ツアー&イベント レポート


北アルプスツアーおまけ 観光+美ヶ原 2012.8.13-14 

活動記録

蝶ヶ岳から無事下山した我々まめ登

まずは山の神様に感謝すべく、麓の穂高神社へ再びお参りします。

入山させていただき、ありがとうございました。

36.338688,137.884324

 

 

さー、これからどうするか…

 

 

作戦会議をすれば、いつものようにスイッチが入る我々まめ観(笑)

「上高地をお散歩しよう!」 「ねぇ、USJ行こうよ~」

 

 

で、まずやって来たのはここ!

 

36.338688,137.884324

 

 

国宝・松本城

威風堂々。 カッコイイな~!

 

 

写真を撮ったらしばらく自由時間です。

はらさんの夢と希望(?)を売店に残し、お城をあとにした一行。

この日は松本市内で一泊しましたとさ。

 

 

 

 

翌日。

まめ観にもほんのちょっとだけ登高意欲が残っていたのか、足を運んだのはでした

…というか、まぁ高原です。

 

 

 

日本百名山にもその名を連ねている美ヶ原(うつくしがはら)。 残念ながらガスガスですが…

36.338688,137.884324

 

 

せっかく来たんだし少し歩いてみましょう!

9:00 お散歩開始!

寒みぃ~

 

 

歩き出してすぐ、きのこ汁の誘惑。

ハンターの血が騒ぐかにちゃん、ここはぐっとこらえてスルー…

こっから先は、高原らしい風景が広がってきます。

天気良いと気持ち良いんだろうな~。。

 

 

9:10 モーモーさんその①

みんなでワイワイ動物とふれあいます。

 

 

さらに歩くと見えてきたのは…

 

 

9:14 美ヶ原のシンボル、美しの塔です。

濃霧時の目印と、避難小屋として1954年に建てられたそうです。

 ベル付きのオサレな外観。 美しい…

 

 

 

 

 

あ、ひとみさんには負けるけど。

 

 

さて、ここまで来たら最高点の王ヶ頭(おうがとう・2034m)も踏んでおきたいけど、

みなさん観光モードで足が向かないようで…  かにちゃんは一刻も早くきのこ汁が食べたいようで…

 

ここは武闘派プロぼんで、ひとっ走り行ってきましょう!

 

 

池塘(?)が点在する広い登山道(?)を進んで行くと、

 

 

 

9:21 お馬さん通過。 サラブレッドってやつだぜ。 カッコイイぜ~

 

 

 

9:25 モーモーさんその②通過。 おいしそう…

あ、失礼。

 

 

 

山腹をトラヴァーーース(?)するように進み、

 

 

 

最後の急登(?)をこなすと、

 

 

 

霧の中からもわーん

 

 

 

不気味に浮かびあがってきた建造物の正体は… 王ヶ頭ホテ~ルでした。

なんてルネッサンスな場所なんだ…

 

 

 

ホテ~ルの裏手、すぐの場所に三角点発見。

 

 

 

9:45 はい登頂。 美ヶ原・王ヶ頭(おうがとう・2034m)制覇です。

 

 

 

さて任務も果たしたし、みんなが待ってるのでダッシュで下山しましょう。

サンダルで疾走する山のプロ

ぼん「おかしいなぁ、そろそろお馬さんのはずなんだけど… 迷ったかな?」

プロ「動くものを目印にしちゃイカンだろ…」

 

 

 

 

 

一方、穏健のみなさんは、、、

暖かいお汁を頂いたり、売店でお買い物したりしてまったり過ごしてたようです。 いいなぁ…。

 

 

 

ともあれお土産を手に、美ヶ原をあとにした我々なのでした。

晴れた日にまた来たいぜ、ココは…

 

 

 

帰り道には麓の山辺ワイナリーにお立ち寄りする

 

36.338688,137.884324

 

 

お土産をたんまりと買い込み、大満足で帰路についたのでした。

槍ヶ岳のボトル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪参加者♪

 

 

 

 

けんけん(ガイドさん)

 

はらさん(パイポダンディー)

 

かにちゃん(きのこ汁ハンター)

 

なみなみ(スパイダーマン?)

 

ゆっきー(2次会もがんばったで賞)

 

ぷろ(登るセールスマン)

 

ぼん(信州そばは別腹です)

 

 

 

 

 

 

 

 

観光もなかなかええもんやなぁ~ ( ´・ω・`)且~~

そのうちフツーに観光ツアーもアリかなぁ~ ( ´・且・`)ズズズ… 

 

って、いやいやいやいや。。。

 

 

 

 

 

  • ほっしー

    美しの塔、60年も前に立てられたなんて思えないモダンさ((o(´∀`)o))すてき

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑