ツアー&イベント レポート


2016.12.18 大万木山雪まみれツアー

ツアー登山 活動記録

集合場所である「道の駅頓原」

あたりにはうっすら雪が積もっている。

行くべきか行かざるべきか迷うとこだが

幸いにしてメンズ四人。

行けるとこまでいってみようや。

うっすらだったはずの雪は次第に厚みを増し

登山口の駐車場に車が上がらないほどだった。

IMG_6080_R

しかしそこはメンズ四人組。

ダメなら引き返せばよい

という臨機応変な姿勢で大万木に挑んでみる。

IMG_6081_R

登山口での積雪は10センチ程度。

普通の登山靴でも難なく進むことができる。

とはいえ登り進めると

次第に雪は深くなっていく。

IMG_6084_R

途中山小屋で休憩を挟みつつ

IMG_6085_R

先頭も順繰り回しつつ快調に進む。

谷を離れ稜線に至ると更に雪は深くなる。

それでも天気は抜群によい。

時々見える三瓶や大山がとてもきれいだ。

IMG_6088_R

しばし景色を堪能したあとは、

想定外のラッセルだ。

IMG_6087_R

ワッセワッセと雪を踏みしめ踏み固め

まっさらな稜線に道を刻んでいく。

IMG_6101_R

天気の良さも相まって、進むほどに汗が噴き出す。

歩いているうちはいいのだが、

止まるとたちまち冷えて体温が奪われる。

山頂手前の避難小屋で、昼食をとる間も

油断すると手足の先のほうから寒さが襲ってくる。

IMG_6090_R

それでも、凍えてどうにかなるほどではない。

昼食を終え、山頂を目指した。

ここから山頂まではいくばくもない。

ほどなくして大万木山のてっぺんに到着した。

IMG_6099_R

大万木山をご存知の方も多いだろうが

木々に囲われた山頂からの展望は全くない。

しかしそこはメンズ4人組。

IMG_6093_R

ひとしきり40センチほど積もった雪と戯れて

IMG_6095_R

安全第一、もと来た道を引き返すことにした。

あれほど汗をかいた登山道も、下ればあっという間。

ほんの三分の一ほどの時間で

登山口まで帰り着くことができた。

予想外の雪まみれだったが、

実に楽しい雪山散歩となったのであった。

IMG_6091_R


おまけ

「しまった!!俺としたことが!!!」

「ですよね、あれ忘れてましたね、山頂で。」

「すっかり忘れとった!!やるか、ここで。」

「やりますか、ここで。」

というわけで、

IMG_6103_R

4体の立派な雪だるまが

IMG_6106_R

できましたとさ。

おしまい。



   ★参加者★

二代目徳さん(NEW)

    けん(NEW)

  キタロウ(ややOLD)

    ロト(かなりOLD)

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑