ツアー&イベント レポート


2016.7.10 扇ノ山

ツアー登山 活動記録

毎日暑い、夏い暑。

少しでも標高の高いところで避暑したいもんだねぇ。

涼しくて、楽~に登れるとこがいいねぇ。。

 

 

 

そんなこんなで思いついたのは、鳥取県・兵庫県にまたがる扇ノ山(おうぎのせん・1,310m)でした。

35.439902,134.440794

 

6年前の懐かし記録 → 2010.8.29 扇ノ山

ぼんにとってはデビューの地でもあります。

 

下山後は時間があれば、前回と同様に鳥取砂丘にも行ってみましょう。

 

 

今回、集まったメンバーは8名。

初参加ののぶさんあいさんは、一緒に富士山に登ったという仲良しコンビ。

トマトさんはそのまんま、トマト大好き山男。

 

 

6年前よりだいぶワイルドになってた林道をブロロと行くと、

綺麗に整備された登山口「水とのふれあい広場」に到着しました。

 

軽く準備運動を済ませたら、すぐ先の河合谷登山口から散策スタートです!

DSC04131

 

 

このコースの魅力は、何といっても美しいブナの森。

真冬には3m近い豪雪に閉ざされるので、雪の重みでぐにゃりと変形した木があちこちに!

DSC04138

 

 

ブナだけではなく、杉の巨木も現れます。

隊長により、勝手にあずず杉と名付けられたこの大木も健在でした。

DSC04139

 

 

アップダウンの少ない楽ちんロード。

最初から標高1000mを超えているので、気温も低めに感じます。

DSC04140

 

 

それでも林の中は風がないので、歩いていると蒸し暑い!

DSC04141

 

 

ひたすら平坦な道を行くと、やがて登りも現れはじめる。

記憶によるとそろそろ「大ヅッコ」という珍名ピークのはずだが… ココだったかな?

うろ覚えのぼんより、適当な指示が飛ぶ。

キタロウ君、ズッコケポーズして~!」

DSC04142

キタ「ズコー!!!」

 

 

おぉ、ナイスポーズ。

でも、いやまてよ。 あの先にもなんだかそれっぽいピークがあるなぁ…

「そこじゃなかったわ、こっちだった。もっかいポーズして~!」

DSC04143

キタ「・・・」

 

 

 

…すいませんでした、自分でやりまーす

DSC04144

「ズコーーー」

 

 

 

とまぁ、適当小ネタ劇場を挟みつつ行くと、山頂手前の展望台にとうちゃこです。

ここからは鳥取市方面が見えるはずなんだが・・・雲が多くてちと残念。

DSC04145

 

 

 

ほどなくして、山頂着。

こんな木のゲートをくぐっていきます。

DSC04152

 

 

 

キタ「んがごっ」

背が高い人にはちょっと不利デスネ。

DSC04153

 

 

 

山頂には、こんな綺麗な避難小屋が建っています。

記念写真撮ったら、2階に上がってお昼にしましょうー!

DSC04154

 

 

 

ではでは、ベタですが

扇ノ山ポーズ!!

DSC04156

 

 

2階からの展望はこんな感じです。

天気が良い日は氷ノ山も見えます。

DSC04158

 

 

そして、夏といえばやっぱコレ。

DSC04159

 

 

 

うほーーー、シャリ冷えうまうま!!

保冷剤たくさん入れてきた甲斐がありました。

DSC04162

 

 

 

昼食を平らげて外に出てみると、ありえへんくらいのトンボの大群!

DSC04167

 

 

 

みんなでこの指とまれ~ウィーーー!

ナンバワーーーン!!  アウッッ!

DSC04168

 

 

 

帰路はペース上げて下山。おつかれさまでした。

DSC04175

 

 

 

予想以上に時間がかかってしまったので、鳥取砂丘の散策は残念ながらカット。

でもせっかくなので、スナバは眺めるだけ眺めておきました。

当然ながら、まだポ〇モン探す人はいなかったですわ。。

DSC04176

夏のゆるハイク、なかなか良いですね。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

☆参加者☆

 

 

のぶさん(new)

 

あい(new)

 

トマト(new)

 

なっち

 

キタロウ

 

マダム

 

Qこーち

 

ぼん

 

 

 

 

 

 

さて実は、今回鳥取で企画を立てたのには、もうひとつの目的がありました。

 

 

 

友との再会。

新しい命とのふれあい。

DSC04177

いつか、一緒に山登ろーね(^^)

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑