ツアー&イベント レポート


2010.10.9-11 宮之浦岳縦走 Ⅲ

活動記録

テント泊にも慣れてきた

外は静かでよく眠れた

雨も止んだようだ

IMG_9483


5:00、起床時間だ そろそろ起きろ

DSC01410

やっぱり朝は寒い (夜は思ったほど寒くなかったけどね)

そっそく朝食をとる メニューはスープパスタとsoyjoy

DSC01413

食事の後 すぐさまテントを撤収する

DSC01415

このテント 昨夜の雨水を含んでより重くなってしまった・・

乾かす時間はないのでこのまま詰め込んで歩くしかないな (なにかいいアイデアあったら教えてください)

一夜明けて体力もある程度回復したテント組

一方のスーザン(小屋泊)は・・

「すごいイビキの人がいて12時過ぎまで眠れませんでした」

さすがのスーザンも全戦全勝とはいかないようだ

お疲れ様でした

ケンケンは昨日から若干風邪気味 喉に痛みがあるらしい

大丈夫だろうか 無理のないように歩きましょう

6:20、高塚小屋出発

DSC01419朝日が眩しい

IMG_9356

今日は天気がいい 最高の登山日和になりそうな予感

木の上からなにやら鳴き声が聞こえてきた

DSC01423

ズームしてみると

IMG_0328

ヤクザルだ!! おぉ! すごい!

姿を追っていると下りてきた

IMG_0327

朝からファンタジーである

7:24、新高塚小屋到着

DSC01432

ここで休憩 水も補給

ヤクシカもうろうろしている

DSC01439

さらにファンタジー

8:00、第一展望台到着

岩の上に上がってみると

IMG_9359

わ!!  出た!! 目指す頂がついに現れた!!!

IMG_9360

これが翁岳 山頂は巨大岩か!?

IMG_0331

その右が宮之浦岳 優雅な山だ 素晴らしい

IMG_0332

さらに視線を右に移すと永田岳(奥の左の高い山)とネマチ(奥の右の高い山) こっちは険しそうだ

IMG_0333山頂が見えると 俄然元気になってくる

よし 進もう!!

第二展望台はスルーして先を急ぐ

こんな斜面 楽勝だぜ

DSC01441

しばらく歩くと山道に第15、16ヤクシカが現れた

この二匹 このまま我々の隊列に加わり 先頭を歩いて案内してくれるそうだ  (確かにしゃべった)

DSC01443

ときどき振り返り こっちのペースに合わせてくれる

IMG_0334

小隊長大喜び

IMG_0336

そして10分ほど案内してた後 静かに去って行った

「ヤクシカくん 案内ありがとう 一本道だったけど・・」

この島はファンタジーの宝庫だ!!

だんだん絶景ポイントも増えてきた

IMG_9367カッコイイ永田岳 行ってみようかな・・

IMG_9366

行こか やめよか 迷いながら歩く

IMG_9375

青空の下 どんどん登る

心なしか荷物も軽い

IMG_9383

ここを登り詰めると

IMG_9384

9:04、平石到着 (この岩の下に岩屋がある 収容人数8人、水場なし)

IMG_9385

岩の上にあがると目の前は宮之浦岳

IMG_9388

雄大な眺めに思わず浮き上がってしまった小隊長(28kg)

それほど気分がいいのだ

10分ほど休憩し出発

あとは目の前の斜面を登りきるだけだ

IMG_9394

振り返ると さっきいた平石が見える

IMG_9402

9:40、焼野三叉路到着

ここを西に行けば永田岳 上へ行けば宮之浦岳山頂

このまま宮之浦岳へ真直ぐ登ってもいいが まだ時間はありそう

ここで永田岳に行かないと後々後悔しそうだが・・みんなどうする?

協議の末

ケンケン(体調不良のため)とスーザン(体力温存のため)は途中まで

残る ホリえもん ぼん 小隊長 隊長は永田岳の山頂を目指すことになった

じゃ荷物デポしてテケテケっと往復しますか

よし 急げ~

IMG_9412

空荷って素晴らしい

IMG_9416

しかし 近くに見えて意外と遠い(そりゃそうだ)

走るんじゃなかった・・

IMG_9421

スーザンとケンケンはここで待機

IMG_9423

俺らは急いで行って来ます

中間地点通過中(スーザン撮影)

DSC01447

永田岳の登りを急ぐ

IMG_9428

スーザン地点から見た我々(山道上に小さく写っている) 周りの岩の巨大さがよく分かる

DSC01449

あの岩の上が山頂だ

IMG_9435

スーザンカメラではこんな感じ  写真中央の点が我々 分かるかな・・

DSC01450

ここを登れば頂上だ

IMG_9443

12:27、永田岳(1,886m)山頂

IMG_9448

凄すぎる眺めだ

ここから見た宮之浦岳

IMG_9449

雲の下には永田集落

IMG_9444

隣にはネマチ

IMG_9446

その奥には海を進む高速船が見えた

IMG_0337

そして記念撮影

IMG_9452

大満足です

そろそろ引き返さねば

2人が待ってるので急いで下山

11:11、焼野三叉路に戻ってきた

2人は先に宮之浦岳に登ったようだ

荷物を背負い 我々も後を追う

IMG_9473山頂まではほんの少しだ

IMG_9476

11:36、宮之浦岳(1,936m)到着!!!

やりました ホントに来てしまいました

時間掛ったぁ~

感無量と言いたいところだか 人多杉 (山頂にも杉があったとは!!)

IMG_9479

さっきまでほとんど人がいなかっただけに なんだか興ざめ・・

それでも景色は堪能しとこう

こっちはさっき登った永田岳

IMG_9480

海の向こうに種子島も見えた

IMG_9486

では登頂記念撮影

IMG_9483

そろそろランチタイム(カップラーメン)にしたいが すでに水がない

どこか下山途中の水場で汲むしかない

腹減ったがそれまで我慢だ

水を求めて下山開始

気になる時間は現在11:50 下山後のバスの乗車時間は16:21  残り約4時間30分(ガイドでは登山口まで約4時間40分となっている)

ランチタイムや休憩を差し引くと実質4時間ちょっとでバス停まで行かねばならない計算になる

かなりキツイぞ 大丈夫かな・・

03nagata_g

縄文杉・宮之浦岳マップ1

(屋久島ポータルサイトより)

つづく

まめロゴ

<体験入部>

第15ヤクシカ

第16ヤクシカ

<参加者>

ホリえもん

ぼん

ケンケン

スーザン

小隊長

隊長

  • しょくにん

    景色良すぎる…
    島中が動物園みたいだ~♪
    鋼の肉体を持つはずのケンケン、ちょっと心配。

  • ホリえもん

    第15、16ヤクシカさん達は静かに去って行った後、
    実はわれわれの背後を歩いてましたよ!

    目が合ったら脇道に逃げていきましたが・・・
    正式に入部したかったのかな?

  • マッキー

    ヤクシカさんがかわいい。

    何だか見えるものや体験できることのスケールが違う…

    レポートⅣが大変楽しみです(^-^)

  • asa

    これは、素晴らしいとしか言いようがない眺めです。
    行きたくなりました。

  • ケンケン

    風邪の件ではメンバーにご迷惑と心配をかけました…出発前から怪しかったんですが、森の治癒力のおかげでひどく悪化せずに済みました。
    永田岳の姿は何度みてもスターウォーズのCGのようで、此処はどっかの惑星で宇宙船が飛んできそうな錯覚を感じてましたぁ~f^_^;

  • inui

    ス、スゴイ・・・
    写真でも息をのむ迫力だ!!まるで一緒にいるみたい。
    スカーッと晴れた青空、チョ~気持ちいい!

  • みっしゃん

    見てるだけで感動します。
    みんなすごい!!やっちゃいましたね。
    晴れになったのもみんなのパワー! 何もかもが素晴らしいです!

    そこに立てば、日常の嫌なこともすべて忘れ、ヘンなこだわりも、つまらない小ちゃなことのように思えてしまうんでしょうね・・・

    素晴らしい景色を見せてもらえて感激です。
    鳥取県民の期待を背負い「やり遂げた!!」人がひとりいますね(^^) 

  • ぼん

    みーこさん、かぁ先生、やんさん、
    鳥取県のみなさま やりましたよ!
    九州最高峰でプチ悪だくみ成功です(笑)

    永田岳のダイナミックな風景は
    疲れも忘れるほど素晴らしい…

    そして豆大福みたいで
    なんだかおいしそうでした(*´¬`)

  • みーこ

    来年こそは、体力つけますけん
    一緒に屋久島行かしてつかあさい。

    人生観、変わっちゃうんだろうなあ。

    >ぼん
    鳥取県、万歳!(笑)

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑