ツアー&イベント レポート


2011.12.11 考霊山

活動記録

雪降ってしまいました。

なので雪深いであろう皆ヶ山は急遽中止にし、

鳥取県米子市内からよく見える山、考霊山(コウレイサン 751m) 別名 瓦山(カラヤマ)、韓山(カラヤマ) に

(たぶんこの標高なら雪は大丈夫だろうというゆる~い推測により)目的地を変更だ。

35.438156,133.479466


集合場所は考霊山近くの「むきばんだ史跡公園」(最初「むきぱんだ」と読んでしまった人は絶対いるはずだ!)の竪穴式住居

パンダちゃん

寒さをしのげるシブい集合場所だ。

DSC05729

この中で「くるくるぱんだ」を見上げながら全員揃うのを待つ。

今日の参加者は8名。体験入部のマダムは登山経験者なので心配は無いでしょう。


ここから見る考霊山。

DSC05723

手前の電波塔のあるピークはともかく、奥の主峰は見事に雪化粧・・。

推測は外れたようだ。

しかし、まあ、でも、うっすら地面が白くなってる程度でしょう・・。大丈夫大丈夫。


この公園に車を止めさせていただき(許可もらいました)

ここから車2台に分乗し登山口に移動する。


「孝霊無中」と書いてある場所から山へと続く道を行くと駐車スペースがあった。

ここに車を止めて登山準備を始める。

DSC05731

ここでぼんが痛恨の凡ミス。登山靴を忘れてきてしまったのだ。

いつも登山口で履き替えているので、到着するまで気がつかなかったらしい。

仕方がないのでこのままスニーカーで歩くことになった。気をつけて歩いてください。


9:37、登山開始。

DSC05734

まずは舗装道路をてくてく歩く。

この道は山頂の無線中継所まで続いている。もちろん一般車両は進入できない。


右手に見える海を見ながら高度を上げていく。

景色のいい道だ。

DSC05735

20分ほど登っていくと、道路は雪に覆われてきた。

DSC05739

思ったより積もってますな・・。

さらに登っていくと。

DSC05745

なかなかの積雪だ・・。


10:35、無線中継所のある山頂付近から主峰へと続く登山口に到着。

足元は20cm程度の積雪。想像以上に厚化粧だわい・・。

DSC05750

そしてあれが考霊山。

これはもう立派な雪山登山になりそうだぞ。

DSC05752

どうしよう・・。

天気予報によるとこれから天候が悪くなることはないようだ。

風もないので体力的にも心配は無いだろう。

特に雪山装備ではないが、このままいけるところまで行ってみましょう。

スニーカーのぼんはアイゼンを装着。

DSC05795

・・かっこいいぜ。

さらにレインウェアを着込み出発。

舗装道路脇を下りていく。

DSC05753

雪上には踏み跡が続いていた。

どうやら先行者がいるようだ。

道がよく分からないので足跡をたどって行こう。


雪をまとった木々が美しい。

DSC05754

景色はいい感じだが、足元の状態は悪い。

DSC05757

足跡とテープを頼りに慎重に歩みを進める。


斜面を下りきり、やがて鞍部に到着。

木にはジャケットが掛けてあった。

DSC05758

先行者のものだろうか。

目印のためにジャケットを? 単独か?

まあいいや。

ここで一旦休憩。

DSC05760

今日のよっしーはクリスマスバージョン。12月にふさわしい帽子である。

アイゼンぼんもなんとか来ているようだ。


さて、ここからは登りになる。

DSC05761

前方に続く踏み跡をたよりに進んでいこう。

結構荒れているみたいだけど・・。


踏み跡は斜面をトラバースしながら続いている。

DSC05763

進んでいくと下山するおじさんとすれ違った。

単独で入るとはかなりのベテランなのだろう。

DSC05764


やがてやや開けている小ピークにたどり着いた。

山頂まではもう少しあるな。

DSC05765

がんばりましょう。


ここから一段と傾斜はきつくなる。

DSC05768

山頂に近づくにつれて雪深くなり、

やがて道は雪で埋め尽くされ役目を終えてしまった。

先行者も道に迷ったようだ。

ここからはもう適当に上へ登ってしまおう。

なにやら前方にコンクリートの壁を発見。

DSC05774

その上に続く階段を上がると考霊山と書かれた杭があった。

ここが頂上のようだ。

11:30、山頂到着。

DSC05775

なかなか手ごわい道だった。

360°の展望があるが、あいにくの空模様なので見通しは悪い。

大山も厚い雲に隠れていて見えなかった。

DSC05780

一応三角点を捜してみると、

DSC05791

雪の下に発見!



山頂で優雅に昼食にしようと思ったが、

座る場所ないし、なかなかお湯は沸かないし・・

という訳でここでのランチは中止。

その代わりに登頂記念雪だるまを作ることになりました。(意味分からんとは言わないで)

DSC05779

今シーズン最初の雪だるま。

さまざまなアイテムで命を吹き込みます。

DSC05786

かわいらしい「霊子」完成。

そして記念撮影。


DSC05787

「第2号はどこの山頂に現れるのでしょうか。この冬のスタンダードになりそうですね。うふふふふ。」と霊子は言う。

(ここまで振られて黙っているマメンバーはいないはずだ。新シリーズ開始です!)



さて、寒いのでそろそろ下山。

山頂に一人残る霊子との別れを惜しむみなさん。

DSC05792

「春まで溶けるなよ」と祈りながら山頂をあとにする。

DSC05796

下山は楽だ。

ひょいひょい下り、あっという間に鞍部に到着。

ここで小休止。喉を潤す。

DSC05800

そして最後の斜面を登り返し、

12:30、登山口の舗装道路に到着した。

アイゼンぼんもピコッケルを使い無事生還。

DSC05806


雪山には欠かせないスノーギアになりそうだ。

DSC05793

ぼん専用 ピコッケル 「まめピコ デラックス」


あとは舗装道路を下るだけ。

雪を投げあいながら、

DSC05812

わーいわーいと下っていったのでした。



無事に下山で今日は終了。

往復3時間30分の雪山登山となりました。

なかなか面白い山登りで今年のツアー登山は終了です。

来年はどんな山が待ているのか。

来年3月頃にお会いしましょう。

よいお年を~!!



e383abe383bce383881

<体験入部>

マダム

 

<参加者>

キャディーちゃん

Qコーチ

よっしー

ぼん

アッキーナ

マッキー

隊長

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑