ツアー&イベント レポート


ぼんの南アルプス・仙丈ヶ岳山行記 2012.10.7

ぼんのカレーは別腹です

ちょうど1年前、甲斐駒ヶ岳の山頂から見た美しい山容。

ケンケンがナンパしてフられた南アルプスの女王様、

仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ・3032m)に登ってきました。

 

 

表銀座の縦走で完全に疲れきった軟弱者ぼん。

余裕があれば続けて塩見岳に登るつもりでしたが、膝も痛いので6日は完全休養です。(温泉三昧…それなりに楽しんでおりました)

紅葉シーズン&3連休初日ということもあり、少し余裕をみて深夜2時半頃に仙流荘に到着。 ここでしばらく仮眠をとります。

(この時間でも駐車場はほぼいっぱい! ギリギリで第1駐車場に停めることができました。)

 

 

仙丈ヶ岳の登山口、北沢峠はマイカーの乗り入れが禁止なので、ここからバスで向かうことになるのですが…

登山にかかる時間は平均すると8時間前後らしい。

最終バスの時間(16:00)を考えると、ゆっくりするには始発バス(6:00)に乗りたいところ。

ただ、この日は連休の臨時バスが出るという情報を入手したので、4:30頃には準備して列に並びました。

 

 

5:15 臨時の始発便に乗車、バスは南アルプス林道をぐんぐん登ります。

車窓からは深さ400mの大渓谷と迫力ある鋸岳甲斐駒ケ岳を望む素晴らしい景色。 ワクワク度も最高潮!

 

 

6:00 標高2032mの北沢峠に到着です。

 

 

 

公衆トイレの脇に登山口がありました。

深夜からパラついていた雨はやまず、雨具を着てのスタートになってしまった…。

6:10 天気予報は晴れなので、天候の回復に期待しつつ登山開始です。

 

 

登り始めはそこそこの傾斜があります。 槍ヶ岳登山で痛めたヒザが心配…

念のため膝サポーターを付けての登山ですが、まずは快調に一合目

 

 

ここからほぼ平坦な道がしばらく続きます。 朝霧が立ち込めて幻想的な森。

二合目に到達。

 

 

けっこう急な坂が現れました。

自分では普通に登ってるつもりなんですが、この日はやけに後続者に抜かれる。

 

 

思ってるより疲労があるのか、たまたま健脚者が多いのか…

そんなことを考えてるうちに三合目

 

 

さらに急登が続きます。

「総じてなだらかな道」って情報だったけど、けっこう手応えあるなぁ~。 さすが南アルプス。

 

 

7:34 大滝頭(五合目)に到着。 ここが小仙丈尾根ルート藪沢ルートの分岐点になっています。

ここでしばらく朝食タイム。

 

 

コースは特に決めてなかったけど、登りがきつそうな小仙丈尾根ルートを登りに選択。

 

 

岩ゴロの急坂を登り、ハイマツの稜線に飛び出したら六合目

うわっ またガスですか…

 

 

くぁ~ どうした天気予報! ついてないぜ今回は…

 

 

先の見えない斜面にへばりついて登り、まずは小仙丈ヶ岳(こせんじょうがたけ・2855m)登頂。

 

 

少~し休憩し、稜線を南西方向へ。

 

 

八合目。 たのむよ~晴れてくれよぉ~

 

 

仙丈小屋への分岐があります。 本気で、もう下ってやろうかと思いましたが… ガマン。

ううぅ~ 晴れた日にのんびり登りたいルートですね、ここは…。

 

 

ピークをいくつか越えていき…

 

 

お、人がいっぱい集まってるぞ。 あそこが山頂だ!

 

 

9:48 単独無酸素、仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ・3032m) 登頂成功!

 

9:49 仙丈ヶ岳で仙人のポーズ。

 

 

9:50 仙丈ヶ岳で洗浄(洗濯?)のポーズ。

 

 

三角点にも優しくタッチ。

 

 

さて、約4時間半設定のコースを3時間半ほどで登ってこれたので、時間もたっぷりある。

晴れるのを山頂で根気強く待ってみることに。

この感じだと望みは薄そうだけど…

 

 

1時間待ってみて、一番いい時でもこの程度。

やっぱ晴れなかったか… しかし寒すぎ!

 

 

9:56 またガスが上がってきたので、諦めて下山開始。

 

 

少し岩場もある稜線を抜け、下っていくと仙丈小屋

ここからは藪沢カールが素晴らしい! ハズなんですが、全然分かりません…

買い物とトイレ(100円)だけ済ませたらそそくさと退散。

 

 

ここでライチョウ君に遭遇。 今度は飛んで逃げてしまい撮影に失敗しました。

 

 

鹿よけネットのセッティングされた道を通り抜け、

 

 

馬ノ背ヒュッテは華麗にスルー

 

 

大平山荘方面に下る藪沢新道への分岐。

ここは北沢峠へ直接下れる大滝頭経由のコースへ。

 

 

おー、藪沢の紅葉はイイ感じ。

 

 

ここからしばらく山腹をトラバース。

無人の藪沢小屋もひらりとスルー。

 

 

紅葉のトンネルを、まだまだまだまだトラバース。

トラバースフェチのわたくし、鼻息も荒くなりますスンスンスン♪

 

 

濡れた岩の上はちょっと危険… ここは慎重にゆっくりトラバースンスンスン♪

 

 

12:44 大滝頭で元の道と合流。 ここまで結構距離あったなぁ。

ようやく陽が射し始めた森をひたすら下っていき…

 

 

14:04 北沢峠着。 背後の建物は長衛荘です。

 

 

15時の定時バスを待つことなく、すぐ臨時便に乗車できた。 ラッキー!

今回は出発が早かったので、時間的にも余裕のある山歩きができました。

あとは晴れてくれれば良かったんだけど… こればっかりはね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定通り塩見岳ツアー開いてたら、ずっとガスの中でしたね… 中止にして正解だったかも。

これはこれで楽しかったけど!

ともかく、女王様はハードル高かった… ということで。

 

 

 

 

 

今回のルートマップ

 

 

 

 

 

ここで一句。。

帰り道 もいっちょおかわり 秋の山

 

 

 

というわけで遠征レポ、今度は奈良へ! 今しばらくお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

ぼんでした。

 

 

 

 

  • よっしー

    なんという別腹…

« »

Copyright © 2021 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑