ツアー&イベント レポート


2012.9.15-17 槍ヶ岳ツアー 銀色週間激混大決戦!! ①

活動記録

思えば黄金週間からプランを練ってきた今年のツアー。

その名は槍ヶ岳ツアー銀色週間激混大決戦! 

いよいよ決戦の時がやってきた。

36.341678,137.647877

 

9/14(金)、19:00

 この決戦のために入念に準備を重ねてきた戦士達がスペシャルカーに乗車する。

プロ特製のツアープレートを前面に張り出し、

車は各地区のメンバーを回収しつつ、

高速道をひた走り、登山口の新穂高へと快調に進んでいた。

激混必死の今回のツアー。

最初の決戦は駐車スペースの確保だ。

出来れば深山荘無料駐車場に止めたいところだが・・。

 

9/15(土)、4:00

Battle.1 駐車場確保!!

深山荘無料駐車場に到着。警備員が立っている。

「ここはいっぱいです。鍋平へ回って下さい。」

ぬぬぬ!! あっさり敗北。 かる~く1敗目。

やはり混雑は避けられないようだ。

とりあえず車で行ける所まで進入し、人と荷物を降ろしておくことにした。

あわただしく荷物を降ろし、ドライバー以外のNORMALメンバーは登山開始。

双六岳に向かうEASYメンバーにドライバーの荷物番をお願いし、

ドライバーは駐車場探しへ出発。

 

 

鍋平駐車場も車があふれている。

何とか空きスペースを見つけ駐車完了。

覚悟はしていたが大分時間をロスしてしまった。

装備を整え出発。

ここから先ほどにもつを下ろした場所まで30分ほど歩く。

  

長い車道歩きと、満車の深山荘無料駐車場

5:40、新穂高登山口

ようやく登山開始。

今回はNORMALチームとEASYチームの2手に分かれての山旅となる。

コースはこれ ↓

 

双六岳を目指すEASYチーム スーザン、でみさん、きょうちゃん、さっちーとはここでお別れ。2日後に合いましょう。

がんばって!!

 

 

われわれも槍ヶ岳を目指し出発だ。

 

 

ここで今日のコースを見てみよう。

 ◆1日目 9/15

 ・新穂高温泉→滝谷避難小屋→槍平小屋(4.00h)→南岳新道→南岳小屋泊(4.00h)  計8.00h

駐車場から槍平小屋まで 水平距離=約9~10km(駐車場による)、高低差=約950m↑

槍平小屋から南岳小屋まで 水平距離=約2.3km、高低差=約1000m↑

8時間の徹夜移動明けで、なかなかハードな初日の行程。

テント装備での歩行にはつらいものがあるが、この日のために地道に練習してきたのだ。がんばるしかないのだ!!

 

 

しばらく林道を進む。

 

6:19、ショートカット登山道を発見。

林道を歩くより350mほど距離を短縮できるらしい。

なるほど、行ってみよう。

なかなかの傾斜に、

 

なかなかの荒れ模様。

しかしかなりの近道には違いないのでここを通るほうが正解だろう。

 

再び林道に出ると目の前には穂高平小屋(ほたかだいらごや)があった。

先に行ったメンバーはいるのかな?

 

先行組はとっくに先に行っているようだ。

 

この先もしばらく林道歩きが続く。

奥穂高との分岐を過ぎると、

 

 

7:42、林道終点の白出沢に到着。

沢の奥にはやや展望あり。

沢を渡って先に進む。

 

ここから本格的な山道になる。

 

景色を見ながら歩いていく。

 

やはり雄大だ。

 

8:23、チビ谷

ここで先行していたメンバーに追いついた。これで19名全員揃ったわけだ。

 

なかなかの大所帯。

1人2人消えても気がつかない人数だ。

しっかり人数を確認しながら歩かねばならないな。

 

さらに進むと、

8:57、滝谷

沢の上には避難小屋が見えた。

さらに滝谷のはるか上には北穂高岳が見えた。

思わず出てくる歓喜の声。

 

対岸の登山道に入ると藤木レリーフがあった。

よく知らないが 有名な登山家のようだ。→ 藤木九三

 

徐々に高度を上げながら、

 

ひたすら歩くこと約4時間。

 

 

9:00、ようやく槍平小屋に到着。

ここでしばらく休憩を取る。

腹ごしらえもしておこう。

 

わいわいと休憩している我々の姿が小屋のページに載ってました。 ↓ これ (2回の窓から撮ってるの見えましたのでカメラ目線なのです)

ここの水場で水も入手。

とても冷たくてうまい水だ。

休憩も終わるといよいよ地獄の南岳新道の始まりだ。

この槍平小屋から今日の宿泊地である南岳小屋まで高低差=約1000mを一気に登らなければならない。

今回のツアー最大の難所がこの南岳新道なのだ。

 

メンバーのペースもさまざまなので隊列が乱れることも必至。

ここは同じペースで登れる人と班を組んで登っていく事にした。

 

第一班はケンケン、アッキーナ、コロ助、グレイの男子組と準男子のプロ。

テン場のスペース確保のためにも早く登りたいこの班。

はりきってどうぞ!!

 

第二班はテント泊のロト、つぼJr.、中隊長、隊長。

テン場のスペース確保のためにも早く行きたいところだが、そんなに体力はないこの班。

出来ればはりきってどうぞ!!

 

第三班は小屋泊のみなさん。

場所取りの必要はない=急ぐ必要は微塵もないとってもセレブな班。

景色を見ながらのんびりどうぞ!!

 

 

こうして南岳新道に入っていったメンバー達。

無事この急登を登りきることが出来るのだろうか。

 

Battle.2 南岳新道!!

ゴングは鳴った。

今こそトレーニングの成果を見せるのだ!!

つづく

 

 

 

<参加者 >

-EASY-

さっちー

きょうちゃん

でみさん

スーザン

-NORMAL-

グレイ

ほっしー

マダム

コロ助

かにちゃん

なみなみ

Qコーチ

みっしゃん

みーこ

タイツマン

アッキーナ

ケンケン

つぼJr.

プロ

ロト

はら店長

ひとみさん

中隊長

隊長

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑