ツアー&イベント レポート


ぼんのGW九州紀行 ⑩碇山 2011.5.3

ぼんのカレーは別腹です

さて、大分市にきたからには、ひとつやっておかなければならないことがある。



実は九州に旅立つ前… 低長からひそかにミッションを依頼されていたのです。

「旅の途中でTOP5シリーズの低山があれば踏んでみてよ」



なんてスパルタな… まぁ、そりゃ当然行くけども!  ぼん改め…てん出陣じゃあ!!



というわけで、目をつけたのはここ。

大分県最低峰碇山(イカリヤマ、56m)だ! →top5に行ってみよう!! 大分編

 l1


[googlemap lat=”33.20879268451847″ lng=”131.62396922707558″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]33.208793,131.623969[/googlemap]



まずはまめHPの情報を頼りにアプローチ。 ほうほう、滝尾駅の裏手か。

神社も公園もあるし、見落とすことはなさそうだ。



まずは車を停めようと滝尾駅に行ってみるが、小さい駅なので駐輪場しか見当たらない。

停められそうなスペースを探して山の周囲をぐるり一周していると、農道から碇山の全体を見ることができました。

DSC01322

おお~。 いかにも低山オブ低山といったこんもりフォルム。 ど~ですか低長低王低みなさん



しかし農地と住宅街に囲まれてて、どこにも駐車場がないぞ~。 道も狭いし。

うーむ。。 周りにコンビニやスーパーもなさそうだし…とりあえず神社に向かってみるか。



入口にはでっかい鳥居。 ここから山頂まで舗装路が続いているようです。

DSC01323

「熊野神社」と書いてある。



よく見たら鳥居をくぐった右手に小さな公園があり、トイレ・駐車スペースがありました。

ここに車を停め登山開始。 案内板を確認します。

DSC01324

あれ?「碇島」だって。 確かに島のような形にも見えるけど、昔は海に浮かぶ島だったんでしょうか。



戦没者の慰霊碑を左に見ながら行くと… 

DSC01325



最初のカーブの先にあったのは「朝日寺」。 「あさひくん」はいないけど。

DSC01326



次のカーブの先には社務所と「平家石」。 これ彫るの大変だったろうなぁ。

DSC01328



鳥居の真ん中をくぐり、先へ。 (ほんとは一礼してから端っこを通るんだそうです…無知ですいません)

DSC01329



現れた巨大な岩の前にはお地蔵様が数体いらっしゃいます。

DSC01331



その少し先に、一伯公廟所(墓所)がありました。

DSC01332

一伯公というのは江戸時代初期の大名・松平忠直のことで、

大坂夏の陣ではあの真田幸村を討ち取る戦功を挙げた人物だそうです。 ほへえ~。




最後のカーブを曲がると…

DSC01334



立派な神社がありました! これが熊野神社かぁ~。

DSC01335



安全祈願。 減量成就。。。

DSC01337



広々とした境内にはキレイな花が咲いています。 

DSC01338



神社の裏手に回ると、大分市街地の申し分ない展望が広がっていました。

DSC01339



内陸方面にも展望。 天気さえ良ければ、九州の名山を望むことだってできるかも?

DSC01344

低山ながらこれほど眺めの良い山、そうはありませんよ~。




頂上らしき目印はないかと探すと、ありました。

DSC01340



では、証拠写真ぱしゃり。 これでミッション・コンプリート!

DSC01343


 

 

 

 

 

参加者

 

 

てん

 

 

 

 

 

下山していると、地元の方々が数人登ってこられました。 途中の祠に手を合わせておられたり…

ファンに大事にされてる低山なんだなぁ。。 イカリヤマ

 

 

 

わくさん

 

 

さあ、はりきって…

「次行ってみよう!」

 


“ぼんのGW九州紀行 ⑩碇山 2011.5.3” への4件のフィードバック

  1. 低長 より:

    な なんて整った低峰なんだ・・
    てん ぐっじょぶ!

  2. てん より:

    大分の低ーマパークは、アトラクションてんこ盛り!
    なかなか面白かったですよ~ヽ(・∀・)ノ

  3. 低長 より:

    ご低寧にありがとう

  4. てん より:

    どういたしマジ低!

コメントを残す

« »

Copyright © 2023 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑