ツアー&イベント レポート


孫三瓶山【SS課営業日誌】 2012.1.11

ロトの冒険

今年もSS課の営業をはじめました。

新年最初の営業先は孫三瓶山。

35.12749,132.621975

はりきっていってみよう!

 

2012年もスタートは東の原から。

午前10時ごろに着くと、ちょうどゲレンデの方から来る

スキーを履いたおじさんと出会った。

年間100回程度は三瓶に登る、というそのおじさんは

今女三瓶から降りてきたところだという。

「トレースは大体のコースについとるし、

このとおり雪も締まっているので・・・」

つぼ足でもはまることなく登れるのです、

ということを教えていただいた。

 

とはいえ、スノーシューで歩くためにやってきたもので

せっかく情報をいただいたのに恐縮ですが、

 

もちろん履きましたとも!!

履いて登りましたとも!!!

はまらないからさくさく登れましたとも!!!!

状況的には一昨年と同じ感じ。

 

今回目指すのは孫三瓶なので、

登山道が大きく「く」の字にカーブするあたりから

道を外れて森に入っていく。

そのまま斜面を登り詰めて

尾根上の820のピークに出る所謂ショートカットだ。

まごごそらさん?

コンパスで方向だけを確かめながら

ガシガシと踏み跡のない斜面を上がっていく。

こんなこともできちゃうのが

雪のついたフィールドのすごいところだ。

 

尾根上にたどり着くと、途端風にさらされる。

室ノ内から吹き上げてくる風は結構きつい。

 

時々グッと足を踏ん張る瞬間もありながら

歩きやすい稜線を進むと、

やがて孫三瓶が間近に見えてきた。

孫といえばたらちゃんです

直下から見る孫三瓶はやはり雪の壁。

新雪だったら登るのに相当苦労するだろうけど

今回はトレースもあるので、

とは言え、それでもきついところもありつつ、

孫三瓶山頂へたどり着いた。

 

孫という名の宝物

 

本当は子三瓶まで行くつもりだったけど、

午後から天気も悪くなりそうだし、

風がきついとあんまり楽しくないので

無理せず下山することにした。

 

ただ、今来たルートを引き返すのもつまらないので

三瓶温泉に降りるルートを選択する。

しばらくスノーシューを履いたまま下っていたのだが

トレースががっちがちで歩きにくいので脱いだ。

 

そろりそろりと歩き出すが、はまらない。

まあたまにズボッとはまるけど、

普通に近い感じで歩くことが出来る。

そのまま地図どおり下ってもよかったけど

シューを履きなおし登山道をまたも離れた。

そのまま尾根を歩いて杉林の中を滑り降り

元湯温泉そばに下山した。

 

そして、志学の街から東の原まで

歩いて帰りましたとさ。

 

sannbe

 

☆参加者☆

ロト係長

 

★山データ★

孫三瓶山(マゴサンベサン)

標高:903m

所在地:島根県大田市三瓶町

 

三瓶山を構成する峰々の一つで

ふもとには三瓶温泉がある。

・・・ぐらいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2021 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑