ツアー&イベント レポート


2016.07.24 長谷川沢歩記【雲南市大東町】

活動記録

梅雨も明け、ついに本格的に夏が始動した。

 

太陽ギラギラ湿気ムンムンあちいあちいの大合唱。

 

中国山地程度の標高ではどこへ行っても汗ダクダクの暑い夏だ。

p1070222

ここは行っとくしかあるまい。

 

暑い夏限定の納涼企画「沢歩き」へ!

 

今回は島根県大東町を流れる長谷川に挑んでみた。

 

集まったのは7人のわんぱくたち。

 

とにもかくにも暑い!さっさと涼しくなろうではないか。

128956734106816207224_DSC_0350

スタートはかみくの桃源郷。

 

ここから三郡山(さんごおりやま)への登山道に沿って流れる長谷川を歩く。

NCM_0097_R

林道を少し進んで沢に入る。

NCM_0098_R

水はさほど冷たくない。

 

生足ノースリーブで参加したヤスも唇の色は艶やかな桃色だ。

 

じゃばじゃば進むとザブザブ地帯に突入。

NCM_0099_R

大人になって川を腰まで漬かって歩くことはあんまりないので

 

みなさんきゃあきゃあわあわあ楽しそうだ。

NCM_0104_R

ザブザブ地帯を越えるとぱあっと明るいやすらぎポイントに到着。

NCM_0101_R

ともに職場用のどうでもいいスニーカーをはいてきたキタロウとマサト。

 

つくやいなや靴を脱いで沢水でざぶざぶ洗っている。

 

「砂がドンドン入ってくるんです。A〇Cマートの安売りだからですかねえ。」

 

「なにおう、俺も負けてないから。シュ〇愛で買った俺のやつも砂がズドンズドン入ってくるから!

 

それに底がツルツルで滑りまくるんだから、俺のシ〇ー愛で買ったやつは!!」

 

という二人の不毛なやりとりを聞きながら、しばし休憩。

 

じっとしているとジワジワ暑くなる。さあ、続き行こう。涼もう涼もう、大いに涼もう。

 

という感じで次回へ続くのです。次回更新しばし待て。

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑