ツアー&イベント レポート


太々山(だいだいやま)【紳士と執事の山旅】 2011.10.07

ロトの冒険

出雲地方の名のある山全制覇に向けて踏み出そう!

今回は出雲市大社町鷺浦にある太々山だ!!

35.431232,132.677422

ゼントルにいくぜ、ゼントルにな!

 

天高く馬肥ゆる秋、

先日は大山でボランティア活動に汗を流したゼントルマン。

今日は執事ロトと共に出雲市大社町の『太々山』へと向かった。

歩き出す
ゼ「しかしこんなさみしそうな山に一体何があるというのだね?」

 

ミサキボンさん
山には行きたいと言ったが、

あんまりにもマイナーな執事ロトのセレクトに

しょっぱなから少々お怒り気味のゼントルマン。



ロ「まあまあ、旦那さま。

何事も手を付けて見なくちゃわかりませんよ。」

とかなんとかなだめすかして登山を開始する。

 

鳥居の前を進むひっそりとたたずむ鳥居を横手に、

道がみえません
かろうじて道とわかる登山道を歩いて行く。

 

やがて谷沿いの杉林に至ると、

杉の急斜面
かなりな傾斜のある斜面をジグザグと登る。

 

 

ゼ「ぜぇぜぇ…こら!執事!!

ぜぇぜぇ…速い、速すぎるぞ!!

私が先日、ぜぇぜぇ…慣れぬ作業で疲労困憊なのがわからないのか!!」



ロ「いえいえ、旦那さま。

それは日頃の運動不足と歳のせいでございますよ。」

と切り返したいのはヤマヤマだったが、そこはぐっとこらえ、

なだめすかして登山を続行する執事ロトであった。

 

尾根についた
きっつい登りも何とか終わり、

尾根道にたどり着いたゼントルマン一行。

ところが、



ゼ「ちょっとロトくんロトくん、君ねェ、何年私の執事をやってるの

えぇ?わかる?わかってるよねぇ?」

と、かなりお怒りのご様子。

まあ、何の楽しみもない行程だったので

ゼントルマンの怒りもごもっともである。

 

しかしッ!

こっからがこの山の本領発揮なのだ!

きっと楽しくなるから乞うご期待なのだ!!

と、またもなだめすかして登山を何とか続行する。



すると間もなく太々山最初の絶景ポイントである大岩にたどり着いた。

大岩

するとこれには、



ゼ「おお、執事!さすが、わかっておるではないか!!でかしたぞ!」

ゼントルマン、ご機嫌急上昇である!

 

さっそく岩に取り付くと、スルスルとてっぺんにまでたどり着いた。

まんぞくゼントル

そこからは、遥か日本海が一望できる。 

日本海~
よおし、機嫌がいいうちにさっさと進んでしまおう。

ロ「ささっ、旦那さま。次へ、次のスポットにまいりましょう。

次はたぶん絶対にもっとすごいですよ、きっと。」



そうかそうかと岩を降り、さっそうと前を歩くゼントルマン。

のぼるゼントル

もはや前半の怒りなどミジンコほどもない。

すると一行の目の前に現れたのは、大きな岩がむき出しになった登山道である。

これは!
ゼ「こっ、これは…!」

閃いた

ゼントルマンにインスピレーションの神が舞い降りるのをハッキリと見た!

いやな予感がする…。



ゼ「大山にゴジラの背ってあるよね~?」

こっちがゴジラで

ロ「まあ、ありますねぇ~・・・」

 

ゼ「あそこってさ、こんな感じで

ゴジラの背

ゴジラの背中っぽいからだよね~?」

ロ「え、ええ、そうだと思いますが・・・」 

 

ゼ「ところで、ゴジラの息子ってミニラだよね~?」

ミニラの背

ロ「ミニラですよねぇ~・・・」

 

ゼ「だからここは~

こっちがミニラダ

今日から『ミニラの背』と名付ける!

ゴジラの息子なんだから、ミニラだ!」

というわけで、ここは今後ミニラの背ってことでよろしくお願いします。



そんなミニラの背を越えると、太々山の山頂にようやく到着。

山頂到着
さっそく執事がお茶会の準備をしようしたが、

それを制してゼントルマン自ら準備を始める。

 

お店を開くゼントル
ロ「いけません、旦那さま。それは私のお役目で…」

ゼ「まあまあ、よいよい。座っておれ。

昔とった杵柄だ。たまには旨~い珈琲をいれてやろう。」

これには執事もはらはらと涙を流さずにはいられなかった。

そんなゼントルマンに『あれ』の時間がやってきたようだ。



ゼ「しまった!せっかくの素晴らしい珈琲を入れたのに

置く がないではないか!!」

 

ゼ・ロ 「ここは  『だいだいさん』  だというのにね!!」

だじゃれが嫌いではない執事ロトであった。

 

太々山

 

☆参加者☆

ゼントルマン(はら店長)

執事ロト(勇者ロト)

 

 

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑