです。

飯谷コースを降りるだけです。

「下るゆうより、滑るじゃけえのう」と山田公民館で出会ったおじさんが教えてくれた

飯谷コースを降りるだけです!

 

頂上から「←大砲岩」の看板を目印に下っていくとすぐ分岐にたどりつきます。

P1000082

飯谷方面は写真の右手に降りていくようになります。

うし、いっちょやってみっか!

と下り始めますと、ウムム、こ、これは、かなりな下りだわ~。

下りはにがってって人には少々キツイ道が続きます。

写真を撮ってみましたが、うでがないので高度感をうまく表現できない!!残念!!

そして何度も「ラクーーー!!」と叫びます。

気をつけてはいますが、だいぶ落石させてしまいました。

でも、滑りおりるってほどじゃないぞ。

おじさんもオーバーだなあ。

 

 

と、

安心していたら、

 

樹林帯が杉林に変わったとたん、

 

ズルズルーーーーーッ!!!

ズルーーーーッ!!

ズザーーーーーァッ!

 

杉の落ち葉が滑る滑る!

おじさんの言ってたのはここのことだったかッ!

疑って悪かったおじさん、あんたは正しかった~!

と滑りながら降りていくと

 

P1000085

③登山口の看板がありました。

ふう、ようやく急降もおわりのようで、普通に杉林を歩き出します。

と、すぐに神社の屋根が見えてきました。

どうやらゴールのようです。

P1000089

いやあ、楽しい登山だった。

 

あとは歩いて山田公民館に戻るだけ。

道路を30分ほどあるいて、公民館に無事到着。

2時間50分ほどの山歩きでした!

 

☆参加者☆

ロト

赤汁

 

★気になる一枚★

 

「ムッシュムラムラわきあいあい」

 

 P1000094

 

 

  • モニやん

    お疲れ様でしたぁ~
    …て、熊に出会うの期待しまくりじゃないですか!!(笑)

    熊は人間を襲う時、まずは目(ギロリとしていて熊にとっては怖いから)、
    次に肉付きがよく柔らかいお尻にガブリつくらしいですよ~

    石見銀山ダチョウ倶楽部…謎すぎますねww

  • ロト

    もしやダチョウの飼育をしているのかッ!と、
    鼻息荒く飼育小屋をのぞきこみましたが
    ニワトリしかいませんでした。残念。

    今日の新聞にも熊出没の記事が載ってましたね。
    みなさん、熊には気をつけましょう。

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑