ツアー&イベント レポート


2017/9/16-17 常念岳縦走ツアー改 燕岳ピストン~アルプスの女王に会いに行こう!の巻

活動記録

9月だ!3連休だ!アルプス遠征の季節だ~!

 

ということで待ちに待った まめ登山部 恒例のアルプス遠征まであと1週間

 

しか~し

 

台風18号 発生!

 

しかも過去最大級の勢力(らしい)

 

そういえばこの常念ツアー

 

去年も企画されていたが台風の影響で中止になっていました

(呪われているとしか思えない)

 

ということで今年も中止になるかなと思っていたら

 

台風の動きが少し遅い

 

何とか行けるんじゃないか?

 

ということで当初予定していた燕岳~常念岳~蝶ヶ岳の縦走プランを大幅に変更

 

沢づたいを登る一の沢ルートは雨による増水の危険が伴う為、安全を考慮し中房温泉登山口~燕岳ピストンに

 

そして過去最大の参加メンバーと思われていた40名から11名に人数も縮小

 

『どうしても3連休はアルプスにいきた~い』

 

という往生際の悪い選りすぐりの精鋭が集まり、遠征は始まったのでした

 

 

 

前日の15日金曜の夜から山陰、山陽の各エリアから出発し岡山県の美作で合流

 

ハイエース1台に全員乗り込み朝方に穂高駅に到着

 

 

穂高駅からバスに乗り、中房温泉登山口へ

 

台風はまだ九州手前

 

よっしゃ、行けるぞ!

 

 

 

 

中房温泉登山口から燕岳に登るルートは日本三大急登と呼ばれるほど急勾配なルート

 

6:00

 

登山開始

 

まずはこの急勾配をクリアせねば…

 

延々と続く勾配

 

 

途中、細かく休憩を挟み

 

9:00

 

標高2350mの合戦小屋に到着

 

 

ここは地元産のスイカが食べられることで有名な中継小屋

 

美味しそうです

 

 

あたる隊長は台風の動きと天候をチェック中

 

 

この合戦小屋を過ぎれば目指す燕岳まであと一息

 

 

10:30

 

日本一泊まりたい山小屋として有名な燕山荘に到着!

 

最高のロケーション!そして快晴!

 

 

どうなるかわからない一か八かの遠征でしたが、一同

 

『来てよかった~!』

 

 

燕山荘からは北アルプスの名峰 槍ヶ岳の姿がくっきりと

 

カッコいいです

 

 

ここでひとまず記念撮影

 

 

燕山荘に重たいザックを置かせてもらい、身軽な格好で本日の目的地燕岳の山頂を目指します

 

 

山頂に向かう道中は奇岩ばかり

 

有名なイルカ岩

 

メガネ岩

 

槍?

 

誰?

 

 

 

アルプスの女王と呼ばれるだけあって美しい山頂です

 

最高の景色にテンションも上がります!

 

 

そして

 

11:20

 

標高2763m 燕岳山頂に到着!

 

 

どんっ!

 

アルプスの女王に謁見できた瞬間です!

 

それにしても本当に美しい燕岳の山頂

 

人気の理由がよくわかります

 

 

この山頂で至福の時間を過ごしたのち

 

 

燕山荘にてMEGAサイズのビールを飲み

(かっちゃんは疲労の為戦意喪失 写真左)

 

台風の影響で宿泊客の少ない燕山荘を好き勝手に満喫するのでした

 

この燕山荘はピーク時には600人以上も登山客を抱える超~人気の山小屋

 

こんなに広々と使えるのはやはり台風のせい

 

直前でかなりのキャンセルが出たようなんです

 

『台風万歳~!』

 

 

 

そして気がつけば天候も怪しくなり

 

あたりは雲海に包まれていくのでした

 

 

 

雲海の世界も実に神秘的です!

 

 

 

 

そして夕食の時間となるわけですが、この燕山荘の名物は夕食後のオーナーによるホルンの演奏

 

本日は台風にもめげずにやってきた我々の為、通常よりも長く吹いていただきました

(演奏後息切れてます)

 

 

こういった温かいおもてなしも人気の理由なんでしょうね

 

こうしてラッキーにもアルプスの女王に謁見できた『まめ登山部』一行は翌日雨の降り始めた燕岳を下山し、

 

今まさにやってくる台風に立ち向かうように帰還するのであった

 

 

おしまい

 

 

★★ メンバー ★★

 

あたる Aさん マダム かっちゃん チューハイ

 

こば ルーシー ノーディー うかじ ケンジ ところてん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑