ツアー&イベント レポート


独松山 2012.11.10

活動記録

島根県安来市、約1年振りの独松山(どくしょうざん・320.7m)へ!

今回は土曜日開催、コンパクトな4人ツアーとなりました。

 

35.370595,133.212935

 

道の駅「広瀬・富田城」 10時前に集合して、10時に登山スタート。

初めゆっきー? と思ったらオータムさんでした。

 

 

ルートは去年と同じ、新宮からの往復ルートです。

 

 

 

奥の林道まで車で入ることもできるけど、たっぷり時間もあるので道の駅からのんびり歩きましょう。

登山口まで2.5km、のどかな田園風景のなかを歩いていきます。

 

 

徐々に紅葉も始まってきてます。 ピークまではあと1週間くらい?

 

 

林道を進んでいくと登山口。 水場にベンチと、杖まであって至れり尽くせりですね。

ここから鐘尾峠を経て吉田へと抜ける道は尼子古道と呼ばれ、ウォーキングイベントなども開催されているようです。

地元の方々が古道整備に力を入れておられて、とても歩きやすい登山道になっています。 感謝です。

 

 

それでも、丸太と板で作られた道は濡れているとスリル満点…!

もっちさん大丈夫ですか~ っとっと!

 

 

 

こんな橋もあります。 こわっ!

 

 

つづら折りの坂をひとふんばりで、鐘尾峠到着。

石碑やお地蔵様などがあり、歴史を感じさせる場所です…。

 

 

少し道をそれたところにある展望台で、まったりひとやすみ。

おお~、けっこう景色見えるじゃないか!

 

 

 

ふかふかの落ち葉を踏みながらさらに登りまして…

 

 

11:13 独松山、山頂(三角点)到着!

 

 

去年来たときは展望の無いピークでしたが、今年はこんな展望台になってました!

美保関半島の内側を一望のもとに。

 

 

どーですか、お客さん!

 

 

 

満天の曇り空の下、逆光の記念写真を一枚。(もちろんセルフ)

 

 

去年行かなかった最高点(標高325m)にも、ちょっと寄り道してみました。

ふむふむ、尼子時代の鐘つき堂跡だって。

 

 

続いて、展望のいい高盛山を目指します。

アップダウンの少ない、歩きやすい道がずっと続きます。

 

 

中高盛山を経由。 こちらも、ヤブ気味だった去年より格段に歩きやすくなっています。

 

 

飯生登山口への道を分け、少し歩くと…

約270°、大展望の広がる高盛山(たかもりやま・275m)に到着です!

やはり大山雲の中… 残念!

 

 

ちなみに晴れてるとこんな感じに見えます。(昨年のツアーより)

        ↑ よっしー 

 

 

それでも空気が澄んでいるので、この日はけっこう遠くまで見えました。

中海に浮かぶ大根島の先に美保関の山々… の先に、隠岐の影!

 

 

相変わらず居心地のいい山頂です。

「初めての人を連れてくるならピッタリの山だよね~」 まさにその通りですね。

お昼を食べてたら、ちょっとずつ晴れてきた!

たっぷり40分くつろいで… 下山開始。 

 

 

木漏れ日が降り注ぎ、いい雰囲気の帰り道。

 

 

メンタリズム遊んだりしながら、気分も上々に~

 

 

しかし鐘尾峠で何を思ったか逆に(吉田方面に)曲がってしまい、道を間違えたりするぼん

でもその先でイイ感じの紅葉が見れたから結果オーライ?(すいません)

 

 

そんなこんなで引き返し、登山口の看板まで帰ってくると、、

「尼子新宮党」という言葉に反応し、語りだすみっちー氏。

なんと詳しい… ここに歴史マニア現る!!

 

※新宮党… 戦闘に秀で、尼子最強といわれた精鋭集団。 新宮党が尼子晴久により粛清されたため、

尼子氏の勢力は大きく衰えていったと言われる。 (毛利元就による計略であった、など諸説あり)

 

 

 

14:13 下山。

お手軽なわりに内容の濃い、充実した登山でした。

少人数だからいろいろ話せて楽しかった!

5つの登山口から、多彩なコースが選べる独松山

次に来たときは、ぜひ吉田側からの周回コース(別所登山口、横手登山口)を歩いてみたいです。

☆そっちのコースには「尼子トイレ」なんてものもあるらしいですよ、トイレ調査ガールさま。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆参加者◆

 

 

 

 

オータム

 

 

もっち

 

 

みっちー

 

 

ぼん

 

 

 

 

 

 

 

近くて低いけど、魅力ぎっしり。

また来たいと思える山です、独松山。

 

 

 

 

  • オータム

    大山が見えなかったのは残念でしたが、楽ちんで良い山でした。
    私がメガネかけてる時はゆっきーさんと見分けがつくと思います(笑)

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑