ツアー&イベント レポート


2013.7.21 先崖!!豆塾第七弾! 大山東方八連制覇

活動記録

さてと、ラジオでも聞いてみようかのう。

「みなさんこんにちは。シリアの油の時間です。

今日も暑いですねぇ

うふふ

うふふふふ

あははははは

がははははははははははー!!

お相手はキムアニキでした♪」

 

ぬぬぬ・・なんだこの番組はぁぁぁぁぁぁ!!

7211

 

こうなったら第七回豆塾は大山東方八連制覇じゃ!!

(船上山~勝田ヶ山~甲ヶ山~矢筈ヶ山~野田ヶ山~振子山~三鈷峰~宝珠山 縦走)

塾生どもよ、暑さに耐えて歩ききるがよい!

35.431862,133.59787

 

 

近年まれに見るイミフで始まった第七回豆塾。

このくそ暑い最中、こんな馬鹿な山行に挑むのはみっしゃん、アッキーナ、隊長の3人の塾生。

 

5:00、大山情報館に集合しエスケープルートの川床を下見する

先週の豪雨では橋は見事に崩壊しているが水量は少ないので川を渡れば問題なく歩けそうだ。

DSCN5622

エスケープは予定通りここでOKたな。

 

6:09、船上山登山口からいよいよスタート。ストックを忘れたみっしゃんは備え付けの杖をお借りしてGO。

 DSCN5626

序盤からあまりとばさないようペースを抑えてゆっくり歩く。

 DSCN5627

新築された船上山の避難小屋に入ってみよう。

DSCN5630  DSCN5631

立派だ!

DSCN5633

すばらしい設備!

 

 

先に進もう。

DSCN5635

縦走路をひたすら歩く。

風が無いのでやたらと蒸し暑い。

あちーあちー。

正しい姿勢でコーラを飲む炭酸大好きアッキーナ。

DSCN5637

いつまでも変わらずこの勇姿を見せて欲しいものである。

 

 

8:21、勝田ヶ山

DSCN5638

ここからは稜線歩き。風も当たってやや楽になってくる。

 

やがてこの縦走路名物ゲンコツの木(勝手に命名)が見えてきた。

過去2回、この木に頭を殴打された隊長。

ふふふ、誰かあの木にヒットしないかな・・。

ふふふ、さあ、誰か当たれ当たれ当たってしまえ~。

にやけながら様子を伺っていると、先頭のみっしゃんはひらりとかわして通り過ぎたてしまった。

DSCN5646

ちっ、かわしたか・・次はアッキーナだ。当たれ当たれ当たってしまえ~。

 

みっし「ここ気をつけてね」

アッキ「はーい」

なに!?

DSCN5647

アッキ「これですか隊長が頭ぶつけたのは。前を良く見ないと・・普通ぶつけませんよこんなので。」

DSCN5648

・・ナイス連携、どうやら私の負けだよ。ふふふ、ははは、はーっはっは。見事だよ君たち!!

 

 

9:38、ゴジラの背

何回きても面白い場所だ。

DSCN5652

そして甲ヶ山

DSCN5657

小矢筈を通過し、

DSCN5661

矢筈ヶ山に到着。

DSCN5662

ここでみっしゃんはエスケープを決断。ゆっくり山頂で景色を楽しんだあと、1人で下山することに。

お疲れ様でした。われわれは先を急ぎます!

って言っても目指すユートピア小屋ははるか彼方。暑さと疲労で急げるハズもなく・・・。

DSCN5663

 

 

11:34、大休峠

ここでランチタイム。しばらく休憩だ。

おや? なんだかアッキーナの様子がおかしい。

どうやらさっきの下りでスリップし、腰をひねった拍子に完治していないギックリ腰が再びOUCHになってしまったようなのだ。

DSCN5664

長 「行ける?」

アッキ 「大丈夫ですよ~。行きます。」

長 「ほんと?」

アッキ 「大丈夫ですよ~。炭酸があります。」

いったい炭酸にどんな効能があるというのか・・まぁ本人の意思を尊重しよう。

 

 

12:12、何も無い野田ヶ山山頂を越え、

DSCN5665

親指ピークを越え、

DSCN5666

ここで小休憩。

DSCN5667

腰の痛みからか、かなりお疲れのアッキーナ。

アッキ 「はぁ・・顔が汚れて力が出ない・・。」

長 「たいへんだ。早くアイスおじさんに新しい顔を焼いてもらおう。」

 

 

 

13:14、汗だくになりながらなんとか振子山に到着。

DSCN5669

 

ユートピア小屋までもう少し。

ここで別行動のEASYチームのみなさんはユートピア小屋に到着との連絡が入った。

あれかな?

おーーーーい!!

DSCN5670

必死に手を振るが誰もこっちを見てくれない。なんなんだ・・。

空しさに包まれながらとぼとぼ歩くHARDチーム。

そんな我々をお花畑が迎えてくれた。

DSCN5673 DSCN5675

 

 

ついに小屋にたどり着いた。EASYの皆さんはランチタイムのようだ。

DSCN5676

 

14:00、ユートピアで合流。

お待たせしました・・何とかたどり着きました。

DSCN5677

皆さんからおすそ分けをいただくボロボロのHARD2人。

ありがとう。生き返ります。

 

そしてアッキーナはアイスおじさんが焼いてくれた新しい顔に取り替えた。

_DSC0210

アイスおじさん

 

アッキ 「元気100倍! アッキーマン! さあ、三鈷峰にも行ってみよう!!」

 

とーーーーっと到着三鈷峰

DSCN5681

アッキ 「さあ最後のピーク、宝珠山に向けて出発だよーっ!」

元気良く飛び出したアッキーナだが再び腰が痛み出してしまった。

アッキ 「いたたたた。再びです。腰が痛くてスタスタとは歩けません。先に下りて船上山に止めた車を回収してきてください。」

あわわわわ、大変だ~。

 

 

 

 

・・とフィクションはこれくらいにして、実に緊急事態的な下山となってしまいました。(そのため写真も撮っていません)

それでもみなさんのおかげで何とか無事下山したアッキーナ。

幸いにも大事には至らなかったようです。

 

~EASYのみなさんへ~

HARD車を回収した足でアッキーナを乗せ、そのまま救急車と化して自宅へと向って先に帰ってしまいました。

EASYのみなさんにはろくに挨拶もしないまま帰ってしまい申し訳ありませんでした。

 

 

 

_DSC0210

 

did=321750&graph=1&w=480&h=500&lat=35.404105085075&lon=133.56619753543&minlat=35.375561645143&minlon=133.5297409505&maxlat=35.432648525007&maxlon=133.60265412037″ height=”682″ width=”482″ frameborder=”0″ scrolling=”no”>

 

 

あ、塾長のお出迎えだ。

一言お言葉を下さるようだ。

きっとほめてくれることだろう。

IMG_0734

「ワシが豆塾塾長、江田豆 平八であーる!

宝珠山はどうした宝珠山は!!

大山東峰八連制覇だというのに前回同様七座しか登っとらんじゃないか!!

ぬぬぬ!!!!  全員油風呂じゃー!!!!!」

し、しまった。また一座取りこぼしてしまったのか・・・。

 塾長の目は決して誤魔化せない

mamej

 次の開催はいつの日か・・

求むチャレンジャー!!

 

 

 

参加者

EASY

いわっきー(new)

こば(new)

しゅうちゃん

ナツ

キタロウ

オータム

グレイ

クロちゃん

ゆっきー

かにちゃん

きょうちゃん

みーこ

職人

ぼん

HARD

 みっしゃん

アッキーナ

隊長

 

 

暑さのためか手抜きレポの感は否めない・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • みっしゃん

    船上山の新築避難小屋。
    代表して2階を覗きに行ける特典はなぜか皆遠慮してしまいました。
    誰か改めてレポお願いします。

    小矢筈、矢筈の登りでは・・・
    あのひとももう少しメタボチックになればいいのになぁ~
    めたぼれめたぼれぇ~♪と思いながら歩いている自分がいました(^_^.)

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑