ツアー&イベント レポート


2013.6.1-2 先崖!!豆塾第六弾! しまなみ最苦貞子 伍

活動記録

大三島で安神山、鷲ヶ頭山の2つの登山を終え、空腹を満たした豆塾生たち。

チャリにまたがり次の島=生口島を目指しペダルを踏む。

 DSCN5542

と言ってもここから直接行ける訳ではなく、いったん宿泊地の多々羅キャンプ場まで戻らなければならないのだ。はぁ~辛い。

34.248668,133.004179

↑現在地

 

 

やっと戻ってきた宿泊地。これで多々羅大橋を渡り生口島へ行けるぞ。

DSCN5544

 スロープを登っていくと次第に雨も止んできた。

DSCN5549

これで快適なチャリ旅が出来そうだ。

DSCN5554

橋の途中でこの橋の名物「多々羅鳴き龍」発見。

DSCN5558

手をたたいてみると・・

 

 動画では分かりづらいがものすごーく音が響いてます。面白い。

 

橋を渡りきると先回りした車部隊ロトが笑顔でお出迎え。

車って速いんだなぁとつくづく思う。

DSCN5562

 

この生口島には簡単に登れる山はない。

時間がないのでこの島の登山はパス。

当初の計画と随分違ってきたがまあこれもご愛嬌。

ノンストップで次の因島へ行ってしまおう。

DSCN5565

ひたすらR317を突っ走る。

DSCN5567

40分かかって島を縦断。

DSCN5571

因島に繋がる生口橋へとスロープを上がる。

DSCN5573

もう漕いで登る力はない。

とほとほ。

DSCN5574

生口橋を渡り、

DSCN5577

下りたところでまたロトが待っていてくれた。

14:30、しばし休憩。

残された時間はあと二時間半だ。

DSCN5579

ということはもう一山登れそうだなあ。

よし、最後にこの島の北部にある白滝山に登ってみよう。

34.344712,133.158073

 

 

ロ 「チャリか・・」

ポツリとつぶやくロト。何か閃いたようだ。

ロ 「それにしても美しい景色だなぁ。ひとみさんほどじゃないけど。」

ひ 「まぁ!」

ロ 「ステキなチャリだなぁ~オレもひとみさんのように風を感じてみたいなぁ。」

ひ 「うふふふ。良かったら代わってあげましょうか?」

ロ 「いいんですか!?」

ひ 「車ばかりじゃつまらないでしょう。言っておくけど決して私は疲れたわけじゃないのよ。」

ロ 「ありがとうひとみさん! アナタは心までお美しい!」

ひ 「ではお乗りなさい。もう一度言うわ。私は疲れたわけじゃないのよ。」

ロ 「分かってますって! 」

 

DSCN5581

こうしてまんまとチャリをゲットしたロト。

女性をたぶらかす悪い男である。

 

 

ここからロトがチャリ旅に加わった。

そしてひとみさんは車をドライブ。

DSCN5584

有り余る体力のロト。

ぐいぐい離されていく後続。

DSCN5587

待ってくれ~。

 

 

やがて最後の山、白滝山が見えてきた。

DSCN5589

 

尾道市因島フラワーセンター付近に到着。

DSCN5590

案内板を見ると山頂付近まで車道が続いている。

よし行こう。最後のクライムヒルスタート。

DSCN5592

うおーーーー。

DSCN5593

 

だが旅も終盤。一人を除いてもはやそんなに体力が残っている者はいない。

 

DSCN5594

 

「もうチャリでは前に進めない・・。車部隊だけであのピークを踏んできてくれ・・。」

931175_606772369340700_2084756356_n

 

 

車部隊のひとみさんは中隊長を乗せブロロロローっと山頂直下へ。

そして往復10分足らずで山頂を踏んできてくれました。

DSCN5596 DSCN5595

 

「ありがとう、これで私は成仏できる・・。」

 931175_606772369340700_2084756356_n

今日は昨日ほど出番の無い大仏。

これが最後のパフォーマンスでした。お疲れ様でした。

 

 

ここから一気に坂道を下ると、

DSCN5600

ゴールの島=向島に続く因島大橋に入ることが出来た。

 

DSCN5602 DSCN5603

自転車は車道の下を通るのだ。

DSCN5605

橋を下りると後はゴールまでまっしぐら。

DSCN5609

まだこの人は元気ハツラツ。

IMGP4631

海岸を離れ、市街地に入ると突然ひとみさんが現れた。

車で先にゴール地点に移動して待っているはずなのに・・どういうことなんだろう。

ひ 「やっぱりみんなと一緒にゴールしたくて、ゴールのターミナルでまたレンタルしてここまで来てしまったのよ。フフフ。」

DSCN5611

なんてアナタはすばらしいんだ!

よーし、みんなで一緒にゴールしよう。

あと少しでゴールだ。

IMGP4633

やっぱ各自のペースでラストスパート!

 

 

16:40、ついに尾道市民センターむかいしまにゴーーーール!

DSCN5612 DSCN5613

DSCN5614

 「一緒にゴールって言ったじゃない!!」

DSCN5615

女性をたぶらかす悪い男ばかりである。

 

 

 

こうして無事しまなみを走破した塾生達。

この上ない満足感に浸りながらつり橋ポーズで最後の記念撮影。

DSCN5616

 

今治から尾道まで、素直にチャリで縦断するだけなら意外と簡単かも。

天気には恵まれなかったけど、美しい島々を十分堪能できる盛りだくさんの旅でした。

しまなみ街道、車で通過するだけじゃもったいないわ。

 


より大きな地図で しまなみサイクリング を表示

青マーカー=通過地、緑マーカー=登頂した山、赤マーカー=登山候補

青線=チャリと徒歩で移動した軌跡。この地図では総距離: 92.08 kmとなっている。これが正確なら実際は約95kmといったところだろう。

 

 

 

あ、塾長のお出迎えだ。

一言お言葉を下さるようだ。

きっとほめてくれることだろう。

塾長8

「ワシが豆塾塾長、江田豆 平八であーる!」

 

塾長より最高のほめ言葉をいただいたところで今回の豆塾は終了だ。

 

 

己の限界を試す

mamej

求むチャレンジャー!!

 

 それではまたお会いしましょう!!

 

  

<参加者 >

やまサン

ロト

職人

ひとみさん

中隊長

隊長

 

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑