ツアー&イベント レポート


2018.03.24 ぐるりズモキタ弥山さん

活動記録

まめ登山部新年度遠征第一弾である

くじゅう連山ツアーに向けての足慣らし企画。

今回は出雲大社の北側にそびえる

出雲北山の重鎮、弥山に行ってみよう!

ただ登って下りるだけじゃ芸がないので

ぐるりと遠回りしていこうじゃないか。

 

スタートは大社のみせん広場。

ここから東に向けて阿食谷まで

まずはテクテクロード歩き。

しばらく歩いて登山口に到着。

今回は人数が多いのでリーダー一人での管理は無理。

誰かいなくなっても気づかないかもしれない。

 

ロ「みなさあああん、集合!!

  一列に並んで1から7まで番号言って!」

わけもわからず番号を唱える14人。

 

ロ「で同じ番号の人が居るでしょ。

  その人しっかり覚えといてね。

  じゃ、もう一回番号言ってちょうだい。」

そういうことは先に説明してと

口には出さないが心で思う14人。

 

けれどこれで迷子対策はバッチリだぜ!

ここから行者コース経由で弥山を目指す。

行者コースは北山には珍しい

そこそこ岩稜帯を越えていくコースだ。

 

入り口はいくつかあるけど、

無理せず標高400あたりから入ることにする。

途中ゴーロのぞきにいったりしながら

行者コースに入る。

ところがこのころからだんだんと視界が悪くなり

せっかくの行者尾根からの展望がまるでない。

霞む出雲平野が見えるだけである残念。

そして風も強くなり気温も落ちてくる始末。

弥山山頂はまるで晩秋か初冬かといった具合で

証拠写真だけ撮って早々に退散する。

本当は開けたところで春の陽気の中

昼食を摂るつもりだったのに

風を避けた山の中腹で

なんだかさびしくなるモグモグタイム。

景色見られず、ただ寒く、吹き抜ける風が恨めしい

楽しいはずのランチもほぼ作業で終了。

しかし天気は気まぐれで、歩きだすなり突然回復。

風はピタリと止むは

陽射しはサンサンだわ気温上がるわで

折れそうになった心もぴーんと持ち直した。

あとは楽しいほぼ稜線歩き。

アップダウンはあるけれど

天気良ければ気持ちも上がる。

辛いことがあったればこそ

楽しい気持ちも倍増するってもんで

終わりよければすべてよし。

しっかり足慣らしできましたとさ。

 

おしまい。

 

☆参加者☆

ゴールド(new)

みさき(new)

レイ(new)

あかとんがらし(new)

はまねえ

ところてん

KAZU

ライダー

いちこ

カン

キタロウ

オータム

プロ

ロト

ひとみさん

 

★おまけ★

ダイオウグソクムシはこんなやつ

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑