ツアー&イベント レポート


テケテケ登山 高尾山編

隊長の自由帳

夕方、一時間程度で登って下りる近場の低山めぐり。

今回は島根県出雲市大社町日御碕にある高尾山(タカオサン 357.7m)にテケテケっと行ってみた。

35.426337,132.654934

県道29号線を日御碕へと進む。

ちなみに湖陵町の海岸からみた日御碕がこれ。高尾山はどれなんだろうか。

DSC02075

登山口に到着。とくに駐車スペースは無いようだ。

とりあえず防火槽の前に車を止める。

今、火事が起きませんように・・。

DSC01994

登山口はすぐに分かる。

DSC01995

入り口には鹿避けフェンスあった。

ここにも鹿がいるようだ。

DSC01996

登山道は広く、楽に歩ける。

DSC01997

登っていくと分岐点があった。

左の道にはしめ縄が。なんでしょうかこれ?

DSC01999

その先は下りになっている。こっちは宇龍へと続く古道のようだ。

なので山頂へは右に進む。

DSC02001

ここからほとんど傾斜の無い道が続く。

軍用道路跡なんだそうだ。物資運搬のために使ったらしい。どおりで平坦な訳だ。

これ高度上がっているのかな・・。ほんとにこれで山頂に着くのかと心配になるが。

道にはところどころ倒木もあるが、問題なく歩くことが出来る。

DSC02002

しばらく歩くと「頭上注意」の張り紙。

DSC02007頭上どころか頭が飛んでいる・・。

ギロチンでも落ちてくるのだろうか。

旧日本軍の跡地だけに油断は出来ない。

恐る恐る上を見る。

DSC02008

何も無い様に見える。

しかし、プレデターがいる可能性もある。

ここは体温を下げて通り抜けよう。これで見つかることは無い。

さらに道なりに進むと、頭上が開け明るくなってきた。

DSC02010

そしてまた分岐。

DSC02011

ここはどっちに行っても上の軍施設跡にでる。

DSC02012

この時間に一人で来ると不気味だ・・。

DSC02013

背筋はゾクゾク。なにかの気配がする。

斜面を上がると慰霊碑とかあるし。ひえぇぇ。

DSC02014

いよいよ心細くなってきた。

しかし頂上はすぐそこだ。

登ってしまおう。

DSC02015

階段を上ると山頂到着。

DSC02016

うわさの砲台跡があった。

DSC02017

こいつはかっこいい。確かに迎撃するにはもってこいの場所だ。

眼下には日御碕灯台が見えた。

DSC02020

南方には海の向こうに大江高山が見えた。出雲市街地からは見えないが、ここから見るとけっこうワイルドだ。

DSC02021

この下の遺構の先に二等三角点があるらしいが、低い場所の三角点なんて興味ないぜ。

登頂も終わったしそろそろ帰るか。

DSC02018

「ん!?」

よく見ると塀の上に何かいる。さっきから気配がしてた。

とうとうヤツが現れやがった。

PREDATOR

「クルルルルルル」

しまった。体温が上がってしまった。

このままでは狩られる。こっちは手ぶら。逃げるしかない。

ダッシュだぁ!!

追ってくるプレデター。

どうやら飛び道具は持ってないようだ。ラッキー。

PREDATOR3

必死で来た道を走る。

こっちも下りは速いのだ。


10分ほどで登山口に到着。

「とりゃ!!」

フェンスを閉め、危機一髪逃げ切った。

助かった。

PREDATOR2

こいつ・・・ちっちぇ。

高尾山。ナイスな山です。

展望も良く、傾斜もゆるいので誰でも簡単に登れます。

登り30~40分。下り30分(走れば10分)。

かなりオススメです。

ただし、駐車場とプレデターに注意。

2010.11.16

« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑