ツアー&イベント レポート


2010-9-18 玉峰山登山

活動記録

西穂高に行かない居残りメンバーで、島根県奥出雲町の玉峰山に登りました。

最近、遠出とハードコースが続いていたので、程良い近場(出雲からみて)で、歩き易いコース、歩行時間も2時間程度の初心者コースを企画です・・・滝も有り。

※自分は今年の6月に一度登りました。もう一度、登りたかったので。

10時40分、亀嵩温泉に集合・・・ 遠くは鳥取のぼんさん、境港のやんさん、かぁ先生、遠い所ありがとうございました。

亀嵩温泉から玉峰山登山口入口まで、乗り合わせで移動。車で5分程で到着。

到着後、登山準備・・・・クマ除け対策に鈴を付け!

木陰の中、程良い涼しさだったが、少しじめじめしていたような。・・・登り始めると汗が出るかな?

11時10分、登山開始。

歩いて5分、直ぐに一つ目の滝:雄滝にに到着。最近、雨が降らないので水量が少なかった。


雄滝









程良いマイナスイオンの浴びて、ふたたび登山開始。

※初心者の人がいるので20分歩いては5分の休憩。

山道を登って行くと、大きな岩が有る・・・バクチ岩。

さらに登って行くと、分岐が有る。山頂を登るコースとコウモリ岩の有るコース。取りあえず一行は山頂を目指す!

さらにさらに登って行くと身体がようやく通れるほどのすき間のある巨岩の小窓岩がある。

小窓岩を抜けて、15分ぐらい登ったら山頂に到着(12時15分)。

先にご年配の夫婦の方がおられたので、記念撮影のお願い。

年配の方の写真を写す掛け声が、「いち、ニコ、ニコ、さんこ!」と、 皆がつい笑い出してしまい、笑顔のある記念写真になりました。

山頂にて









山頂は開けていて、景色はまずまず、遠くを眺めるにはちょっと木々が邪魔かな!

昼食タイム・・・なぜか職人が、テントを組み立て始めた・・・今夜、山頂で泊まるんですか?・・・組み立てを手伝うかぁ先生とアッキーナ!

テント組たて





13時20分、下山開始・・・ 木々の中、整備された少し急な段々を下り雌滝に向かう。

途中、分岐が有り。糸滝コースと雌滝コースに分かれ、滝が有るいうことで、糸滝に向かう。

100m歩いたら水が流れる音が・・・・看板は有るがどこ?・・・向かいの崖から少量の水が流れるのが見えた。良く見ないわからない。

来た道を戻り、雌滝に向かう・・・この滝も水量が少なかった。


雌滝






雌滝を見てから車を止めた登山道入り口に向かう。

登山道入り口に無事、到着・・・森の熊に会えなくて残念でした。

片付けた後、最初に集合した亀嵩温泉に戻り、今日の疲れと汗を流しました・・・職人は予定があるため、温泉に入らずに帰宅・・・お疲れ様でした。

解散前にみんなで、温泉隣にある野菜直売店で、「くま笹入りソフトクリ-ム」を食べて帰りました。・・・味の感想は、若草の香り?畳の風味?・・・亀嵩温泉に行った時は、是非食べてみてください。

本日の一枚








本日の一枚・・・岩を持ち上げる職人


e383abe383bce383881

<参加者>

マツバラ

だんちゃん

ぼん

かぁ先生

みぃ

やん

きよちゃん

ランディー

アッキーナ

職人

マッキー

はら店長

  • しょくにん

    「1個、2個、サンコン!」はギニア共和国出身のオスマンサンコンの
    得意技!山頂でサンコンに会いたいです。

  • アッキーナ

    職人さんのテントから藺草の香りがしてました(´艸`)

  • やん

    お疲れ様でした
    なんか妙に眠くてダルイとおもったら
    熱ありました おもわず山頂で居眠り

  • はら店長

     登山をされた皆さん、お疲れ様でした。
     今回も無事に登山が出来て良かったです。
     やんさん、体調が悪い中、参加ありがとうございました・・・ご苦労様でした。

  • かぁ先生

    今回も皆さんの介護支援、ありがとうございました。

    ところで、やんさんはすごく静かでスナフキンみたいな人だなーと思ってたら
    お熱があったのですか?お疲れさまでした。

  • やん

    かぁ先生
     スナフキン良いですね そんな風に生きてみたいです
     ”長い旅に必要な物は 大きな鞄じゃなく 口ずさめる一つの歌”
     
     何故だか微熱が治りません

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑