ツアー&イベント レポート


テケテケ登山 高瀬山編

隊長の自由帳

35.362828,132.863529

日が暮れるまでにテケテケっと登って来れる近場の山という条件で斐川の高瀬山(314m)行ってみた。

よく聞く山だが何故か未だに登ったことの無い山だ。

広域農道(出雲ロマン街道)沿いにある荒神谷遺跡。その東に登山口の案内を発見。

IMG_9247

ここを南へ曲がる。高速道を潜ると登山口があった。

IMG_9248

進入禁止と書かれたチェーンが道を塞いでいたので手前の駐車スペースに車を止める。

IMG_9249

橋の手前が登山口のようだ。案内板もある。高瀬城址まで1.4kmと書いてある。楽勝楽勝。

15:30、登山スタート。

IMG_9250

階段を登る。

IMG_9252

しかしこの道くもの巣が多いぜ・・

木の枝を持ってくるくるしながら進む。これでくもの巣を撃退だ。

固屋谷・神庭谷分岐を通り過ぎ(今日は調査じゃないのでこのルートはまた今度)どんどん進む。

15:38、三の丸(鉄砲立)に着いた。

IMG_9255谷を見下ろす防御陣地なんだそうだ。

ここから傾斜の緩い道が続く。

そして七曲りの坂

IMG_9258

ここからつづら折の急斜面を登る。ちなみに7回以上曲がる。

曲を7曲口ずさむとご利益があると言われている。

15:45、登りきると駄置場に到着。

IMG_9260

ここまで馬が上がって来ていたとは。やるな馬!  馬の部員もありだな・・

ここからまずは二の丸(小高瀬)へ行ってみる。

IMG_9262

踏み後はあるが、くもの巣の壁が幾重にも立ちはだかっている。

この二の丸は守りが堅い。

こっちも応戦。くるくる全開!!

腕がだるくなるほどの激戦の末、ピークらしき場所に到着。

15:54、二の丸取ったり!!

しかし展望は無く、特に二の丸の印も無く、ただ空き缶がぶら下がっているだけだった。

IMG_9263

缶て・・なんなんだここは!?  やられた。敵ながら天晴れ。

結局ここにはくもの巣を回収しに行っただけだった。

引き返して山頂へ進む。

IMG_9266

くるくるしながら階段を登ると、

IMG_9269

突然地面に穴が!!

トラップだ。簡単には進めないようになっている。

IMG_9270

この辺りから視界が開けてくる。

16:05、甲の丸(山頂)に到着。

IMG_9275

なかなか眺めのい場所だ。

IMG_9282

西方向の出雲平野。北山がよく見える

IMG_9281

北東には宍道湖も見える。

IMG_9278

隣にあるの山は大黒山。

日暮れまでにはもう少し時間があるのでついでに大黒山にも行ってしまおう。

このまま南へ下山すると光明寺(1.4km)へ出れるようだ。そこから大黒山へと道が続いている。

IMG_9280

しかしそのルートだと日が暮れそう。

ここは一旦引き返し、車で移動したほうが良さそうだな。

よし決定!

ダッシュで下山だ。

下りはくるくるしなくていいから楽でいいや。

往復1時間の山旅でした。

という訳で馬部員募集中です。

モデルは黒王号。笑顔で手を振る故ラオウ氏。(撮影200x年.夏)

パワフルな馬のみなさん 参加お待ちしてます。

2010.10.2

  • しょくにん

    その近くだとやっぱり仏経山が気になりますね。
    ペースの速い隊長のテケテケって、僕のダッシュと同じ速さかも!

  • 隊長

    もしかしてしょくにんさんって馬ですか?

  • しょくにん

    実は…

  • ケンケン

    _`)つ ⌒=3

  • プロ(ひたすら改名希望)

    知り合いが馬持ってるから、勧誘してみようかな・・・。

  • ぼん

    馬刺し食べたいです・・(´¬`*)ジュルリ

  • みっしゃん

    山といったら旅伏山?
    まもなくふもとの懸神社では秋祭りがおこなわれ、子供を乗せた馬を先頭に町内の人たちが神社まで練り歩きます。
    勧誘のチャンスです。
    行ってみられたらいかがでしょう?
    過去には、いうことを聞いてくれない困った暴れ馬もいたようですが・・・。

  • 隊長

    沢山の馬情報ありがとうございます。
    これからはしょくにん馬に荷物は持ってもらいましょうか。

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑