ツアー&イベント レポート


2013.9.21-23 北岳ツアー  HARD-3

活動記録

13:40、 蝙蝠尾根分岐での休憩を終え、今日の宿泊予定地である熊ノ平小屋を目指し歩き始めたHARD班一行。

DSCN6057

左は崩れているので慎重に歩かねば。

つづら折れの急斜面を下っていく。

DSCN6061

15分ほどで下りきり、広い尾根にでた。

 DSCN6063

この辺りが雪投沢キャンプ指定地のようだ。

残念ながら今は幕営禁止となっている。登山者のモラルが原因らしい。

DSCN6064

 よく見ると、幕営のほかにも禁止事項が書かれている。

12

火気禁止・・火を使っちゃいけないんだろう

白旗禁止・・諦めてはいけないんだろう

ゴミ捨て禁止・・持ち帰れということだろう

花摘み禁止・・植物採取はしてはいけないんだろう

犬禁止・・なんだこれ!?

 

先に進もう。

 

登山道は樹林帯へ続いている。

ここが2600mオーバーということを忘れてしまう光景だ。

DSCN6072

 

14:32、北荒川岳キャンプ指定地の小屋が見えてきた。

DSCN6074

ここも今は幕営禁止。

DSCN6076

 

14:30を過ぎているのでそろそろテントを張って休みたいところだが一応ここは使えない。

悪天ならば禁止といえどもここでビバークするしかないと思っていたが、幸い空は快晴。

ケンケンも体力的にもまだ行けると言っている。

ここから熊ノ平小屋まではおそらくあと3時間くらいはかかるだろう。ということは17:30頃には到着かな。

日没までには到着できうだ。

仮に日が暮れてもライトもあるし、明るい月光もある。

天気はOK。体力もOK。途中で無理だとなればどこでもテントはればいいし。

というわけで前進。

 

14:57、北荒川岳(2698 m)

 見晴らしのいいピークでしばし休憩。

 DSCN6078  DSCN6079

そしてまた前進。

DSCN6080

 

樹林帯はアップダウンも少なく、比較的歩きやすい。

 

DSCN6081

 

16:17、ピークで腰を下ろし、前方をよく見ると、

DSCN6082

 

森の中に小屋の屋根が輝いて見えた。

 

DSCN6084

まだあんなに先なのね・・。

DSCN6087

ちなみにこの辺りに新蛇抜山があるはずだが、気づかずに通り過ぎてしまったようだ。しくじった・・。

 

右手にあるのは農鳥岳。滝も見えた。

DSCN6086

 

またまた樹林帯を進んでいく。

DSCN6090

登山道の途中、「安倍荒倉岳まで1分」の標識発見。

おおし、ならば行ってみようと、尾根に登るとすぐに山頂。

17:18、安倍荒倉岳(2693m)

 DSCN6091  DSCN6093

2693mとは思えないほど木々に囲まれたいつもの低山を思わせる地味な山頂だった。

 

 

道はまた尾根にでた。

 DSCN6096

日もだいぶ傾いてきた。

DSCN6097

 

登山を開始してからすでに14時間。

流石に疲れてきた。

DSCN6103

いくら景色がいいとは言え、長い稜線歩きにも飽きてきた。

それにしても小屋はまだなのか・・。

DSCN6102

間ノ岳もあんなに大きく見えている。

さっき見た感じだとそろそろついてもいいんじゃないのか。

もしかしてあれは小屋じゃなかったのか。

小屋じゃないならなんなのさ。

ブツブツ言いながら重い足引きずってあるくHARD班。

 

この尾根、長すぎる・・。

 

 

 

樹林帯の中では幾度となく小屋の屋根の幻影を見てきた。

あそこを曲がれば小屋に違いないと思いながら歩いてきた。

もう小屋なんてありはしないのさと諦めかけたその時、

ついに小屋が現れた。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

 

 

 

DSCN6104

あった!!

栄光のゴールだ!!

大きな達成感に包まれながら

17:48、熊ノ平小屋到着。

 

DSCN6106

今日の宿泊地に無事到着。

DSC09740

前には夕日に染まる農鳥岳がでっかく見えた。

DSC09741

 

受付を済ませ、テン場に行ってみると数張りしかテントは張られていなかった。

DSCN6108

 よかった。予想通り空いている。

ちなみに営業は明後日までだそうだ。

 

テント設営をする男子の傍らで、唯一の山ガール=プロは夕食の支度に取り掛かる。

(今回はプロ、コロ助、当直、中隊長、隊長の5人は共同炊飯。ケンケン、miki-Tはそれぞれソロテント&ソロ炊飯なのだ。)

プロのおかげで美味い料理を食べることができた。

DSCN6110

メニューは既に記憶にないけど・・。

DSCN6111

 

食事を終えるとすぐにテントに直行。

昼間は小屋に着いたらビール買って飲もうと思っていたが、やたらと寒いので買うのはやめた。

 

シュラフに潜り込みここまでの道のりを思い出してみた。

金曜の朝起きて1日過ごし、夕方出発して徹夜移動、日付は変わりそのまま山に入り歩き続けて14時間・・・HARD班の名に恥じぬHARDさだ。

だがここまででHARDプランの山は越えた。

明日からは一日6時間程度の行動時間で済むんだから楽なものだ。

 

19:00、消灯とともに爆睡。

やっぱ疲れてたみたいだわ。

 

 

 

つづく

 

 

 

 現在、熊ノ平小屋幕営地テント内で意識不明。

 

 

<参加者 >

HARD

miki-T

当直

コロ助

ケンケン

プロ

中隊長

隊長

 

 

 

 

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑