ツアー&イベント レポート


低山ぐるぐる山歩き~高瀬山/大黒山編 2018.3.18

ツアー登山 活動記録

中国山地にはまだ残雪が残るこの季節。

そろそろ本格的な春山シーズンに向けて

体を動かしておきたい時季でもある。

ならば!いけばいいじゃないか低山へ!

というわけで出雲地方の風景を作る二つの低山、

高瀬山と大黒山をぐるっとつないで

総行程10キロ、歩いてみようじゃないの。

集まったのはキッズ部隊を含む総勢11名。

まずは山に登らず車道歩きからスタートだ。

ゴール地点に車をおいてテクテクと

出雲ロマン街道を高瀬山に向けて歩く。

 

う「私が隊長なんだから、なんぴとたりとも

  私の前を歩くことは許さないだわよ。」

最年少のうなに率いられ、

登山口にたどり着いた一行。

ようやく山道を歩けるぜ。

高瀬山は戦国時代、

尼子氏のお城があったことで知られている。

なので一人で登るのは少しおっかないけれど、

11人もいるとなんてことはない。

山城特有の地形を堪能しながら、

心地よい春の陽射しの中を歩く。

スタートからおおよそ1時間ほどで山頂に到着。

ちょっと早いけどお昼ご飯にして、

証拠写真を撮ったらさあ、

次の目的地光明寺に向かおう。

 

光明寺までの道はよく整備されていて歩きやすい。

ぺちゃくちゃおしゃべりしながら歩いていたら

いつの間にやら雲南市の光明寺に到着。

 

光明寺は城平山の麓にある山寺で、

じっとしていると人工の音が聞こえない、

なんとも心静まるお寺だ。

そよそよと風の音が流れ、

名も知らない鳥さんのさえずりが聞こえる。

そしてゴオオオンと鐘の音も響く。

心洗われるよいところだわ光明寺。

また癒やされに来ると心に誓う。

 

しかし山歩きはまだ終わらない。

ここは折返し地点、

最終目的地の大黒山まであるき返そう。

大黒山までは中国自然歩道を歩くことになる。

アップダウンの少ないこれまた歩きやすい道だ。

さっき歩いた高瀬山を左手に見つつ、

ガヤガヤしながら一行は進む。

 

大黒山には南側からアプローチする。

山頂まではコンクリ舗装された道を歩くことになる。

たいそう疲れてしまったうな隊長をなだめすかして

なんとか大黒山山頂に到着。

山頂からは簸川平野が一望できて

すんばらしくいい気分だ!

うりゃあと証拠写真を撮って

後はズババババッと下るだけ。

 

冬のなまった体にはちょうどよい、

10キロほどの低山トレッキングでした。

 

おしまい。

 

☆参加者☆

はまねぇ(new)

おじょー(new)

ユウジメン(new)

ボード

ライダー

キタロウ

職人

うな

小隊長

かな

ロト

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑