ツアー&イベント レポート


2016.11.06 ぐるっと三瓶縦走ツアー その3

ツアー登山 活動記録

混み合う山頂小屋で昼飯を済ませたご一行。
しばし小屋のロフトでゆったりまったりしたところで
登山を再開することとなった。

img_20161106_114428
小屋を出るとも山頂は未だガスにつつまれており、
休憩を挟んだ体には、
その寒さがより強く感じられる。
さっさと動こう。動いて暖まろう。

 

さあ行程をどうしようかとしばし考える。
来た道を戻るってのは芸がなさすぎだ。
とは言え縦走するのも展望ほぼゼロの
この状況ではあまり楽しそうではない。
ならばということで、
室ノ内を回って帰ることにする。
まずは男三瓶から扇沢の峠を目指すことにした。

く「てことはあのえげつない道を下るわけなのね。」

screenshot_2016-11-28-17-14-122
ロ「そういうことになりますね。」

山を登ることは誰でもできる。
しかし本当に難しいのは下ることなのだ。
木に登ったはいいが
降りられなくなった猫を見たことがあるだろう
(たぶん多くの人はないだろう。)。
猫ではないが下りは苦手だという人は多い。

そんな、えげつない林間の下りにやってきた。
ここは急勾配な上に岩がむき出しになっており、
三瓶で唯一の難所である、と思う。
そして、雨上がりのほどよく湿った岩はよく滑る。
光の届きにくい林間の道の岩には苔が生えている。
それもよく滑る。

すこしでも気を抜くと
つるっといっちゃうそんな道が続く。
所々ロープが張ってあるが、
裏を返せばよく滑るのよここ!
という主張にほかならない。

img_20161106_124208
そういうところでは緊張を強いられる。
そしてそんなんだから普段よりも疲れやすくなる。
するとだんだんわけわからなくなってきて、
ゲージを振り切ってしまう奴も現れる。

それは唐突に始まった。

??「んっんんんーーーー、
    ンワンドゥアーーーー
     コアアアアアアーーーーーッ!」

静な白い森に雄叫びがこだまする。
え?え?今何つった!?

??「ウワンダアアアコアアアアーーーー!!!!」

img_20161106_124446
ぴょんぴょん飛び回る大柄な人影が眼下にいる。
ワンダーワンダー言いながら
森の木々を移動しているあれは、

うかじだ!

ほ「どうやら振り切ったみたいね。
  まるで昔の私みたい。まだまだね。」

感心してる場合ではない。
あれはもはや人を超越している。

img_20161106_124456
もち「ここは親父がHUNTERなこの俺が。
   一撃で仕留めてみせます!」

うか「ゥワンッワンッワンッ
    ワンダアアラアアアアアン!!!」
https://youtu.be/orS3NQB2lzY

もち「うわーーー!」

ギリギリと矢をつがえ、
仕留めにかかったもちに向かって
フライングボディプレスを放つワンダーうかじ。
絡み合ったまま、
二人は登山道脇の草むらに突っ込んだ!

しばらくしてムクリと立ち上がると
何事もなかったかのようにうかじは言った。

うか「はーもう、下りは苦手じゃワンダー。
   やれんのうコアー。」
2047186_201502230357819001424657149c
下りは
人をモノノケに変える力を持っている。
ゆめゆめ油断なさるな。

まだまだ三瓶は終わらない。
どこまで引っ張る気だとお思いでしょうが
容赦なく次回へ続く。

 

★参加者★

ミヤ

もりっち

くっちゃん

うかじ

チャン

ほっしー

もりちゃん

ロト

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑