ツアー&イベント レポート


トムラウシ山 (北海道,2141M ) 2010年7月20日

プロ研究所

前夜まで降っていた雨は明け方には止んでいました。朝3時起床。身支度を整えて国民宿舎を出発です。他の登山客も続々と出発して行きます。

短縮登山口の駐車場は思っていたより遙かに広く、30台は停められそうでした。

4時11分、短縮登山口出発。平均年齢60歳超のパーティーだし、長丁場なのでばてないようにゆっくりです。本日山頂を目指すのは、6名。残り3名は行けるところまで行って引き返す予定です。

短縮登山口



5時25分、カムイ天上。天上と言いながら、特に眺望が開けているわけではありません。

この先から登山道は新道になります。以前の登山道は渡河が多く、事故が多発したので、新しい道を作ったそうです。以前よりも多少時間はかかりますが、渡河は1カ所になりました。

通行止め



道は予想通りドロドロです。これのどこに足を置けと?と言う場所が何度も出てきます。気をつけていても滑って、何度か泥の中に足を突っ込みました。靴もスパッツも泥だらけです。後ろを歩いていた知らないおっちゃんが、奥さんに向かって怒っていました。

「これは登山道じゃない!田んぼだ!」

そうかもしれないけど、田んぼよりは浅いよね。

泥道

途中で足を置く場所を考えるのが本気で嫌になりました。今日の天気でこの状態だったら、昨日雨の中を登った人達はどんな目に遭ったのか・・・。



7時5分、コマドリ沢分岐到着(旧道と合流)。ここが唯一の渡河地点です。この手前で100メートルほど一気に下りました。帰りの登り返しが恐ろしいです(← 本当にきつかった)。

コマドリ沢分岐

登山道はこの後から石と岩がメインになるので、ドロドロ道はここまでです。



雪渓は予想していたよりも小さく、持ってきていたアイゼンを装着するまででもありませんでした。1週間前だったら必要だったのかもしれないけど。雪渓の上を通る風が冷たくて心地よいです。

雪渓



このあたりから花が増えてきます。北アルプスあたりを歩いている気分になります。


コマクサ

こまくさ


ツガザクラ・・・だっけ?

つがざくら


よく見る花ですが、名前忘れました。

DSC02276



8時丁度、前トム平到着。いきなり風が強くなり、寒くて仕方ありません。全員雨具のを着込みました(写真に写っているのは全く無関係の人達です)。

前トム平



誰も名前を知らなかった花。ものすごく小さいです。

名前を知らない小さな花



リンドウの仲間であることだけは間違いないでしょう。

リンドウ



ガスって視界が悪いので、道を確認中(GPS持参してます)。

確認中



トムラウシ公園。

トムラウシ公園



幻想的です。あちこちに花が咲いていて、うん、たしかに公園だ。

花と池



稜線へ上がる手前も花畑です。晴れていたらすごいんだろうなぁ。

トムラウシ山頂はまだガスで見えません。ここで最後の休憩を取りました。

稜線手前


ここからひたすら岩場の登りです。時折、耐風姿勢を取らなくてはならないほど強い風が吹きます。風が無いと意外と暖かいのですが・・・。


10時20分。ようやくトムラウシ山頂。6時間10分かかりました。でも、全員無事登頂王。おめでとー!

トムラウシ山頂

しかし、眺望はゼロです。ゼロ!寒いので、証拠写真を撮ったら即撤退。

10時32分、下山開始。



稜線から少し下ったあたりで晴れてきました。トムラウシ山頂は相変わらずガスの中ですが・・・旭岳方面が見えます。

DSC02303



ガスの中だったトムラウシ公園もこの通り。そうか、こんなところだったのか!

DSC02311



登ってる時には、こんな花が咲いていたのも気づきませんでした。もちろん名前は知りません。

DSC02313



もちろんこの花も見落とし。

DSC02315



下山は足を動かすのが精一杯だったので、あまり写真は撮れませんでした。と言うか、同じコースをピストンだったので、つまらなくて撮らなかったんですけど。

太陽が出たせいか、泥道は登っている時よりもかなりマシでした。でも、何度かはまりました。


午後3時22分、短縮登山口到着。

合計11時間10分の山行でした。感想はですね・・・とにかく、長い!これに尽きます。泥道じゃなかったらもう少し早く登れたのかもしれませんが、快晴だったらそれはそれで凄く暑いんじゃないかと思います。いずれにせよ体力がいります。水は合計で3リットル持って登りましたが、500ミリリットルほどしか残りませんでした。途中に水場はありますが、気分的には煮沸しないと嫌な感じ。

今度は、お天気(←これ大事)の時に旭岳から縦走してみたいなと思いました。

  • 隊長

    素晴らしい!!さすがプロ
    羨ましすぎる!!

  • プロ?

    北海道の山は楽しいですよ~。
    島根からは遠いけど。

« »

Copyright © 2021 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑