ツアー&イベント レポート


2018.02.18 三瓶山クロスカントリースキー

活動記録

パシュートで見事な金メダルを獲得し

盛り上がりを見せる平昌オリムピック。

ふうむ、

登山部でもオリムピック連動企画をしなければ。

ならば、クロスカントリースキー、やってみよう!!

 

やってみるのはいいけれど、集まった全員が初心者。

一式レンタルしたものの、なんのレクチャーも受けず

とりあえず滑ればなんとかなるんじゃねえの

という勢いだけでツアーは幕を開けたのでした。

スキーの履き方もわからず、滑り方も知らず、

止まり方も、楽しさもまだ、よくわからない。

すべて手探りの中、勢いだけで滑り出した登山部一行。

 

少し進む→転ぶ→立ち上がる→

       いや立てない→誰か助けて!!

よおし助けに行くぞ!→とりゃ!→

     止まれない→勢いがつく→誰か助けて!!

写真撮るよ→みんな集まって!→撮るよ!→

    つい足に力が入る→滑り出す→誰か助けて!!

といった具合にクロカンの板に遊ばれる登山部の面々。

しかしッ!しかししかしッ!!

そこはスノボにスキーにスノーシューといった

さまざまな冬のアクティビティを制してきた面々。

ああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返すうち

 

滑る→滑る→あれ?転ばない→

         滑る→できるようになったなッ!

転ぶ→立ち上がる→

     すっと立つ→できるようになったなッ!

滑る→あ、電話だ→はい職人です!→

エッ!す、すいませんッ!!→仕事しくじったか。

 

といった具合に少しずつ上達していったのである。

ところがそんな面々にトラブルの神が舞い降りる。

 

「フオオオオ!底が、靴底があああ!!!!」

悲痛な叫びがこだまする。靴底がどうしたって?

「靴底がああああ、セパレーティング!!!」

見ると板に靴底だけが申し訳なさそうに繋がってる。

とりあえず応急処置をしてっと、さあこれでどうだ。

「こいつ・・・滑れるぞ!」

と回避したかと思いきや次の瞬間セパレートする靴底。

という事態がこのあとも2件発生し

内2名は消化不良のリタイヤとなったのである。

 

なんてこともなんとかのりこえて、

目的地である東の原に2時間30分かけて到着。

ひとまず昼食を摂り

「帰りの道もあるし30分だけ遊んで帰ろうか!」

と決めたリミットあっさり無視して

ぎゃあぎゃあわあわあ1時間近く遊ぶ面々。

しかしここでの遊びが功を奏したのか

帰りの行程はなんと行きの半分の時間で終了。

すっかりクロカンのとりこになった面々。

惜しむらくはもうシーズン終盤という事実。

今シーズンもう一度あるかどうかは冬将軍さま次第。

次回開催お楽しみに!

おしまい

★参加者★

みち

師匠

ライダー

とも松

チャン

真雪

ほっしー

職人

みっしゃん

ロト

ひとみさん

 

※*☆おまけ☆*※

♫三瓶の秘湯行きましょう♪

 

温泉セットをぶら下げて

やってきました本日の〆

ミニマム湯船と斜め上行く露天風呂

ピリリと感じる炭酸と

塩鉄風味のその湯につかれば

疲れた体をほっこり癒やす

サービス満点小さなお宿

その名は『池田ラヂウム温泉』

あーーいいお湯でーしーたー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑