ツアー&イベント レポート


2014.6.14-15 四国祭り2014 ④闇夜の祭人の巻

活動記録

 

土小屋から面河峡へ移動した祭人たち。

今日はここで宿泊だ。

一昨年はコーヒー牛乳と化していた面河川。

 

ゴゴゴゴーッ(一昨年)

 

しかし今年はスポーツドリンクのような清涼感のある流れ。

DSCN6803

せせらせら(今年)

 

今年はいい!!

 

国民宿舎で受付をするついでに冷たいビールをガッチャンコ。

DSCN6804

祭り夜の部の装備を整える。

 

 

宿舎からは徒歩でこの先の鉄砲石川キャンプ場に移動する。

 

DSCN6806

 

携帯も一昨年は圏外だったのに繋がるぞ。

随分と近代的になっている面河峡。

 

数分ほどでキャンプ場に到着。

 

DSCN6810

 

開会式が始まった。

ロト「えーはじめましてロトです。これから四国祭り夜の部を開催します。明日の祭りに影響が出ないよう、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。ではかんぱーい!!」

 

DSCN6811

 

ロトとは思えない後先を考えた発言に驚く祭人たち。

随分大人になったじゃないか。

 

 

飲みながらテントを設営する。

 

DSCN6813  DSCN6816

 

ロト「設営が終わったらフリータイムだぞう。なんなら告白したっていいぞぅ。男ばっかだけど。わーっはっはっは。」

既に酔いどれの祭りの頭屋。

ハイスピードで滑落していく彼を止めることは誰にもできないのだ。

よろよろしながら河原に下りて行くと、素敵な光景が広がっていた。

 

DSCN6821

 

ロト「 これはおもしろいぞう。一枚岩だ!!」

声を張り上げ注目を集めるロト。

ここで転ぶに違いない。誰もがそう思ったのに慎重に川に入っていく。

何のために我々を振り向かせたのだろうか。

 

DSCN6808

 

ぼん「何て無難な歩き方ずら・・つるっと行けずら!」

憤りを隠せないぼん。

「オレがお手本を見せてやるずら!」

ずらずらと言いながらの対岸目掛けて歩き出したこの男、いったい何をしようというのだろうか。

 

DSCN6827

 

対岸で歩みを止め静かにうつぶせるぼん。

 DSCN6

 

意味不明だ。

いったい彼は何をしているのか。

首を傾げる周りの祭人たち。

 

DSCN6830

 

あっ、動いたか?

 

DSCN6

 

いや気のせいだ。

ロト「憤っていたのがウソのようなこの姿。相当疲れたんだろう。このままそっとしといてやろうではないか。わたし達は飯の支度に取り掛かろう。」

 

 

河原でディナーを楽しんでいるとやがて日が沈んだ。

闇に包まれたキャンプ場。ここからが夜の部の本番だ。

各々が持ち寄った酒とつまみに盛り上がる祭人たち。

ロト「明日は明日の風が吹くさ!! 呑めや唄えや~ヤットサーヤットサー!! わーっはっはっは!!」

やはり開会式での発言は適当だったようだ。

 

DSCN6839

 

四国祭り最高~と盛り上がっていると背後から突然曲が流れてきた。

「おやじどこへ行く~ 腰に籠下て~♪」

 

ロト「だれだ!!」

暗闇から腰を低くし踊りながら徐々に現れたぼん。

ロト「お前はぼん! 倒れていたことをすっかり忘れていたわ! 」

ぼん「はいっ、はいっ、」

ロト「こ、これはどじょうすくい。オレより盛り上がっているヤツがいるとは!」

 

DSCN6841

 

ぼん「ほいっ、ほいっ」

ロト「四国祭りだというのに安来節・・。またしても何かに取り憑かれているぞ!!!」

ぼん「ひょい、ひょい」

ロト「あ、どじょうがとれたようだ・・」

 

 DSCN684

 

ぼん「ひゃひゃひゃひゃひゃ」

ロト「満足げな目はなぜかキャッツアイ!! 随分盛り上がりやがってこんちきょう!! はやく正気に戻さねば・・そうだ、イモリを探そう。みんな探してくれ!!」

ぼん「どじょう取れたけどこのあとどうしよう。」

ジャズ「わっ、私に言われても。」

ぼん「ねぇどうしよう、ねえねえ。」

近づいてるぼんに混乱する祭人たち。

祭り夜の部は恐怖の祭と化していた。

必死でイモリを探す祭人たち。

だがそう簡単にイモリなどいるはずも・・

かねちゃん「発見したぞ!!」

 

 DSCN6844

 

あっさり見つかったイモリ。

ロト「四国のイモリはよっぽど祭りが好きと見えるな。さっそくぼんに食べさせよう。」

ぼん「ひょい、ひょい」

 

 DSCN6842

 

ロト「ほ~ら、赤いどじょうだよ~、お食べ~」

ぼん「わーい、珍しいどじょうだー、いただきまーす」

にっこり笑顔で食べるぼん。

ぼん「朝まとうからどじょやどじ ・・・はっ、わたしは何をしているんだ!」

ロト「また憑かれていたんだよ。もう大丈夫だとは言い切れないが。」

ぼん「またですか・・わたしとしたことが。」

 

なんとか正気を取り戻したぼん。

そして落ち着きを取り戻した祭会場。

ロト「すっかり酔いがさめてしまったがもう時間も遅い。酒はこれくらいにして寝るとしよう。みなさんヤットナイツ!!」

祭人「ヤットナイツ!!」

 

こうして波乱の1日目は幕を閉じたのでした。

 

四国祭り・・毎年こんな感じなんです。

 

 

2日目は弩阿呆班と並阿呆班に分かれての練り歩きになる。

弩阿呆班3名。

並阿呆班5名。

そして明日から合流する日帰り登山班、序の阿呆班4名。

ルートは

弩阿呆班は石鎚山の西、堂ヶ森から登るロングコース。

並阿呆、序の阿呆班は土小屋から石鎚山をそれぞれ目指し石鎚山頂で合流し踊る計画だ。

という訳で、

次回は弩阿呆班3名の様子をお伝えします。

 

 

 つづく

 

 

<参加者 >

あたる

かねちゃん

ジャズ

ボルト

みっしゃん

ぼん

ロト

隊長

 

 

 

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑