ツアー&イベント レポート


ピコピコ!! 雪彦山の戦い ~その4・終~  2013.11.4

miki_Tの全国就活行脚 みっしゃんの時間旅行

雪彦山山頂での激闘を終えたまめ登山部メンバー達は、

また山陰・山陽仲良く混成チームとなり、

これから下山の途につくこととなった。

 

下りのコースは2通り

A.険しい岩場の上り下りがある、地蔵岳経由コース

B.雪彦山三角点(915m)よりさらに高い鉾立山(950m)を経由し、沢沿いを降りるぐるっと一周コース

IMG_20131104_150237

ここで、チームをわけることに。

ハゲしいのが好きなリーダーみっしゃん・きーち・ちゅーはい・かっちゃんがAコースへ、

高所がイマイチ苦手なオータムと、長い距離をあるきたいmiki-TはBコースへ、

体力・経験・コンディション・趣味・嗜好などによって、臨機応変にルート選択、

チーム編成ができるのが、またまめ登山部のいいところである。

 

 Aチームは、雪彦山三角点から、もと来た道を歩き、

「下山道分岐」まで戻った

DSCF1522「上級コース」と書いてある。

気を引き締めていかねばならない!

DSCF1543

これはキツい!!

イワイワの連続。地図に「非常に険しい」と書いてあったが、

まさしくその通りだ。。。

 

DSCF1531 こんなイワ、どこから登るの?

てとこも、のぼって、降りて。

下りる方が数倍怖い!

 

DSCF1530降雨後であったので、岩場は滑る。

慎重に慎重に、クライムダウンしていく。

クサリに体重を預けすぎてもよくないので、

足場選びは緊張する。。。。

 

かなり時間がかかった。

 

 

一方、Bチームは、

三角点から快適な尾根道を歩き、30分ほどで、

鉾立山(ほこたてやま)に到着した。

IMG_20131104_152608簡単な標識のみの、シンプルな山頂である。

IMG_20131104_152620西~北にかけて、視界が得られた。

天気が良くなって、よかった~

IMG_20131104_152814地元の歩こう会の方々が作製された

展望図。

IMG_20131104_152819遠くまで見えることは見えるものの、

同じような山が多く、展望図と見比べても、同定しずらい。

IMG_20131104_153750峰山分岐まで下ってきた。

ここからは、沢沿いを、登山口まで降りていく

IMG_20131104_154639植林帯を抜けて

 

IMG_20131104_161355沢沿いを下っていく。

登山道全面を覆う落ち葉を踏んであるくのは、

とても気持ちよく、この上ない贅沢だ。

IMG_20131104_162128小さな沢を、何回も渡渉(流れを横切り対岸にいく)する。

紅葉したもみじが、滑るように流れていく。

IMG_20131104_163036miki-T、オータムと、「きれいだね~、こっちのコース、いいねぇ」

と話していると、ほどなく「虹ヶ滝」に到着

滝らしい滝はないのであるが、一応ここはAチームが降りたはずの

地蔵岳経由コースとの分岐/合流点である。

IMG_20131104_163057おお!!

なんと偶然にもAチームの4名が降りてきた。

水平距離では、Bチームの半分なのに、同じ時間を要したということは、

やはりそれだけ厳しかったということだろうか。。。

 

お互いの無事を喜び、ここから再び6人で歩き出す。

DSCF1556あれだけ激闘を演じた、かっちゃん&きーちも

仲良く前後して歩いている。

もちろん、新幹線・セブンイレブンの話題は、なしで。。。

DSCF1554-2

リーダーみっしゃんは、下りが激早で、「みっしゃんの鬼下り」

として有名であるが、本日は皆を気遣ってか、少し早い程度の

スピードである。

 ここ、大曲のポイントを過ぎれは、あと40分程度で登山口である。

DSCF1560ついに到着!!

今日もなかなか内容の濃い山行であった!

岩場がおおかったものの、けが人がなく最高だ!!

 

DSCF1561

駐車場に戻ると、もう我々以外、どの車も帰っていなくなっていた。

それだけ、山頂での戦いが長く、厳しかったということだろう・・・。

 

この後、一行は雪彦温泉へと向かい、戦いの疲れを洗い流し、

帰りのSAでは次回山行へ向けて栄養を補給した。

 

 

次はどこで決戦が行われる?

山陽メンバーの逆襲はあるのか??

このまま山陰メンバーが天下を取り続けるのか???

2014年に注目である!

 

DSCF1513

 

参加者

みっしゃん(島根・リーダー)

オータム(島根)

きーち(鳥取)

チューハイ(岡山)

miki-T(広島)

かっちゃん(広島)

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑