ツアー&イベント レポート


鴨山 【県西部の旅】 2012.05.07

ロトの冒険

鶴降山を後に、私は次なる山を求めた。

地図を見ると、近くに鴨山の文字が見える。

35.108113,132.561035

鳥つながりでちょうどいいカモ。

国道375号を東に、湯抱(ゆがかい)温泉を目指す。

地図を見るとこの温泉の先に、登山口がありそうだ。

湯抱温泉は山の中のひなびた温泉街だ。

しかし今回は入浴目的ではないので完全にスルー。

温泉街を抜け、そのまま奥へ進むと林道とぶつかる。

目指す山はあっちだな、迷うことなく左折する。

あるのかないのかわからない登山口を

ナビと地図を頼りに探していると

どうやら目指す頂に続く尾根を発見した。

さっそく登山開始だ。

多少の藪は覚悟の上だったのだが、

見事に裏切られた。

尾根の草は刈り払われていたのだ!

それでは、ミュージックスタート!

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

そう、彼ら地籍調査隊の手によってである。

 地籍調査隊をご存じない方に少し説明を。

土地の境界を定かにすべく

そこが決して人の通ることのない山野であっても

草を刈り、深く分け入り測量し

さらに奥へと進んでいくという

職業的藪コギストなのである!

(ミュージックをとめてね!)

彼らの通った後には結果的に道ができる。

そのおかげで何の障害もなくすんなりと

いくつかのアップダウンを経て

鴨山山頂に至ったのである。

物好きな人間は私だけではないようで

山名板が設置してあった。

数ヶ月もすれば、

道はまた静かな藪に戻ることだろう。

「グッジョブ、地籍調査隊。」

そうつぶやいて鴨山をあとにしたのだった。

☆参加者☆

ロト

★山データ★

鴨山(カモヤマ)

標高:317m

所在地:島根県邑智郡美郷町湯抱

万葉の歌人、柿本人麻呂の終焉の地が

石見のどこかであったという。

戦前、医者でもあり歌人でもあった斉藤茂吉は

人麻呂研究に没頭し、石見の山を幾度も踏査。

ここを終焉の地と確信したという。

ふもとには斉藤茂吉鴨山記念館もあり

人知れずその名を轟かす山なのである。

そんな万葉浪漫な里に湧く湯抱温泉は、

その筋では秘湯と認識されており

全国にコアなファンを持つという。

三瓶周辺にはそんな秘湯が実に多い。

  • ほっしー

    グッジョブ、地籍調査隊!

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑