ツアー&イベント レポート


鶴降山 【県西部の旅】 2012.05.07

ロトの冒険

先日おめおめと茶臼山から逃げ帰ったがため、

新領土を獲得したにも関わらず

塾長から「油風呂」を言い渡されてしまった。

・・・E湯だったぜ。

 

これで塾長の怒りも収まるかと思いきや

「甘えんなアアアアッッッッッッ!!!」

更に豆塾名物「闘雷庵宮龍」を一人ですることに!

 

☆闘雷庵宮龍とは★

闘雷庵宮龍(とうらいあんぐうりゅう)は

豆塾名物の一つで、複数人で行う闘山(とざん)である。

 

3つの山の頂を6時間以内に踏み、

その頂を結んだ三角形の面積で勝敗を決する。

大きく移動すればそれだけ三角形も広くなるが

制限時間をオーバーするリスクも背負うとこになる。

 

伝説上の塾生、雷庵と宮龍が初めて行ったとされ、

(イメージ)

 

二人の名を取って「闘雷庵宮龍」と名づけられている。

三角形を意味するトライアングルの語源でもある。

             民明書房刊「知ってるようで知らない語源辞典」より          

 

やってやんぜーーッ!!

(豆塾編終了)

 

なじみの少ない県西部の山に行ってみよう!

まずは大田市の鶴降山(つるぶさん)だ。

35.133106,132.547302

 

三瓶西ノ原からさらに西へ進み、大邑広域農道に乗る。

池田ラジウム鉱泉を越えると、やがて鶴府地区へ至る。

そこから農道を左に折れ、林道をぐりぐり進むと

目の前にそれらしき山容が現れた。

あすこが鶴降山だな。

 

その後すぐに登山口に到着。

さっそく登山開始なのだ!

 

きれいに整備された登山道を進む。

看板もしっかり設置してある。

 

少し進むと、なにやら建物がある。

どうやら社のようだ。

社の裏手には御神木と思しき杉がどんと構えている。

ぱんぱんと神妙に手を合わせ山頂に向かう。

 

草いきれのムッとする中を歩く。

新緑がまぶしいぜ。

 

そのまま尾根を山頂に向かうかとおもいきや

一旦山腹をトラバース気味に巻いていく。

 

そして最後に急登をやっつけると

祠の鎮座する山頂に到着した。

 

三角点を踏み、周りを振り仰ぐと

西には大江高山火山群。

 

 

東には三瓶山が見える。

 

しかも三瓶山はよく見ると

三瓶一家勢揃いだん!!

 

すばらしい眺めにしばしボーッとタイムをすごし

鶴降山を後にしたのであった。

 

☆参加者☆

大暴飲露吐

 

★山データ★

鶴降山(ツルブサン)

標高:538m

所在地:島根県大田市川合町川合

 

むかーしむかしの神代のむかし

石見国を平定すべく

宇摩志麻遅命(ウマシマジノミコト)が、

鶴に乗って降り立ったのが、この山とされている。

 

その後ミコトは物部神社を築き

御神紋として「ひおい鶴」が定められ

その伝説を今に語り継いでいるのである。

  • 与獅

    大暴羅(ボラ)の露吐というのがいたような・・・

« »

Copyright © 2017 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑