ツアー&イベント レポート


森田山 【なりゆき三瓶外輪の旅】 2012.04.29

ロトの冒険

その日は、朝から三瓶登山に向かう予定だった。

しかし予定はもろくも崩れ去る。

急な仕事が入り、午前中一杯は拘束されることに…。

正午過ぎ、

何とか仕事を終わらせた私の前には選択肢が二つ。

家に帰るか三瓶に行くか、である。

しばし迷い、とある言葉を思い出した。

ていのいいいいわけ
よし、行きますかな!



んで、三瓶に到着したのは午後2時すぎ。

みんなどこらを歩いてるのだろう?

連絡を取ろうと思ったのだが見事に圏外!

孫さん、何とかして!

ならば降りてくるのを待っていようかと思ったが、

いかんせん、じっとしているのは性に合わない。

なので、三瓶外輪の未踏峰に挑むことにした。

北ノ原から近いのは、森田山。

35.158828,132.613821

サヒメル駐車場からレッツゴー!

 

しばらく道路を進み、

芝生広場の駐車場を越えたあたりで

突入
道はないけど突入してみる。

まだまだ下草も柔らかく、

薮と呼ぶほどのものではないので歩きやすい。

と、調子にのってあるいていると、

突然スネにガリリッとイヤな感触。

そこには朽ちかけた有刺鉄線があり、

スネからは見事に流血。

油断大敵である。

 

やがて、頂上に至るであろう尾根に取り付いた。

おね
道、らしきものがあることはある。

かつてはここにも登山道があったようだ。

とは言え今は好き放題に伸びている灌木のおかげで、

歩けるところを縫って歩くことしかできず、

ただひたすらに上を目指すことに専念する。

 

と不意に視界が開け、山頂に到着した。

山頂
といっても展望はほぼない。 

かろうじてサンベ

樹間から男三瓶が見えるぐらいだ。

鳥獣保護区であることを示す看板と、

なぞのコンクリ柱のある山頂を後に

南西に伸びる尾根を降りていくことにした。

 

ここもかつて登山道だったのだろうか。

時々石垣が組んである。

ときどきいしがき
そしてナゾのコンクリ柱も時々現れて、

道標がわりになってくれる。

そして、たどり着いたのは芝生広場。

ごーるは芝生広場

ぐるっと一周森田山であった。

 

もりたもり


さあて時間も潰れたし、

そろそろみんな降りてくる頃なんじゃないか?

つづく

 

☆参加者☆

ロト 

 

★山データ★

森田山(モリタヤマ)

標高:664m

所在地 :島根県大田市三瓶町

 

三瓶カルデラの外輪を形成する山の一つである。

しかし、メジャー感は全くなく、

マイナリスト感あふれる山である。

道も定かでなく、展望もほとんどないので

あえてオススメはしないが、

三瓶山完全制覇を目指すアナタなら

ぜひとも押さえておきたい山である!

  • みっしゃん

    ホントに登ってたんだ・・・
    調子にのってしまった末の傷だったんだ(仕事の犠牲かと思った)・・・
    つづいちゃうんだ・・・( ^^) _U~~

  • よっしー

    つながらない幸せもある
    山中で仕事のコール・・・
    そんな人もいた(-ε-)

« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑