ツアー&イベント レポート


2015.04.12 安蔵寺山 ②天空の巻

活動記録

風の谷に迷い込んだ徒歩一行。

結局全員あた様に回収され、やっと登山口の滑峠(ぬめっとう)に到着した。

 

 

DSC00121

 

9:42、滑峠から登山開始。

 

DSC00125

 

登山口には分かりやすい道標が立っている。

ここからまず香仙原に登り、安蔵寺山へと縦走していく。

 

DSC00127 DSC00128

 

やや急登で始まるこの登山道。

 

DSC00129

 

展望はしばらくない。

 

DSC00133

 

休憩を挟みつつひたすら地味に登っていくと、

 

 DSC00132

 

1時間ほどで山頂到着。

 

 DSC00138

 

10:56、香仙原(コウセンバラ 1056.1m)

この時期なら明るいが、やがて木々に葉が付けば展望はほとんど無いだろう。

 

DSC00139 DSC00140

 

隊長「”こうせんばら”という山なので、みなさん飛行船のポーズで、はいチーズ!」

 

DSC00143

 

納得いかないカメラマンの隊長。 

隊長「お前達。飛行船だと言っているのに光線とはどういうことだ?  その大砲で私と勝負するかね?」

ロト「みんなで話がしたい。」

隊長「3分間待ってやる。」

 

ロト「みんな、落ち着いてよく聞くんだ。ーーーまゆき、あの言葉を教えて。ぼくも一緒に言う。」

まゆき「ぇっ…」

ロト「ぼくの左手に手を乗せて。…みんなの縄は、切ったよ。」

隊長「時間だ、答えを聞こう!」

ロト、まゆき「バルス!」

隊長「へぁぁぁーー、はぁぁ、目がぁー!目がぁーーぁぁぁぁぁぁぁ!! ああ、ああ、目が、あああぁぁぁぁあーー!・・・あ゛あ゛あ゛あ゛・・・!!」

 

 

 

遠くに見えるのが安蔵寺山だ。

まだ葉が無いのでよく見える。

 

 DSC00141

 

歩きやすい稜線を進んでいく。

 

DSC00145

 

11:27、次のピークには赤土山と書いてあった。(地図に山名は載ってない)

安蔵寺山方面は開けていて見通しがいい。

 

DSC00151 DSC00149

 

山頂はもう少しだ。前進。

 

鞍部に下って、登り返す。

 

DSC00155

 

11:46、小石谷分岐

 

DSC00156  DSC00157

 

山頂に向ってどんどん高度を上げていく。

 

途中にあった展望石に乗ってみた。

 

DSC00158

 

眼下にはなかなかの眺めが広がっていた。

 

DSC00161 DSC00162

 

当直「わっはっは、見ろぉ!人がゴミのようだ!!」

 

DSC00164 DSC00165

 

山頂に向け、さらに登るとまた展望石があった。

ぞろぞろと登ってみる男子達。

 

DSC00168

 

おてんば女子ほっしーもいつの間にか登っている。

隊長「ほっしーそこにいるね?」

ほっしー「ハイ。」

隊長「お前は戻っておいで。」

ほっしー「なぜ?」

隊長「・・・なぜってお前は女の子だよ?!」

ほっしー「あら!おばさまも女よ。それにあたし、山育ちで眼はいいの!」

隊長「・・・私はおばさまはではないんだよ。」

 

DSC00172

 

当直(中央の青い服)はさらに先端の石に移動する。

乗った石はぐらぐらと不安定に動く危ない場所だった。

当直「こ、こえ~。」

ほっしー「空に浮いている石?」

当直「うん。伝説って言われてたけど・・」

危うく滑落しそうになった当直。

 

DSC00173

 

ほっしー「この石がぐらぐらするあるなんて、私ちっとも知らなかった。」

当直「これは天空石・・行こう、おばさん!山頂はすぐそこだ!父さんは帰ってきたよ!」

隊長「偉そうな口をきくんじゃないよ。娘っこ一人守れない小僧っ子が!そして私はおばさんではないんだよ!!」

 

 

 

気を取り直し、ひたすら登ると、 

 

DSC00174

 

二又別れ分岐。これで奥谷からのルートと合流した。

 

DSC00177 DSC00179

 

12:50、 安蔵寺山 (アゾウジヤマ 1263.2m) 山頂到着。

わりと広いだ。

ザックを下ろしてのんびりしよう。

 

DSC00180 DSC00182

 

 

初参加のしげさんが到着に安堵していると目の前に奇妙な生き物が現れた。

しげさん「子鬼だ、子鬼がおる。」

 

DSC00204

 

しげさん「はて、HGによく似た子鬼だ。」

ロト「ふふっ、ぼくは海賊にはならないよ。」

 

 

 

山頂は南からの眺めが良い。

まゆき「立派な山だったんだ。整備もしっかりしていたのに、どうしていままでこなかったんだろう。」

ほっしー「山頂に到着したとき、ドキドキしたんだ。きっと、素敵なことが始まったんだって。」

 

DSC00183 DSC00184

 

 山頂写真も撮っておこう。

 

DSC00187

 

そろそろ腹も減ったので、

隊長「ではここでランチにしよう。40秒でしたくしな!」

 

DSC00191

 

黒ひげは今日も手作り弁当持参だ。

どれどれ見てみよう。

 

DSC00190 DSC00189

 

今日はシンプルな内容だ。

黒ひげ「なかなか作るの難しいんです。」

隊長「男が簡単にあきらめるんじゃないよ! 次はキャラ弁、期待してるよ!」

 

 

山頂には解説版があった。

登山ルートは4つある。

われわれは香仙原ルートを歩いてきた。

 DSC00186

 

下山はここからは奥谷ルートを下り、奥谷駐車場へと進む。

 

 

天気がよければ四国の石鎚山も見えるらしい。

 

DSC00185

 

安蔵寺山(あぞうじさん)と言う山名は

その昔、山頂北側鞍部に安蔵寺という寺があったという伝説によるのだそうだ。

隊長「なるほどね。」

まゆき「隊長・・。」

隊長「ん?」

まゆき「わたし、まだ言ってないことがあるの。私の家に古い秘密の名前があって、このザックを受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名は・・マユキ。・・・マユーキ・トエル・ウル・・・アゾウジ。」

隊長「・・アゾウジ?・・・そ、それじゃ・・」

 

この先いったいどういう展開になるのか。

またしても分かる人にしか分からないセリフを随所に散りばめながら

つづく。

 

 

 

 

 

 

<参加者>

しげさん(new)

黒ヒゲ

ジム

あたる

まゆき

当直

ほっしー

ロト

隊長

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑