ツアー&イベント レポート


2015.04.12 安蔵寺山 ③となりの巻

活動記録

 

13:30、安蔵寺山山頂から下山開始する。

ここからの奥谷ルートはメインストリートと言った感じでいかにも歩きやすい。

道幅も広く快適だ。

 

13:49、安蔵寺中峰

DSC00216 DSC00217

 

 

しげさん「初参加でこの距離は少々疲れました。ゴールまではあとどのくらいですが?」

隊長「もうすこしだよ。」

しげさん 「もうすこしって、あした?」

 

 

登山道を下っていく。

ジム「あ、とうもころしー!」

 

DSC00218

 

隊長「 これは雪っていうんだよ。気をつけて歩きな。転ぶと尻がちめたくなるから。」

 

  

ジム「あ、オジャマタクシー!」

 

DSC00222

 

隊長「おしいなぁ、これはまだ卵だよ」

 

 

空も青くなっきた。

DSC00223

とても快適なルートだ。

 

DSC00224 DSC00226

 

 

 

 

 14:12、岸谷合流点で小休止。

DSC00230 DSC00229

 

ほっしー「どんぐり!」

まゆき「道の真ん中にどんぐりが落ちてるの。」

ほっしー「上から落ちてきたよ。」

黒ひげ「ふーん… リス…でもいるのかな?」

ほっしー・まゆき「リス?」

黒ひげ「それともマックロクロヒゲかな?」

ほっしー・まゆき「・・・。」

黒ひげ「・・・さ、さあ前進、前進。」

 

DSC00233

 

 

 

 

14:38、ミガナラの巨神木

当直「退却しましょう。」

隊長「馬鹿野郎。逃げるったってどこへ逃げるんだ。落ち着け、兵じゃなくて木だ。」

 

DSC00242  DSC00240

 

隊長「それにしても立派な木だなあ。きっと、ずーっとずーっと昔から、ここに立っていたんだね。 昔々は、木と人は仲よしだったんだよ。」

 

 DSC00241

 

隊長「気をつけ。みんながお世話になりました。これからもよろしくお願いいたします。」

一同「お願いいたします。」

 

 

 

当直「峠まで競争!」

ロト「あっ、ずるーい!」

なぜか早く進みたい当直。

隊長「おいおい、あんまり離れるんじゃないぞ。」

当直「大丈夫。当直、こわくないもん。」

そう言うと1人でとことこと進んでしまった。

 

 

本人は大丈夫と言っていたが単独行動はやはり心配だ。

探しに行こう。

みんなで追いつこうと小走りに進むと、若い2人連れの登山者が登ってきた。

ロト「止まって下さーい!」

若い男「おーとと… バッカヤロー。危ねぇ!」

ロト「仲間を捜してるんです! 男の子、見ませんでしたか?」

若い女「お連れさん?」

ロト「奥谷へ行ったらしいの。30前の男の子です。」

若い男「リョウコちゃん。気がついた?」

若い女「ううん。私たちね。奥谷から来たの。けど、そういう子は見なかったわよ。」

ロト「…そう。ありがとう。」

若い男「おまえどこから来たの?」

ロト「安蔵寺山です。」

若い男「あぞうじ!?」

若い女「ああ、何かの間違いじゃない。」

若い男「じゃあな。」

 

 

当直はどこに行ってしまったのか。

案じていると岩の上に突然当直が現れた。

当直「グゥォォォ…!!!!」

 

DSC002451

 


ここに隠れて我々を驚かそうとしていたようだ。

当直「グゥォォォ…!!!!  グゥォォォ…!!!!」

 

しげさん「こりゃ妖怪ですか?」

あたる「そったら恐ろし気なもんじゃねえよ。ニコニコしとれば、悪さはしねぇし、いつの間にか、いなくなっちまうんだ。」

しげさん「へぇ~。」

あたる「今頃、この空気の中で下りるタイミングでもぶってんのかな。」

 

当直「・・・男の子キライ!」

 

 

 

 

15:04、高鉢山分かれ

 

DSC00246

 

ここを下ると、

 

DSC00249

 

 

15:18、打原峠

DSC00251 DSC00250

 

ここを西に下りればゴールの奥谷駐車場だ。

だが目の前には魅惑のピーク「燕岳」がある。逃すわけには行かない。

ここは各自のペースで山頂を踏んで来よう。

距離800m、標高差180m、直登ピストン1本勝負!!

 

しげさん「ザック下ろしてどちらへ?」

ロト「ちょっとそこまで」

ここからは空身でピストンだ。

それでは、スター・・

ロト「山頂まで競争!」

ジム「あっ、ずるーい。」

あたる「ああーん。」

隊長「待ってーっ。」

 

15:20、スタート!

DSC00253

 

ジム「ロトーっ、待ってー」

ロト「早くおいで~」

ハイペースでかけ上がるロトとジム。

 

DSC00258

 

はぁはぁ息を切らし登って行く後続だが2人のペースについていくことは出来なかった。

 

DSC00260

 

あたる「ロトたちは?」

当直「ロトとジムが迷子になっちゃったの!」

隊長「さっき新池で登山靴が見つかったたんだ。」

あたる「えーっ!?」

先を急ぐあたる。

隊長「まだロト達の物って決まってないぞーっ!」

 

それにしてもなんという傾斜なのか。

DSC00261 DSC00262

 

 

 

15:42、燕岳(ツバクロダケ 1078.7m)

特にどうという事はない山頂だ。

そこには10分で到着したというロトとジムが待っていた。

 

DSC00265

 

隊長「やたらと速いな君ら・・」

ロト「出たの! 隊長、出た出た!」

ジム「ネコ! ネコのバス!」

隊長「ん?」

ロト「すっごく大きいの。」

ジム「こーんな目してるの。」

ロト「それに乗ったらあっという間にここについたの。」

ジム「みんなには見えないんだわ。」

様子のおかしい2人をなだめすかしながら写真だけ撮って下山。

 

DSC00269  DSC00270

 

 

 

15:51、再び打原峠。

燕岳、30分の山旅でした。

DSC00271

 

後はゴールに下りるだけ。

どんどん下りると開けてきた。

もうそろそろゴールの奥谷駐車場だろうか。

 

DSC00275 DSC00276

 

 

16:08、奥谷駐車場到着。

(この駐車場はとても広く、舗装してあるが、ここまでの道は狭く未舗装なので注意)

DSC00277  DSC00278

DSC00280

 

行動時間7時間半。

早春の登山を満喫できるなかなか素敵な山でした。

 

DSC00283

 

 

まゆき「今、そこの桜の木で、何かが笑ったように見えたの。」

隊長「案外そうかもしれないよ。ほら。」

 

 

 

DSC00137

 

 

最後まで分かる人にしか分からないセリフを随所に散りばめながら

まめ登山部的安蔵寺山ツアーおわり。

 

 

 

<参加者>

しげさん(new)

黒ヒゲ

ジム

あたる

まゆき

当直

ほっしー

ロト

隊長

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

« »

Copyright © 2022 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑