ツアー&イベント レポート


八ヶ岳ツアー! HARD-4

活動記録

 

無事にCRAZY,NORMAL2隊との再会を果たしたHARDチーム

この日の目的地と定めたのは赤岳鉱泉

残念ながら、当初計画の黒百合ヒュッテは総合的に判断した結果、断念です。

ここで一旦、みんなとはお別れ。

107

「お気をつけてー。明日、温泉で会いましょう!」

 

  

  

さて、我々も出発しましょうか!! と気合いを入れますが~、

あっけなく着いちゃいました。

11:25 横岳・奥の院(2829m)登頂です。

108

横岳だけに横になってみたら、あたるさんの頭で山名板が隠れてしまった~

ドンマイ。

さーてどんどん行きましょう!

まだもう少しだけ、イワイワ区間は続きます。

109

 

 

 

 

岩場大好きなみっしゃんも興奮気味

「イワイワイワ~イ!!」

110

しかし、程なくして荒々しい岩稜帯歩きも終わり、なだらかな尾根歩きに。

岩ガールもちょっとしょんぼり。

周囲はガスも出てきて、展望もありません。

111

そういえば、コマクサの咲き残りが1輪だけありました。

12:10 硫黄岳山荘に着きました。

さて、みなさんお待ちかねの昼食にしましょう!

112

早速中に入ってみると、登山好きにはおなじみのマンモスさん発見!

なんだかブルジョワなかほりがします!(笑)

114

ここの小屋、トイレも近代的ですごく綺麗でした。

暖か~い食事にほっこり。

115

今日の行程も短縮したので、だいぶのんびりできます。

こういう余裕、いいですね

116

美味しかった~、ごっつぉさんでした!

あとは、硫黄岳のピークを踏んで赤岳鉱泉へ下るのみ。

おっと、この方もようやく任務完了したようです。

もう行きますよー! 次の店で最後ですよー!

113

 

点在するケルンに導かれつつ、ガレた道を登っていきます。

117

 

 

 

 

ひと頑張りで、広々とした山頂台地へ到着!

頭上は雲、すぐ下は晴れ。 ちょっと不思議な風景が広がっていました。

118

13:30 我々HARDチームにとっては最後のピークとなる、

硫黄岳(いおうだけ・2760m) 登頂!

119

山頂に居合わせた方は、突然現れた馬に本気でビビっとられました…笑

120

さっき登った赤岳も、おでこ隠してこんにちは。

それをバックに仲良く撮影のダンディー・リリー夫妻。

121

前から後ろから、なぜだか人気のカメラマン

122

すると、何かを思いついた様子のリリーさん。

3人並んで撮るよー、と言いつつ…

だだっとフェードアウト!?

123

 

これで母子仲良しツーショットの完成だ!

リリーさんナイスプレーです。笑

124

いや~、楽しくてすっかり長居してしまいました。

125

下りかけに、赤岳山頂もちょっとだけ顔を見せてくれました。

あの向こうから、よう歩いてきたもんです。

126

こちらは今回歩くはずだった、天狗岳方面への縦走路。

このリベンジは、いずれまたしましょうや。

127

 

まずは赤岩の頭の砂礫地へ向かいます

129

ここから赤岳鉱泉へは、約1時間半の下りです。

130

なんだか気が抜けてしまいますねぇ。。

まぁいつもの我々らしく、ぐーたら下るとしましょう!

ここからは樹林帯の下りが続きます。

やっぱり林の中はほっとしますな。

131

だけどこういう時にこそ事故は起こりやすい。

足に疲れも溜まっているので、気を引き締めていきましょう。

綺麗な森。

こんな苔になりたい。コケにされたい~。

132

おやっ?

木の上に何かいます。

133

何だチミは?

135

このおじさん変なんです。

134

変なんですけど、ウデは確かです。

aa

今回も、素晴らしい写真をたくさん撮っていただきました。

再び歩き始め、足も棒になってきた頃、ようやく沢に出ました。

ってことは、鉱泉までもう少しのハズ。

136

15:25 本日の宿泊地、赤岳鉱泉に到着!

おつかれさまでしたの記念写真!

137

今回は残念ながらエスケープ撤退となってしまいましたが、

ここまで全員ケガなく下りて来られたことに感謝です。

さて、ここ赤岳鉱泉は、収容人数200人を超える通年営業のマンモス小屋。

やっぱりでかいなぁ。

283

さすがに連休、人も多かった! まさに南八ヶ岳のメッカです。

プラス4000円で、運良く個室の予約もゲットできていました。

小屋泊10名、気兼ねなくゆったりできて最高じゃ~!(*゚▽゚*)

138

窓を開けると…

なんとこの2人も、部屋のすぐ目の前にテント張ってました。

139

ひと休みしたらみんな集合、さっそく夕食前の乾杯! うまぁ~し!!

よく見ると、秒殺でジョッキ空いてる人が約1名。141

やっぱすげぇ! www

赤岳鉱泉のオリジナルジョッキ。 なにこれイカス!

マンモス欲しい~~~!!!

140

聞いてみると非売品だそうです。残念っ!

ではお姉さま、お願いします!

142

八ヶ岳ハシゴ制覇、堂々完結!

あっぱれでございました(´∀`*)

そして、待ちに待った夕食の時間。みんな腹ペコです。

146

グレイさんから「鉱泉のメシはうまいだけん!」と聞かされていたので、

みんな楽しみにしてたのですが… これが完全にド肝を抜かれました。

WoooooHoooooooo!!!!!! オーマイガッ!!!

143

ンなんじゃこりゃぁ~!! 肉肉肉!!!

これが赤岳鉱泉名物のステーキだ!

144

まともにグルメリポートできないくらい、柔らかくて美味いのだ!

145

ほっぺたとろけてしまいました。

テント泊のみーこさん&あたるさんはオソロのソロテント。

こちらも山の贅沢タイム、満喫ですね~。

147

でも、肉うまかったよ。Ψ(`∀´)Ψケケケ

そして温泉♨

人が多くて烏の行水状態でしたが、汗を洗い流せばさっぱりしました~ヾ(´▽`)

さてさて、大人な我々はまだマダ寝ませんYO!

148

テント組も呼んで、二次会!

149

エスケープしたことなど、もう誰一人悔やむ者はいません。

仲間達との幸せな夜を過ごす、HARD組なのでした。

つづきます。

八ヶ岳ツアー・HARDチーム

ぼん(CL)

みーこ

もっち

かっちゃん

みっしゃん

まゆき

ジブリ

あたる

マダム

ダンディー

リリー

グレイ(SL)

 

 

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑