ツアー&イベント レポート


2012.9.15-17 槍ヶ岳ツアー 銀色週間激混大決戦!! ②

活動記録

Battle.2 南岳新道!!

ゴングは鳴った。

隊列が長いので私(=隊長)の所属する第二班4名の戦いの様子をお伝えします。

 

10:44、小屋の脇からスタート。

まずは沢を登る。

登山道はこのまま沢を詰めるのか・・と思ったら右岸の斜面に続いていた。

まだ傾斜はきつくはないが、調子に乗ってペースを上げると後が心配だ。

ゆっくり行くほうがいいだろう。

進んでいくとハシゴが現れた。

このあたりからきつくなり始めてきたぞ・・。

このまま闇雲に歩いていてはバテてしまう。(つまり敗北)

そこで我々第2班の頭脳=ロトはある作戦を立てた。

名づけて、「100mで一休さん!」

説明しよう。

ゴールまでの標高差は1000m。高度100m上がるごとに一休み=休憩を取れば10回目の休憩はゴールとなる。

たった10回だけ休憩回数をカウントすればゴールするではないか!!

「すげー作戦だね、ロト!!」 中隊長は感心しきり。

「あーっはっはっは!! すごいだろう!! 大人はさすがだろう?」 得意げなロト。

もちろん残りの2名も頭脳が決めたこの作戦に異論はない。

「さすがだぜロト!!」

早速作戦を遂行していこう。

 

「よーし、100m。一回目の休憩を取ろう。」

「ということは1/10登ったんだね、ロト!!」

「そー言うことだ。」

 

「よーし、200m。二回目の休憩を取ろう。」

「ということは1/5だね、ロト!!」

「お! 約分したな。」

 

「はぁはぁ、一気に100mはきついわぁ・・。50mにしないかい?」

最初に隊長が音を上げてしまった。

「はぁはぁ、賛成・・50mごとに休憩で。」

内心みんなキツかった様だ。

 「はぁはぁ、やっぱ30mにしないかい?」

「はぁはぁ、賛成・・30mごとに休憩で。」

休憩多くてすでに何カウントか分からなくなってしまった中隊長。

「ロトの作戦ってなんなんだ・・。」

「オレも分からん・・。」 つぼJr.が答えていた。

 

 

しかしどんだけ続くんだこの急斜面!!

写真撮る元気も無くなってきたわ・・。

 

 

12:38、西尾根の稜線に出た。

展望も良くなり、やや元気がでてきた第二班。

 この先は岩場がつづく。

前方の岩場の上には第一斑の姿が見えた。

順調に登っているようだ。

 我々もがんばろう。

ここで第三班のひとみさん、みっしゃんが追いついてきた。

残念ながらまだ先は長いよ・・。

 

 

救急箱を過ぎると、

一旦傾斜はゆるくなる。

上に延びる稜線の先がゴールのようだ。

やっとゴールが見えてきたぞ!!

右手には穂高の山塊が!!

わーお!!

登ってきた高度を実感する。

 

 

馬の背の木道を進んでいく。

 

そして南岳下の斜面をトラバース。

 

傾斜は無いのでペースが上がるぜ。生き返ったぜ。

などと調子に乗って進んでいくと、また急登の始まりだ。

もう足が前に出なくなってきた。

おまけに眠くなってきたし・・。

ここで10分だけ仮眠をとろう。

岩に寝転ぶとすぐに意識がなくなってしまった第二班。

 

 

10分立ってもさほど疲労は回復はせず・・。

しかしここで寝ててもゴールにはたどり着けないのだ。出発しなければ・・。

 

重い足取りで先に進む。

それにしても疲れた。

「わしはもうだめじゃ・・若者3人で先に行くがよい。」 隊長はペースが上がらなくなってしまった。

「ではお先です!」

最後の岩場で1人完全に置き去りにされてしまった隊長。

 

「中隊長め・・たくましくなりおって。」

そうつぶやきながらとぼとぼ登る2900m付近でありました。

 

 

 

14:47、南岳小屋が見えてきた。

もー無理。なんなんだよこの登山道。

ぶつぶつ言いながらやっとの思いでキャンプ場到着。

先着メンバーはまだ余裕なのだろうか!?

 

15:22、第三班も無事到着。

 

 

よし、とにもかくにもこれで Battle.2 南岳新道!! は勝利~。

これで一勝一敗だ。

 

お互いに労をねぎらいながら、それぞれ小屋で宿泊手続きを始める。

 

そしてここでは恒例の「ライブカメラからこんにちは!」をやらなければならないのだ。

カメラを探してみると、

屋根の上に取り付けてあるぞ。

よしよし。

だいたいの立ち位置を確認して準備OK。

しかしまだ時刻は15:50、映り込みにはまだ早い。

(南岳小屋ライブカメラは4時30分~の約10分間隔画像 最終表示18時 なのです。)

ここはテントのエントランス整備でもして時間をつぶそう。

 

 

まだ時間あるな・・。

となると・・飲んでしまおう。

飲んだら仮眠だ。

 

・・これがいけなかった。

眠りから覚めたのは19:00過ぎ、外は真っ暗・・。

こうして「ライブカメラからこんにちは」は完全な企画倒れとなったのでした。

画面に張り付いてたみなさん、ごめんなさい。

 

 

 

 

こうなったら飯だけ食ってまた寝よう。

 

こうしてツアー一日目は疲労感とともに幕を閉じたのでした。

明日はいよいよ槍ヶ岳登頂。

天候は良さそうだ。

混雑を避け、スムーズに穂先を往復することが出来るだろうか。

Battle.3 槍アタック!!

特に戦略は無いがとにかく行ってみよう。

 

<参加者 >

-NORMAL-

グレイ

ほっしー

マダム

コロ助

かにちゃん

なみなみ

Qコーチ

みっしゃん

みーこ

タイツマン

アッキーナ

ケンケン

つぼJr.

プロ

ロト

はら店長

ひとみさん

中隊長

隊長

 

 

 

 

 

 

 

 

  • つぼJr.

    「100mで一休さん」すばらしい提案でしたが、始めてまもなく計画が潰えましたね
    最後の方は体力の限界で中隊長に置いていかれ、もう~無理と思って自分のペースで行きました。山の厳しさを改めて感じた一日でした

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑