ツアー&イベント レポート


2009.7.18 富士山 (一日目)

活動記録

p71800761

今回のまめ登山部は、待ちに待った富士山ツアー。

参加者は9名

このうち初挑戦は6名

目標はもちろん全員登頂!!

そのために毎週のように近場の山を歩き、トレーニングしてきた

絶対達成してやる!!

今回は途中、山小屋泊なので体力的には余裕でいけるはず

不安要素はケガと天候と高山病

こればっかりは登ってみないと分からない

登山ルートは須走口

6合目瀬戸館で泊まり山頂を目指す

御来光も見れるはずだ

7/17 22時00分、出雲出発

p7170001

車2台で徹夜でひたすら高速を走り

p7180026

翌朝、富士急ハイランド横を通過し

img_3885

8時30分、頃山中湖に到着

時折小雨も降り、天気は良くない

山頂は雲の中だ

明日晴れてくれればいいんだが・・

10時00分、ちょっと早いがここで朝食と買い物を済ませ5合目の登山口へ移動する

登山口駐車場は狭いらしい

止めれない車は道路に路肩駐車で

その場合、列はどんどん下に伸び歩く距離は長くなる

そんなのいやだ!

というわけで12時頃に行けば前日の登山者が降りて来て

入れ替わりで駐車場に止めれると見たが

p7180049

登山口に近づくと前日駐車場に止めれなかった車の列が・・

p7180051

11時00分、5合目<2000m>

いいタイミングで無事駐車場に入れました

img_3887

目の前に山頂までの富士山

img_0102

鹿発見!!

img_3890

背後は雲海

みんなテンションが上がってきた

ここで気圧に慣れなければいけない

p7180075

袋こんなだし

時間もまだ早いし、運転疲れもある

ここでしばらく自由行動

img_38931

登山口には土産物屋が並んでいる

先に土産買お

すると店のおじさんに「小富士まで20分で行けるから行ってみれば?」

と言われた

面白そうなので行くことに

なばさん、はらくん、ウッチー、小隊長、私の5人で登頂を目指す

林の中を歩き始めてすぐ、なばさんが足をひねってしまった!

かなり痛そう

このあと富士山登山本番なのに、こんなプチイベントでケガとは

はらくんと共に足を引きずって車まで引き返す

大丈夫かな

残り3人で小富士を目指す

林の中を横に進むこと20分

視界が開けると小富士が現れた

img_0106

・・これか

とりあえず登頂した

p7180076

13時00分、登山スタート

今日は瀬戸館まで行くだけ

(本当はもっと上まで登りたかったが宿が取れなっかったのだ)

ゆっくり歩けばいいが、なばさんのケガが心配だ

img_3899

林の中を進む

いつもの山歩きの様だ

img_3915

林を抜け

14時56分、新6合目<2450m>到着

p7180094

風が強い

p7180108

15時30分、瀬戸館到着<2700m>

初めての山小屋泊、面白そうだ

寝床に案内された

img_3921

屋根裏に9人か・・うわさには聞いていたが確かに狭い

荷物を置き着替えた後

早速夕食をいただく事にした

16時00分、夕食

山小屋の食事ってどんなんだろうと思って食事部屋に行くと

徳さんすでにビールを飲んでらっしゃる

旨そうじゃないですか!!

img_3928

みんなもビールを注文し乾杯

img_3932

夕食はカレーライス(おかわり自由)だ!!

おかずはサラダ、きゅうりの漬物、福神漬け

美味すぎる

17時00分、食事も終わりそれぞれ自由行動

しかしまだ時間早いし・・やる事が無い

もう寝はじめるメンバーもいる中

やすださん、小隊長、私の3人は小屋からすぐのところにある溶岩洞窟に行くことにした

山小屋でライトを借りて洞窟に入る

入り口は狭く地面を這って行く

中は人が立てるほどの高さみたいだが真っ暗でよく分からない

やすださんと私は頭を天井の岩で強打してしまった

小隊長は無傷、ラッキーとって笑っている

img_0257

突き当たりに祠があった

登山の安全をお祈りをする

img_01201

洞窟から出て入り口横の石碑を良く見ると・・

ここは胎内洞穴で安産の御利益があるらしい

俺ら男3人のお祈りっていったい・・

まだ時間を持て余している3人

下山道を見ると砂走りを下っている人が見える

7合目から下りが始まっている様だ

下り終えた辺りからここの小屋までの道もある

まだ元気な小隊長、この景色を眺めていてひらめいた

これからいっちょ砂走り走ってみるか!!

img_0123

やすださんと小隊長は7合目に向かって登っていった

マジですか!?

一応私はここから走る姿をカメラ撮影することになった

ここから登ると一時間はかかるだろうから

たぶん途中で引き返すだろう

ひたすら待つ

まだ引き返して来ない

風も出てきたし、二人は手ぶらで歩いてる

なんだか心配になってきた・・

待つこと1時間、暗くなり始めたのでライトをもって助けに登ろうかと思っていた時

砂走りスタート地点に二人の姿が

ほんとに行きやがった!!

img_0127

下山スタート

楽しそうに走ってます

15分ほどで下まで走り、

この山小屋までの道をまた登らなければならないのだが

とうとう小隊長がバテた様だ

(事情を知った山小屋の方がブルドーザーで救出に向かって下さいました

大変お騒がせ致しました)

19時00分、無理やり就寝

img_3936

すし詰めの屋根裏で果たして寝れるのだろうか?

明日の天候は回復するのか?

なばさんのケガは?

高山病は大丈夫か?

全員登頂できるのか?

多くの不安要素を抱えたまま

2日目に続く・・

<参加者>

はらくん

ひーこ

スーザン

ウッチー

徳さん

やすださん

なばさん

小隊長(はぐれメタル改め)

隊長

  • v84ied Excellent article, I will take note. Many thanks for the story!

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑