ツアー&イベント レポート


2013.9.21-23 北岳ツアー  HARD-2

活動記録

10:47、塩見小屋。塩見岳に一番近い小屋だ。

DSCN5965

 

タクシーを降りてからここまで7時間。

予定より1時間遅くなったがまあいいか。

売店もあるのでここでランチタイムにしよう。

 

DSCN5968

売店を覗き込むと、

DSCN5969

魅惑の商品がズラリと並んでいた。

P9210393

価格も良心的。

お菓子やジュースで英気を養おう。

 

DSC09683

薬が効いたのか、おやつが効いたのか、

中隊長はやっと頭痛が治まったらしい。

最悪の場合、下山も考えたがとにかく治って良かった。

 

 

宿泊小屋の横で自炊するケンケンと入口付近でパンをかじるプロ。

DSCN5974

 

 

宿泊小屋の横で自炊するケンケンと入口付近で横たわる当直。

DSCN5975

 

 

宿泊小屋の横で自炊するケンケンをよそに木陰で永眠しそうな miki-T、中隊長、当直、コロ助、プロ。

DSCN5982

 

 

宿泊小屋の横で自炊するケンケンをよそに小屋の裏にあるトイレを見に行く隊長。

DSCN5979

 

なんてまったりした時間なんだ。

 

一見、何にも考えてない無意味な時間に思えるがそうではない。

みんな思い思いに体力を回復しているのだ。

 

 DSCN59719

 

ところで、

この小屋から先は今日のゴール=熊ノ平小屋までルート付近には水場がない。

予定通り今日中に熊ノ平小屋まで行けるのであれば、あと6時間行動するだけの水があればいい事になる。=荷物は軽くなる!

途中で悪天や力尽きた場合はビバークする予定なので明日の朝までの水を所持しておかなければならない事になる。=荷物は重くなる・・。

で、現在の状況は、

みんな元気かと思いきや・・・ケンケンの様子がおかしい。

週始めからの風邪がまだ尾を引いているようだ。

正直どこまで行けるか分からないという。

念のためビバークに備えて水を購入するケンケン。

価格はミネラルウォーター2L=1000円でした。

けっこういいお値段だが、市販のミネラルウォーターだから仕方ないか。

 

 

 

 

11:31、無理のないように先に進もう。

小屋を過ぎると目前に『漆黒の鉄兜』という異名を持つ塩見岳がそびえていた。

 

DSC09686

 

あの岩をどういうルートで山頂まで行くのだろうか。

わくわくが止まらないHARD班。

 

DSCN5990

 

最初のピークは天狗岩だ。

ルートはここに向っている。

P9210397

 

道はやがて岩登りに変わる。

P9210398

遠目の荒々しさとは裏腹に、全く高度感の無いこのルート。

所々よじ登らなくてはならない場所もあるが、ジャングルジムに登れれば問題なく登れるでしょう。

 

天狗岩直下でルートは横に伸びいてた。

天狗岩の上は通らないようだ。

P9210399

 

塩見岳山頂に向けて再び岩登り。

P9210402 P9210403

DSC09695 P9210410

P9210407  P9210406

 

そろそろ山頂か?

DSCN6007

 

 

 

 12:36、塩見岳西峰(3047m)

DSCN6023      DSCN6016

やった!!

 

山頂からはひときわカッコイイ富士山が見えた。

DSCN6020

DSCN6033 DSCN6032

 

西峰からすぐの所に東峰がある。

移動しよう。

ビークには登山者の姿が見える。

DSCN6025

 

12:43、塩見岳東峰(3052m)

 DSCN6026

 

しばらくここでのんびりしたいところだがまだ今日の行程の半分ちょっとの距離しか歩いていない。

先はとてつもなく長いのだ。

山頂を離れ、尾根道を下る。

 

 DSCN603691

 

ここから仙丈ケ岳へと続く仙塩尾根を歩いていく。(この尾根の途中の三峰岳から間ノ岳北岳へと歩いていくのだ)

宿泊地の熊ノ平小屋は三峰岳の手前にある。まだまだ遠い・・。

 

DSCN6038

 

塩見小屋からのルートと違い、こちら側は険しい岩場ではなかった。楽勝楽勝。

 

と言っても、多少の岩場や、

DSCN6040

痩せ尾根もあるがまぁ普通に歩けば問題はない。

DSC09719

 

 

振り返って見た塩見岳。

DSCN6041

あっという間にこんなに下ってしまった。

そういえば塩見岳山頂からこのルートに入る登山者は我々以外には誰もいなかった。

塩見岳山頂までの登山道でも行きかう登山者は少なかったし・・去年の北アルプスとは大違いだ。

激混みの槍ヶ岳

 

このビッグスケールな稜線を貸切状態で歩くとは!

南アルプスってすばらしい!!

 

 

 

13:18、蝙蝠尾根分岐

DSCN6043

ここで休憩。

ケンケンは地面に倒れ込んでしまった。やはり調子が悪いようだ。

DSC09713

なぜかつられて倒れ込んむコロ助。

これには訳があったのだ。

思い起こせば1年前・・

 

いつか匠に恩返ししたいと一年間ずっと思い続けていたコロ助。

匠と一緒に倒れ込みをすることにより、やっと恩返しが出来たのだ。

ケンケン 「これがあの時の恩返しなのか・・?」

コロ助 「これで十分だと思いますが何か?」

コロ助のザックを見てみると、去年破損した箇所はおばあちゃんにより完璧な補修が施されていた。

DSCN5957

匠の手仕事は既に跡形も無くリセットされていたのだ。

ショックを隠せない匠。

ケンケン 「オレはしばらく立ち上がれない・・。」

 

 

 

 

蝙蝠尾根を見るとわりと近くにピークがある。

地図を見ると、この方向には・・北俣岳という山があるではないか。

せっかくだから行ってみよう。

 DSCN6045

とことこと岩場を進んでいく。

ピークに登ってみるとケルンがあった。

DSCN6049

ここが北俣岳に違いない。

(帰宅してから確認してみると、どうやら北俣岳は奥のピークだったようだ。この時点ではここが北俣岳だと信じて疑わない4名はピークゲットに酔いしれていた。)

 

山頂写真を撮ろうとすると、あの男が声を上げた。

コロ助 「みんな、なんか暑くないか?」

当直 「私もそう思ってました。」

miki-T 「暑すぎじゃないでしょうか。」

隊長 「おおっ、今年も始まるのか!?」

 

コロ助 「よーし、じゃあ2013年を祝して行くぞみんな! あ~暑い暑い暑い暑い~~~~」

胸のスイッチを押すコロ助。

コロ助 「へんしーん!!」

 

 

 ↓ スライダー、左端から見てね

 

 

 名も無きピークで無駄にはしゃぐ4人の男達。

 

 

DSC09728

 

 

 

 

 

それを分岐点から眺めていた中隊長は今年もこうつぶやいた。

 

DSC097211

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 現在、塩見岳過ぎ蝙蝠尾根分岐で休憩中。

 

 

<参加者 >

HARD

miki-T

当直

コロ助

ケンケン

プロ

中隊長

隊長

 

 

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑