ツアー&イベント レポート


断じてブロロロではないですよね登山 臥竜山 2012.4.27

ぼんのカレーは別腹です

週末仕事だったため、休みがとれた金曜日。

くじゅうツアーの練習のため、西中国山地にでかけることにしました。


34.690186,132.196746


出発が遅れたため、現地入りできたのは夕方になってから。

中国道・戸河内インターで高速を降り、とりあえず北へと向かいます。



短時間で登れる山となると、どうしても限られてくる。 広島県版「教科書」とにらめっこ…

深入山も優美でいい山のようだけど、以前しょくにんがレポ書いていたので泣く泣くパス。

「目指せ1000座」貢献のため、登山部としての未踏峰踏んどかないと。




時刻はまもなく17時。 三段峡の観光でもして今日は寝るか… とあきらめかけた頃、

目に留まったのが臥竜山(がりゅうざん・1223m)。 よく見ると山頂近くまで林道がのびているぞ…しめしめ。

DSC06679 DSC06680

うふふ、ここならいけそうだ。




思惑通り、林道終点にはしっかりと登山道が通っています。

しかも名水ポイントまで発見! 幸先良し。

DSC06665 DSC06666

ブナ林の水なので、とっても美味しいのだ。



ところでこの「臥竜山」、聞き覚えのある人も多いでしょう。

数年前、とある不幸な事件の現場となった山ですので…

DSC06667

それでも変わらぬ、山は山。

イメージにとらわれすぎず、人々に安心して登られる山であってほしいものです。



さてと… 時間はない、行程は短い。

軽身でぽっぽと登ってしまいましょう!

DSC06668



木の根の露出した急斜面をぐいぐい登り、

DSC06670



ずいずい登り、

DSC06671



ブイブイ言わせ、

DSC06672



500秒ほどで、大岩の座す山頂に到着です。

DSC06674



一等三角点本点。

DSC06675




岩があると登りたくなるのが男ってもんよ。

DSC06682

展望はそんなに優れないけど、やったった感は大きいですな。




臥竜天晴に映える美しい夕日をしばし眺めたら、下山。

DSC06684 (あれ、「画竜点睛」だったっけ…?)






ちゃーんと登山道歩いたんだし、所謂「ブロロロ登山」じゃないよね、うん!

と強引に納得する、ぼんなのであった。












 

 

 

==参加者==

 

 

 

 

ぼん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は道の駅「来夢とごうち」にて車中泊。

次に車買うなら絶対フルフラットにできるやつがいいな、うん…

 

 

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑