ツアー&イベント レポート


2016.11.06 ぐるっと三瓶縦走ツアー その4

ツアー登山 活動記録

なかなか終わらない三瓶ツアー。
img_20161106_125551
三瓶随一の難所を越えて扇沢の峠にたどり着いた。
さあてこれからどうしようかという
おきまりの展開で今回も幕を開けます。

峠についた一行。

ここに来るまでえっらい時間が
かかったように感じるのだが
実はまだ純粋に歩いてる時間は2時間ほど。
下りで精神的に疲れてはいるが、
全員肉体的にはまだまだいけそうな感じだ。
もう少し歩いてみることにする。

ロ「池はやめて子三瓶に行こうか。
無理って人おる?」

チャ「えーっと、む…」

もり「いないみたいなのでいきましょう!

            レッツラゴー☆」

チャ「いや、だからむ…」

満場一致で子三瓶に行くことが決定した。
img_20161106_125636
赤雁山を越えるあたりで、風が強く吹くようになった。
うっかりすると帽子が飛ばされるほどの勢いだ。
実際私はうっかり帽子を飛ばしてしまったが、
何とか無くさずにはすんだ。
img_20161106_125839
子三瓶の登りは直登だ。
風は強いがそのおかげでか、
ガスは子三瓶山頂を確認できるほどに薄れている。
先が見えると行程の予測もしやすい。

もう半分きましたよ、

と伝えて五分ほどで山頂に到着。
都合10分強で登った計算になる。

ロ「では皆さんピースは禁止だからね。」

ということでこのような集合写真です。
img_20161106_131246
テーマは「おまえが好きだアアアア!!!」
ってのを、全身で表現していただきました。

さあ進もう。
img_20161106_131458
次のとおげわわわわわわわーーー!!
https://youtu.be/8Ap7vBBsEls
風が強いってもんじゃない。
身の危険を感じるほどの強風だ。
それもそのはずこの先は三瓶随一の風の通り道。
img_20161106_132118
眼下に見える次の峠の名は
「風越(かぜのっこし)」
という。
img_20161106_132949
ここまでくればあと少し。
間もなくこのツアーも終了だ。
次回いよいよ最終回。

 

 


« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑