ツアー&イベント レポート


鳳凰三山珍獣祭り! 2日目 2013.10.12-13

活動記録

 

鳳凰三山珍獣祭り・2日目。

35

この日も快晴! 今年は遠征運が実にいい・・・

 

 

 

 

南御室小屋のテン場で迎えた朝。

3時半には起床し、4時には軽めの朝ごはん。

この後、薬師岳小屋まで登ったら本気の朝ごはんをとる予定です。

1

 

 

 

5:05 テントを手ばやく撤収し、登山開始!

真っ暗な中、ヘッドライトを頼りに黙々と進みます。

2

 

 

 

 

5:48 樹林の間から御来光が!

あ~間に合わんだった~_| ̄|○

3

 

 

 

気を取り直して前進。 

朝焼けで染まる山肌がなんとも神秘的。

4

 

 

 

うわぁ~!

森林限界を抜けると、この絶景!

5

 

 

 

 

雲海に浮かぶ富士山。。

6

 

 

 

 

と、それを眺める富士山。。

7

 

 

 

 

砂礫の堆積する稜線を登る、足の生えたザックたち。

8

 

 

 

 

徐々に雲も引き、キラキラ輝く街・・・

9

 

 

 

 

何度も立ち止まっては、眺めてしまいます。

10

 

 

 

 

陽光と大気の織り成す、青のグラデーション。

朝の稜線歩き、本当に気持ちいいですね。

11

 

 

 

 

6:25 薬師岳小屋に到着。

水タンクには氷柱ができていました。 キンキンに冷えとります。

12

 

 

 

 

外のテーブルで食事の準備をしてたら、

ありがたいことに小屋番さんが中に招き入れてくださいました。

13

 

 

 

 

暖かい小屋の中で、落ち着いて朝ゴハンを食べることができました。

もちろん山バッジはここで購入!

14

 

 

 

 

朝食を終え、さらに進みます。

白砂青松の美しい稜線・・・ まさしく山上の日本庭園ですね。

15

 

 

 

 

7:40 薬師岳(やくしだけ・2780m)登頂!

三山の一角、ついに落としたぜ!!

16

 

 

 

 

針路は北西、風は強風。

中道ルートを分け、縦走航路はまだまだ続く。

17

 

 

 

 

遥か前方に浮かぶ北アルプスの峰々。 うっすらお化粧しています。

同じ連休に、北へ向かった仲間は大丈夫だろうか・・・?

18

 

 

 

 

日本第二の高峰・北岳を眺めながらの贅沢な時間。

影になっている部分が大樺沢。 NORMALチームはあそこを登ったんです。

19

 

 

 

 

考えてみれば、今年のまめ登山部は日本一、二と制覇したんですね。

20

スゴいわ。

 

 

 

 

あのひときわ白い山は、南アルプスの貴公子・甲斐駒ケ岳

見渡す山のなかにも、登ったことのある山がドンドン増えてきました。 うふふ~。

22

 

 

 

 

順調に岩場を越えていく、もりちゃんとザックたち。

21

 

 

 

 

ぼん、足元に何かを発見!

終わりかけのタカネビランジと、なんだこれ・・・??

26

じぇじぇじぇ! これってもしかして・・・ 

 

 

 

 

 

 

チャラッチャッチャッチャチャラララ♪ 

23

 あまちゃん~!?! ?

(たわしはウニのつもりです) 

 

 

 

 

 

8:15 鳳凰の最高峰、観音岳(かんのんだけ・2840m)登頂!

賑わう山頂で、珍獣祭りふたたび~!!!

24

 

 

 

 

ハイテンションで、そのまま地蔵岳まで縦走を開始するあまちゃん!

すれ違う10人中9人は、軽く二度見して冷たく目を逸らすリアクション・・・

う~ん、キライじゃないですw 

24.5

しかし中高年の皆様には大人気!

「あら~めずらしい! 一緒に写真撮ってくださる!?」  「いいですよ~♪」

「じぇじぇじぇ~! あまちゃんじゃないの!」

「なんじゃこれ、、 北の湖?」  「いえ、北の海女ですぅ~(^_^;)」

 

 

 

 

地蔵岳への稜線は人も多く、北アルプスのように賑やかです。

う~ん目立つ♪

25

 

 

 

 

お! あれはもしや!?!?

27

 

 

 

 

 

うわわーーー!

とうとうでました! 地蔵岳・オベリスク!!!

28

超かっけぇ~~~~~!!!!

 

 

 

 

地蔵岳手前の赤抜沢ノ頭で、しばし休息タイム。

プリンを平らげて、やる気満々のなみプリン!

29

 

 

 

 

オベリスクの麓、賽の河原まできました。

ある程度のクライミング技術がないと、登攀するのは難しいらしいこのピーク。

行けるとこまで行ってみましょう。

30

 

 

 

 

子授けのお地蔵さんたちに安全祈願して・・・

31

 

 

 

 

レッツトラーイ!!

32

 

 

 

 

しかし、残念ながらアキちゃんは基部でリタイア。 まだまだあまちゃんでした・・・。

でもいいんです。 ここの岩場、いいウニ獲れるから!

33.5

ダイエットして、いつの日か倍返しだ・・・!

 

 

 

 

 

コロ助、あんぱんも結局登れなかったオベリスク・・・

9:59 制したのは、われらがケンケン!

33

ここからみんなを見下すのは、快感だったそうです・・・(笑)

 

 

 

 

 

オベリスクをバックに記念撮影!

鳳凰三山、完全制覇達成だーーー!!!

35

充実感あふれる一枚です。

 

 

 

 

 

10:26 富士にしばし別れを告げて、ドンドコ沢コースで下山開始。 

目指すゴールは青木鉱泉

34

 

 

 

 

地蔵岳直下は、砂すべりのようになっていてドンドコ下れます。

ここを登ってくる人は漏れなくバテてます・・・ これは大変そう。

36

 

 

 

 

標高を下げるにつれて、紅葉がイイ感じになってきました。

37

 

 

 

 

10:49 鳳凰小屋まで下山。 このあたりは特に素晴らしかった!

39

 

 

 

 

ナナカマドの赤い実。 青空に良く映えます。

38

 

 

 

 

まだまだ先は長い。ドンドコ下っていきます。

40

このコース、なかなか急だ・・・ 登りに使うにはかなりの体力を要しますね。

 

 

 

 

基本展望もありませんが、1箇所だけ富士山が良く見える場所がありました。

すかさずプロが撮影。

41

 

 

 

 

11:51 五色滝に立ち寄り、昼食をとります。

標高2200mにある、落差70mの瀑布。 美しい滝でした。。

42

 

 

 

 

登山道中には他にもいくつか滝がありますが、時間がないのでパス。

「暑い~」 とつぶやき、水浴びを始めるコロ助。

43

ネタに事欠かないナイスガイ。 

 

 

 

 

この辺は甲斐駒・黒戸尾根と似てるなぁ、とか話しつつ、

ドンドコドンと下り抜くと・・・ 

44

 

 

 

 

14:52 青木鉱泉へ到着、無事下山!

帰りのタクシーを予約していた15時にもバッチリ間に合いました。

45

いやぁ~疲れた! おつかれさまでした!

 

 

 

韮崎の温泉で汗を荒い流し、なみなみの本拠地・駒ヶ根のコテージへ移動。 そして・・・

 

 

 

 

 

 ・

 

 

 

 

仕上げはもちろん、宴会だ!

ex

あーもう最高。 最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もみんなとアルプス登山できて幸せです。

またひとつ、忘れられない思い出が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

☆鳳凰マメンバ~ズ☆

 

 

 

 

なみなみ(鳳凰三山)

 

かにちゃん(かに)

 

もりちゃん(うし)

 

あんぱん(アンパンマン)

 

コロ助(東国原)

 

プロ(魔女・SL)

 

ケンケン(富士山・L)

 

ぼん(あまちゃん・記事)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰珍獣祭り、これにて閉幕。

いつか珍獣ハンター・イモトさんにハントされる日がくるのかな?

kaso

※同日、鳳凰三山に登山された方々、大変お騒がせ致しました。m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑